サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

血液の闇
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件

電子書籍

血液の闇

著者 著者:船瀬俊介,著者:内海聡

年間120万人が受けている輸血は現代医学最大の失敗だった。医者も患者も気づかないその弊害と医療利権の闇を告発。

血液の闇

1,512 (税込)

血液の闇

ポイント :14pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.4MB 無制限
Android EPUB 9.4MB 無制限
Win EPUB 9.4MB 無制限
Mac EPUB 9.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

無知は怖い

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hh - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中の見方が180度、変わるかもしれない。
輸血という身近で、知らないうちに自分に巡ってくる他人事では済まされない問題。
薬害エイズ、献血、子宮頸がんワクチン等、社会の構造を広く考えさせられます。
まずは、一読すべし。読んで無駄にはならない本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

こ、これは…

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:COЯVIA - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほぼ大半の医療従事者以外の一般大衆の認識をつくがえすある意味最強の本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

血液

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラビラビ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の方はかなり話が大きくなってしまって、それゆえ反論や受け入れがたいと思う人を増やしてしまうのではないかと思ったが、自分自身は何かあったときに輸血は受けたくないと思うに至った。
実際、以前献血をしに行ったとき「なぜ200mlではなく400mlを受けなければならないのですか」と質問したところ、「輸血は臓器移植と同じことなので、200mlずつ2種類別の血を入れるより、400ml1種で済む方が患者の負担が少なくなるから」と答えられたことがある。
著者のいう血液のプールに多くの血が集められて一括製造という話とはことなるが、輸血がそれだけオオゴトなことなのだと知り驚いた記憶がある。
医療が正しく患者の為にあるよう祈るばかりである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

血液

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

さいわいなことに、今まで輸血が必要な場面に遭遇したことがありません。が、こういった本を読んでしまうと、今後輸血を受けるべきか? 不安になりますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する