サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0201-28)

ジョージアCoke on×hontoキャンペーン2017

電子書籍

聖☆おにいさん

著者 中村光(著)

目覚めた人・ブッダ、神の子・イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばちゃんのように細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな“最聖”コンビの立川デイズ。“笑い”でも世界を救う! 聖人in立川。ブッダとイエスのぬくぬくコメディ。

聖☆おにいさん

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー79件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本聖☆おにいさん 1

2008/06/21 17:32

日本人で良かった!

31人中、31人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hachi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブッダとキリストが東京で、ルームシェアして
休暇を楽しんでいるという、宗教に無頓着な日本でしか
読めないような漫画だ。

浪費癖がある上にカナヅチで、ジョニー・デップに
似てると言われて喜ぶキリスト。
小学生が天敵で、シルクスクリーンが趣味の
手塚信者なブッダ。

後光が差したり、奇跡を起こしたりもするけど、
そういえば彼らも元々人間だったんだなぁ、
と思わずにはいられなかった。

しかし、やっぱり神と仏ということもあってか
引くような下ネタや、暴力シーンはないので、
家族で読んで笑えると思う。
こんな漫画が読める日本に住んでいて良かった!

続きが本当に楽しみな作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

恋無く愛、世界は平和だ。

27人中、27人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AQUIZ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 彼等は愛に満ちているが、恋でもないし、恋にも繋がらない。
 異世界からの来訪者が主人公になる物語では、テンプレとでも云うべき定番の型がある。
 何らかの使命を携えて、それを遂行するため。その推進力は意欲や好奇心の場合もあるし、罰則的に強制され送り込まれることもある。あるいは、職業的な任務であるか。来訪者が修行と称して人間社会で暮らす姿を描いたものも少なくない。
 本作の主人公達であれば、世を救うための来訪と云うのが普通だろう。漫画的な意外性を打ち出すのなら、有り得ない失態を仕出かして追い出されて来た、と云うのでも良い。
 ところが、彼等は呑気に日本の平凡な町で暮らすことが目的である。
 イエス・キリストと仏陀、などと云う最高峰の聖人が揃いも揃って「休暇」で来日しているのだ。
 故に、達成すべき目標も無ければ、帰還するため必死に頑張ることもない(帰りたくなれば何時でも帰れるわけだから)。悪魔や鬼と戦うことも無いし、何かを集めたり、探したりもしない。
 のんびりと休むために、6畳間の安アパートを借り(有給休暇中の2人の収入は計26万円)、節約生活でニート疑惑を受けつつも楽しく暮らしている日々だ。どこから見ても、勢いで仕事を辞めてしまった、売れないお笑い芸人にしか見えない生活なのだが。「お母さん」から、お米が届いたり、仕送りらしき2万7千円(凄く気になるのだが、詳しい説明が作中に無い謎の振込)する。
 あらゆる「異世界からの来訪者」を核に据えた物語よりも、逆に目的は明確かも知れない。世界征服を目的に訪れた異星人が、ガンプラに夢中で仕事を忘れるような御時世だ(イエスが人気ブロガーだったり、ブッダが手塚治虫信者になりかかったりしているが)。
 意外と彼等は人間社会の暮らし方や常識を知っている。良く考えてみると、彼等は常に人々の暮しを眺めて来ているわけで、しかも人間として生まれ落ちたのだ。数十世紀も前のことだが。
 彼等は、力を失って堕ちて来たわけではないから、「うっかりすると」奇跡を起こしてしまったりする。
 素性を隠して過ごしているのは来訪者の定番とも云えるが、実際、名乗ったところで誰が信じるのだろう。
 もっとも、気付かぬままに彼等に「ありがたみ」を感じて拝んだり、お供えしてしまう人々も少なくはないのだが…
 素性が素性なので、当然とも云えるが、彼等は仲が良いし、相当に互いを気遣ってもいる。主にイエスが「無駄遣い」でブッダを怒らせたりもしているが、恋ではない愛情の形は、こうなのか…とも思う。
 このまま、彼等が長い休暇を楽しんでくれると本当に嬉しい。
 珍妙な共同生活が続けば、それだけ彼等の物語を楽しめるわけだし、彼等がせっかくの休暇を中断してまで緊急に帰還しなければならない一大事ともあれば、僕たちの世界が致命的な危機に襲われると云うことなのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最聖コンビのちょっぴりシュール、ゆったりぬくぬくコメディ。

21人中、21人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べっきあきこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当は冬に発売予定だったそうですが、人気に応えてなのか、夏の発売になったようです。これぞまさに真夏の軌跡!
ただし、表紙を見てわかるように、2巻の内容は冬そのものです(笑)
でも大丈夫。コインロッカーで100円が戻ってこないタイプだと落ち込むほど倹約家のブッダと、ネット大好きで完璧なPCオタクのイエスが繰り広げる最聖コンビのコメディ。今回も十分期待に沿う内容で、笑わせてもらいました!

え?と思った人もいらっしゃるかもしれませんが、ブッダは間違いなく仏教を開いた人で、イエスはイエス=キリストご本人です。世紀末を無事に超えたため、東京立川でアパートをシェアし、下界で有給休暇のバカンスを満喫中という設定。真面目な信者さんが知ると怒ってしまいそうな、日本だから生まれたマンガなんだろうなぁとしみじみ思います。

今回は下界で初めて過ごす2人のクリスマスから物語は始まります。ブッダはイエスのためにサプライズ企画を考えて……やたらシュールな過程を経て、想像を絶するまさかのオチ。
とにかく、ブッダとイエスのコンビと現代とのコラボが堪らなく反則です。キリスト教や仏教をちょっとかじった人なら間違いなく笑えます。高校の倫理程度の知識があればOK。懐かしい言葉やストーリーがちらちら出てきますよ。
1話完結なので2巻からでも読めますが、ブッダやイエス以外の登場人物も2巻で再登場したりするので、やはり1巻から読み進めるのがお勧めです。

より聖☆の世界を楽しみたいのであれば、ブッダとイエスのTシャツ or セーターの言葉にも注目してみましょう☆2倍に楽しめること間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1巻に続く傑作

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:renogoo - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに笑った。
聖おにいさんの1巻は大爆笑だったけれど、それに続く傑作!
一見薄い本なんだけど、内容は濃い。
やっぱり本当におもしろいものは、途中ですたれないのだなと実感。

今回の私個人的な笑いのつぼは、神の子イエスと目覚めた人ブッタが天界に帰省しようとする話。
空港で天界行きのチケット買おうとおもったら、お金がたりず、イエスの父が鳩の姿をかり下界にやってきて二人(2神?)を助けようとする。
神が静脈承認でお金をおろそうとするのだけれど、鳩なので"ご本人様でないと承認できません"とATMに言われてしまう。
で、最後の策として、空港で天の国への積立て基金と称して募金をはじめる。
神の御加護満点なので、あっという間にお金は集まるのだけれど、イエスとブッタはさすがにそのお金を使えず、赤い羽募金に寄付してしまう。
そこでのひとコマに大爆笑。
白い鳩の姿の神も赤い羽をもらったらしいのだが、赤い羽が白い鳩のおでこにセロテープではりつけられてるの。 とさかみたいになって。
神の聖霊のはずの白い鳩なのに、セロテープでおでこに直貼り。
もう、ここでおもいっきり笑ってしまった。このシーンは一見の価値あり。

新しいキャラクターとしてマリアとゼウスが登場。
伝聞系で出てきただけなので、ぜひ次回は本人たちが登場してほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖☆おにいさん 1

2010/03/01 18:32

あまりヒネリのない、べたな駄洒落で始まる楽しいお話です。

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みどりのひかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この漫画は駄洒落やジョークが私のストライクゾーンではないのですが、面白いところはあちこちにあって、つい笑ってしまいます。嵌まる人はたくさんいるでしょう。私の身近にもいます。かなりの人気漫画ではないでしょうか。

ブッダとイエスが同じアパートで暮らすという物語です。

 ブッダが横になって寝ていると、雀や白鳥や猫など寄ってきてまとわりつく。(釈迦涅槃図を思い起こさせる)そんなありがた迷惑な動物たちに「ち・・・違う違う 大丈夫! 今日はコレ 涅槃とかじゃないから!」そして「ほっとけ!」と叫ぶ。
と、まあこんな、あまりヒネリのない、べたな駄洒落で始まります。

 私のストライクゾーンは鳥山明の「なぬか用か」「九日、十日(ここのか、とおか)や、岩男潔の「カナダからの手紙は、仮名だけの手紙だった」などです。どうでもいいような駄洒落ではありますがストライクゾーンであるか否かは死活問題であります。なぜ死活問題か?その理由はありません。そんな気がするだけです。

 聖☆おにいさんは、[(私にとって)そんなストライクではない駄洒落]満載の物語で、日常のありふれた出来事の中に、いろんな勘違いとか、ありえない出来事がまざった楽しいお話です。

とりあえず、1巻を読んでみてください。次の巻を読みたいと思う人がたぶんたくさん出てくるでしょう。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖☆おにいさん 4

2009/12/14 19:29

聖☆おにいさん

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yume - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘から面白いと聞いてましたが、あまり絵の線が細すぎて個人的には好きじゃなかったですが・・・1巻目、まあこんなものか・・・2巻目から見事にはまりました。

笑いのセンスがありすぎて(?)1巻目では、ついていけなかったのですが、2巻目からはもうツボにはまりました。

電車の中で読んでても、声をこらえられないくらい笑いが出るし、70過ぎの母までもが、面白いって読んでます。

とにかくお勧め。

内容は見てからのお楽しみなんで言いたくないですが、とにかく最高です。

荒川アンダーザブリッジもぜひ読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新キャラだけでなく、あの方も・・!!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新キャラ登場だけでなく、いつもはちょっと影の薄めなメンバーに光があたってます。ユダやサーリプッタのいつもと違う一面も!!
冒頭からすっかりもってかれました。

スマホとかインスタとか、文明の利器の「あるある」と思う事と、宗教ネタのからませ方がいつもながら絶妙です。
手を伸ばした先の方から引き寄せてもってくる様なクスッとした笑いが好きです。

そして、大好きなアンデレ、応援してる。イェーイ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ギャグマンがなのに、勉強になりますよ。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みび - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品、すごくおもしろいです。毎回笑ってしまいます。そして、ギャグマンガなのに勉強になるんです。なぜなら、ストーリーのふしぶしにキリスト教や仏教のことがちりばめられており。それをもとにストーリーをからめているんです。作者の知識には脱帽します。神や仏をここまでギャグにしても大丈夫なのかと思いますが、とくに問題になっていないのは、この作品の内容の良さなんだと思います。キリスト教、仏教の教えの基本はしっかりと押さえているからでしょう。とにかく、お勧めしますよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ブッダの壁ドン

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amane - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的に、最近のおにいさんの中でも頭ひとつ飛びぬけて面白かったです!

久しぶりに「電車の中で読まなくてよかった……」と良い意味で思えた一巻です。
(そう思えたのは、実は1巻ぶりだったり…)

ネタの良し悪しや浮き沈みはどうしてもあると思いますが、私は毎度「よくこんなに毎回ネタがでてくるなぁ…」と歓心してしまいます。

時代は流れるので、そのつど漫画の中に時事ネタっぽい展開も入れてくれたりするのが、中村先生の手腕っぷりを感じます!

今回、北欧神話の新キャラも出て物語の広がりを感じたので、今後はいっそう色々な枠を飛び越えた楽しい展開を期待したいです!
(水木先生がどちらの方に行くかでもめるブッダとイエスとか)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自分用に

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴっきーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った最新刊、相変わらずの楽しさで間違いないです。新キャラ登場でますますおもしろく目が放せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

“思わず噴き出す”面白さ復活

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一時期マンネリというか、ダレた感のあったシリーズだが、ここのところ復活・上昇中。
特に本巻は、連載開始頃のような“思わず噴き出す”面白さに満ちている。聖人二人と眷族の現世への馴染み方や、ズレから生じるコント世界は、日常生活での再発見にもつながる。
また今回、北欧神話への広がりを垣間見せたことで、今後は東欧やエジプト、中国、そして我が日本の八百万の神々の登場をも期待してしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もうこれは神の領域です

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しぃな - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待を全く裏切らない。巻が増えるごとに面白さが増す。マニアックな内容がまた魅力的。何度読み返しても思わずふきだしてしまう。個人的にはブッタの顔が大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽しみ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mami - この投稿者のレビュー一覧を見る

イエスとブッタの掛け合いを毎回楽しみにしています。お友達にこのシリーズを貸したところ、仏教やキリスト教の勉強にもなったと喜んでいました。ほんわかしたお話しに心が和みます。新刊楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっぱりおもしろい!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しの雪 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もちろん1巻から愛読しておりますが、途中、最初の頃ほどおもしろくなくなってきたかな、、、と思ったことがありました。が、12巻は何度読み直したことか!笑いました!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

せいんとおにいさん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のん - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらずのブッダとイエスの毎日。このゆるさがすごくいい。漁師兄弟も登場してアンデレ好きとしては嬉しい。悪神ロキ様も素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する