サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

秋のメディア化タイトル 全品ポイント5倍!(~10/19)

四季 冬 Black Winter(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 131件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/10/01
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-275571-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

四季 冬 Black Winter

著者 森博嗣 (著)

生と死そして時間。すべてを超越し存在する、四季。天才の成熟と到達。「四季」4部作、美しき完結編。「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」四季はそう言った。生も...

もっと見る

四季 冬 Black Winter

540 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限

四季 冬 Black Winter (講談社文庫)

637(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生と死そして時間。すべてを超越し存在する、四季。天才の成熟と到達。「四季」4部作、美しき完結編。「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」四季はそう言った。生も死も、時間という概念をも自らの中で解体し再構築し、新たな価値を与える彼女。超然とありつづけながら、成熟する天才の内面を、ある殺人事件を通して描く。作者の一つの到達点であり新たな作品世界の入口ともなる、4部作完結編。

目次

  • プロローグ
  • 第1章 白い部屋
  • 第2章 黒い部屋
  • 第3章 赤い部屋
  • 第4章 青い部屋
  • エピローグ
  • 『四季 冬』を読んで

著者紹介

森博嗣 (著)

略歴
1957年愛知県生まれ。作家、工学博士。「すべてがFになる」で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。他の著書に「スカイ・クロラ」「神様が殺してくれる」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー131件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

美しいの一言

2016/03/28 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Bernkastel - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品のすごいところは、場所、時代がほぼわからないまま様々な場面が書かれているところです。ネタバレになりますが、S&Mシリーズ第1作目「すべてがFになる」と、第10作目「有限と微小のパン」の一場面を真賀田四季目線で書かれている場面もあります。これらはおそらく、時間とも空間とも乖離している彼女が語り部だからでしょう。今までの四季シリーズより、読んでいて「これこそ真賀田四季だな」と思わせられました。前作の「四季 春〜秋」でS&MシリーズとVシリーズを集約し、繋げたあと、「四季 冬」では新たに百年シリーズやその他の話へ世界を広げています。ですので、森博嗣のシリーズの深さをもっと味わいたい方や他のシリーズに興味がある方にぜひおすすめしたい作品です。ただ、この作品単体、或いは四季シリーズから森博嗣の作品に入ろうという方にはあまりおすすめできません。なぜなら、その読み方では勿体無いからです。ぜひS&M、Vシリーズを読んでから読むことをおすすめします。その方がこの作品をもっとよく味わえるはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真賀田四季の世界

2015/08/25 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まきろん - この投稿者のレビュー一覧を見る

4冊のシリーズの最後「四季 冬」では、四季の人間としての感情を読み取ることができ、「すべてがFになる」や「有限と微小のパン」を読んだ時の真賀田四季のイメージが覆る1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/19 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/22 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/24 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/09 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/05 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/04 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/27 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/27 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/06 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/20 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/04 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/17 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/19 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る