サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

[CPあり]2017年上半期ランキング【ランキングTOP】(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. 殺人!ザ・東京ドーム
殺人!ザ・東京ドーム(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/02/08
  • 販売開始日:2013/02/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-273452-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

殺人!ザ・東京ドーム

著者 岡嶋二人 (著)

巨人×阪神戦で繰り返される惨劇! 密かに日本に持ち込まれた南米産の猛毒クラーレ。偶然その威力を知ったある男が、巨人対阪神戦に沸く東京ドームで、この毒を塗った矢による殺人事...

もっと見る

殺人!ザ・東京ドーム

540 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より77おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

殺人!ザ・東京ドーム (講談社文庫)

617(税込)

殺人!ザ・東京ドーム (講談社文庫)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.5MB 無制限
Android EPUB 6.5MB 無制限
Win EPUB 6.5MB 無制限
Mac EPUB 6.5MB 無制限
電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

巨人×阪神戦で繰り返される惨劇! 密かに日本に持ち込まれた南米産の猛毒クラーレ。偶然その威力を知ったある男が、巨人対阪神戦に沸く東京ドームで、この毒を塗った矢による殺人事件を起こす。大観衆5万6000人の面前にもかかわらず、犯行現場の目撃者は皆無。さらに、翌日の同一カードでも凶行は繰り返され、スタジアムはパニックに陥った。それでも上層部が選んだ選択肢は「試合決行」。スタジアムに平和は戻るのか? 手に汗握る傑作長編サスペンス。1988年刊行。(講談社文庫)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.0

評価内訳

電子書籍

昔の作品ですが、犯人像は古くないです

2015/08/16 00:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:乾 辰巳 - この投稿者のレビュー一覧を見る

少し内容に触れています。
東京ドームで行われる巨人ー阪神戦だけを舞台に繰り返される殺人。その動機がちょっと弱いかなあという点だけ気になりました。
犯人は最初から分かっているんですが、便乗犯がいたり利用しようとする者が出てきたりと着地点がなかなか見えてこない分、最後まで楽しめます。
子供の頃からいじめられ、自分に自信を持てなかった犯人が、殺人を機に自信を深めていく。この辺りの描写は秀逸と思いました。しかし毒薬を持ったことで得られた力によるものですから、最後には破滅しかない訳で。
こういう犯人像は現在でも十分通用するんじゃないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/31 00:27

投稿元:ブクログ

ひょんなことから簡単に人を殺せてしまう毒を手に入れる主人公。昔からおとなしく自分の気持ちを素直に言えない、引っ込み思案な子は物の力で強くなったと勘違いしてしまうのでしょうか。

2007/10/17 00:25

投稿元:ブクログ

10月16日読了。東京ドームで連続殺人事件が起きたら・・・?という発想から組み立てたらしいお話。岡嶋二人らしくスピード感、テンポがとてもよく楽しめた。何故そんな犯行を?何のために?という問いに応える犯人の造型や、序盤の登場人物の動機が明らかになってゆき、大団円を迎える展開も面白い。ミステリは犯人探しだけじゃないな、こういうストーリーもありか。しかし、ミステリを多く読んでいると犯罪ってのはするもんじゃない、と思わされるな〜〜どんな些細な情報からでも、捜査の手は犯人に及びうるものだもんな。

2007/09/18 02:50

投稿元:ブクログ

他の人が酷評するほど悪くなかった(*^^*)
さすが岡嶋二人!!
サクサク読めた★
シノヅカとか槇原、川相そして東京ドームをビックエッグという時代がとっても懐かしいよ〜♪

2009/01/11 18:50

投稿元:ブクログ

久松敏彦は、人付き合いが苦手な無口な男。
会社でも馬鹿にされ叱られて日々を過ごしていた。
彼は、趣味のために伊豆の林に来ていた。
昆虫を針で刺しその姿を写真に収めてるのだ。
伊豆の林の中に二人の男がいた。
密かに日本に南米産の猛毒クラーレを持ち込みその殺傷能力を試しに来たのだった。
矢に毒を塗り鳥などを狙うが弓が悪いのかなかなか当たらない。
そして、リスを射止めたのだがそこに駆けつける時に、二人は落とし穴に落ちてしまう。
その光景を見ていた久松は、その隙にクラーレを持ち出す。
試しに、民家の犬を狙ったら犬は、あっと言う間に死んでしまった。

そして、伝統の巨人対阪神戦に沸いてた東京ドーム。
大観衆五万六000人の面前で殺人事件が発生。
目撃者は、皆無。
警察は、捜査を開始する。
翌日の同一カードは、警察の厳重警戒の監視の中でまた一人倒れた。
難航する警察の捜査。
スタジアムは、パニックに陥った。
事件に関わる人々を描いたサスペンスです。

テンポのいいサスペンスです。
これは、岡嶋二人の作品なので面白かったです。
主人公の心理が暗いのが難点かな?
ま〜読んでみてもいいのでは

2010/09/07 23:19

投稿元:ブクログ

人に馬鹿にされ続けて小さくなって生きていた男が
ひょっこり持ち込み禁止の毒を手に入れたのが始まり。

ものが所持禁止の危険物であろうが無かろうが
それをお守りにして心の支えにする、というなら
それはそれでいいとは思います。
むしろ心の支えだけにして、現物は持たないでほしいですけど。

そんな『心の支え』物体を手に入れた。
ここまではいいですけど、それを使って何をしてるんですか、という話。
ある意味堂々とした状態です。
無差別殺人というのはこういう感じ、というのがよく分かります。

通常主人公が犯人の場合、すごく読むのにどきどきするのですが
これはまったく…。
多分、好きになれないタイプだったから、ではないでしょうか?

2010/08/28 21:28

投稿元:ブクログ

密かに日本に持ち込まれた猛毒クラーレを使用した殺人事件。
大観衆56000人の前で堂々と行われる殺人。

野球のいつ何が起こるかわからない状況を上手く使った作品になってます。
初めから犯人がわかってるから、もう少し心理面を描写してくれたらよかったな。

とりあえず久松みたいな表と裏のある人は怖い。
当の本人が自分の深層心理に気づけていないと尚更怖い。
もし、目の前の人が私に週刊誌を向けてきたらどうしよう。

おやてんには笑いました。
岡嶋作品はおもしろいけど、これは少し私の肌には合わないかも…

2009/12/29 21:06

投稿元:ブクログ

タイトルだけ見るとすっごく面白くなさそうなんだけれど、読んでみるとすっごく面白かった。犯人も、動機も、手口も最初からぜーんぶ分かってるんだけれど、それでも「この先どうなるのか」という「どきどき感」がたまらない。まさにサスペンス。

2011/10/21 19:14

投稿元:ブクログ

裏表紙の文を読んでハウダニットものかと思いきや、全然違う展開でした。
犯人は最初から明かされているし、動機も単純(単純だがそこに動機を求めるのは発売当時ならともかく、今ではちょっと無理があることを併記しておきます)。

おそらく展開の妙を楽しんでもらおうという小説なのだろうが、いろいろとツメが甘くて、即興で作ったような陳腐さを感じずにはおれない。

正直、いまひとつ。

2011/10/21 00:21

投稿元:ブクログ

ちょっと古いから携帯が登場してこない。
刑事さんがかなり熱い。

当時社会になじめなかった人間の病み方がリアル…。

2011/05/06 22:45

投稿元:ブクログ

現実に存在しそうな病んだ主人公がひょんなことから手に入れた猛毒クラーレ。
あるナイターゲームで殺人事件が発生。
捜査する刑事と主人公を取り巻く良からぬ考えを持った人々。
岡嶋二人作品にしてはなんと無く内容が薄いかな…って印象。
一日で読み切れるので、読んで下さい。
基本、岡嶋二人作品にはハズレは無いと思います。

2009/03/11 00:00

投稿元:ブクログ

岡嶋二人の殺人!ザ・東京ドームを読みました。引っ込み思案の青年がひょんなことから猛毒を手に入れて東京ドームで連続殺人を行う、というミステリーでした。物語としては平板で謎解きもイマイチ、登場人物に感情移入できるかというとそうでもない。この人たちの小説は面白さについて当たり外れが大きいと思いますが、これはハズレでした。

2011/09/03 21:37

投稿元:ブクログ

軽いミステリーを読んでみたくなって手に取った。岡嶋二人さんの本は、これで手持ちからなくなった。

少しばかり荒っぽく、軽快さも薄い。「そんなことあるわけ無いじゃないの」という感覚が先にたってしまい、あまり楽しめなかった。読み手側の問題だろうと思うので、作品を変えてみようっと。

2017/01/04 15:02

投稿元:ブクログ

2017年1冊目。
今年の記念すべき1冊目は大好きな岡嶋二人作品。書かれた時代背景がやはり古いのでちょっと無理があると思ってしまうのだけど、犯人もトリックも分かっているのにドキドキしてページを捲りたくて仕方ない衝動に駆られるのはやっぱりさすがだなーと。軽い感じでサクッと読めた。今年中に岡嶋二人作品はコンプリートしたい。

2013/07/04 22:11

投稿元:ブクログ

本格を期待していたのに、単なるサスペンスで残念。
サスペンスとしては決して悪くないかもしれないけれど、そこの最初の一歩のがっかりがあまりに大きすぎて、いまいち愉しめず。