サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/06/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784101134352

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

寝ぼけ署長

著者 山本周五郎 (著)

五年の在任中、署でも官舎でもぐうぐう寝てばかり。ところが、いよいよ他県へ転任が決ると、別れを悲しんで留任を求める声が市民たちからわき起った……。罪を憎んで人を憎まずを信条...

もっと見る

寝ぼけ署長

税込 616 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1.0MB
Android XMDF 1.0MB
Win XMDF 1.0MB

寝ぼけ署長 改版 (新潮文庫)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

五年の在任中、署でも官舎でもぐうぐう寝てばかり。ところが、いよいよ他県へ転任が決ると、別れを悲しんで留任を求める声が市民たちからわき起った……。罪を憎んで人を憎まずを信条とする“寝ぼけ署長”こと五道三省が、「中央銀行三十万円紛失事件」や「海南氏恐喝事件」など十件の難事件を、痛快奇抜で人情味あふれる方法でつぎつぎと解決する。山本周五郎唯一の探偵小説である。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

珍しい現代風小説

2005/10/22 09:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dimas - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者にしては珍しい現代風小説。署長の見た目と中身のギャップが心地よく、憤りから暗躍(?)するシーンは痛快です。ストリンドベリの「苦しみつつなお働け、人生は巡礼である」が耳に残る。極上のエンターテインメントです。著者の本が初めてという方にもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

権力者へ物申す、期待の小説

2017/04/29 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうと - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校で山本周五郎著と出会い、ずっと変わることなく今も何度も読み返す作家です。山本周五郎さんのはほとんどが時代物。そのなかで、異色の小説で、人情にあつい、町の人に慕われる署長の話です。中の一文をどうしてもご紹介したいです。「法律の最も大きい欠点の一つは、悪用を拒否する原則のないことだ。法律の知識の有る者は、知識のない者を好むままに操縦する。…」国サイドの人に、ぜひ読んでほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良い作品だが

2014/04/13 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

若いときから難しい小説ばかり読んでたので、気づかなかったが小説を読みなれない方にこの本をお勧めしたら、文章が難しとのこと。読み返すと、昔かたぎだけあって
ちょっと文章が固いか?

作品としては欠かせない逸品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

敗戦後まもない作品なのに、内容に古さを感じないのは「ねぼけ署長」待望の気持ちがあるからか。

2008/07/20 10:55

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ねぼけ署長こと五道三省による10編の事件簿だが、罪を憎んで人を憎まずという警察署長の事件解決に安心させられるというか、人としての道を教えられたというか、「良かったなあ」という充足感で満たさせるものだった。

 読み始めの第一編目、すっきりとしない結末に少しばかりいらだちを覚えるが、なにか次には意外な面白さがあるのだろうと期待を抱いて読み進む。これまた肩すかしを食らったような読後感が残る。
 そういった期待感と軽い失望の繰り返しが続き、いったい何なのだこの小説は、と思っているうちに、「ねぼけ署長」のペースにはめられていっている。極悪非道の悪人でもない限り、善良なる庶民に救いの道が用意されているところに読み手が逆に救われている。

 そして、名もなく貧しい庶民の味方である「ねぼけ署長」が最後に庶民に吐いた言葉は絶望に近い言葉だが、それも「ねぼけ署長」のテレであり、男の美学であるところが格好良いと思わせてしまう。貧しい庶民にとっては裏切りの言葉だが、それはそれで「ねぼけ署長」の次に赴任してくる警察署長への配慮でもあるのだろう。

 時代は戦後間もない混乱期だが、ある意味、「三丁目の夕日」のように人情が倫理感である時代を表わしている。内容に古さを感じず、むしろ、今でもこんな「ねぼけ署長」がいたならばどんなに良いだろうと思わせるものだった。
「自然に悪魔が出現してくれる社会や組織は健全である」という言葉があるが、「ねぼけ署長」がその悪魔の役回りを演じながら、社会を健全に保っているのではとも思ったりもした。

 最終章の「最後の挨拶」では、事件簿らしく乱数表を使った解決の糸口が出てきて逆にとまどったが、ものの見事に書き手山本周五郎の術策にはまって気持ちがよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人情ミステリ

2002/04/23 17:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新しく着任してきた警察署長は、暇なときには椅子の上で居眠り、暇でないときにもやっぱり居眠り。新聞記者のつけたあだ名が「寝ぼけ署長」。しかしこの人、頼りにならないのかと思えばそうではなく、気になる事件がおきると自ら乗り出して、周りの人があっと驚くような方法で解決してみせる。なんとも愛敬のある寝ぼけ署長の事件簿、 10編が収められた短編集です。
盗難、殺人などの事件、ちょっとしたトリックも使われていたりはするのですが、そんなものよりも、いつでもどこでも寝られる特技(?)、貧しい人たちに向ける優しい視線、「罪を憎んで人を憎まず」の精神など、寝ぼけ署長その人のキャラクターがよく書けていて、いい味を出しています。反面、どの話しも人情話めいていて、ミステリとしては物足りなさも感じますが、そんなことはあんまり気にしないで、寝ぼけ署長の繰り広げる人情ミステリをシミジミと楽しみましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/24 02:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/04 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/24 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/04 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/09 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/28 05:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/16 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/16 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/14 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/11 07:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。