サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~5/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

電子書籍

遠野物語 ─まんがで読破─

著者 柳田国男 , バラエティ・アートワークス

近代化が進む明治時代末期。急速に変化していく日本の姿に、「日本人とは何か」という問いを募らせた官僚・柳田国男は、岩手県遠野地方に伝わる民話を書き留め、自費出版で世に送り出...

もっと見る

遠野物語 ─まんがで読破─

税込 550 5pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 155.4MB
Android EPUB 155.4MB
Win EPUB 155.4MB
Mac EPUB 155.4MB

遠野物語 (まんがで読破)

税込 607 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

近代化が進む明治時代末期。急速に変化していく日本の姿に、「日本人とは何か」という問いを募らせた官僚・柳田国男は、岩手県遠野地方に伝わる民話を書き留め、自費出版で世に送り出した。そこには天狗や河童、座敷童子などの妖怪や死者の話、地元でまつられる神々の記録などが伝承のまま、格調高い文体で書き記された。芥川龍之介や南方熊楠らにも影響を与え、日本民俗学の出発点となった名著を、読みやすくマンガ化。

目次

  • 遠野
  • 山の中
  • 民話の里

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

「入口」としての漫画版

2014/09/12 22:02

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でんしゃずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名だけで判断すると,「遠野物語」のいくつかの話を基に漫画化した本と思われるだろうが,「そういう本」では無い。よって,興味を持たれた方は注意して頂きたい。
むしろ,「遠野物語」を読んだ経験のある人が,「再認識」をする為に読んだ方が良い気もする。より深く理解する為の参考書,という意味である。しかし,タイトルに付けた様に,この本から「原典」に入るのもまた良いと思う。
もし,原典を知っていればより楽しめ,もし,知らなければ原典に当たる楽しみが味わえると思う。
この本で面白いと思うのは,植物や天体に関する説明が欄外に出ていることだ。「理解をし易くする為」に,学問を「文系」と「理系」に「便宜上」分割したと私は思うのだが,「自然環境から人間が感じ取ったことを記録するのが民俗学」だと本書を読んで感じた私からすると,民俗学研究に自然科学の知識は絶対に軽視出来ない。この注は実に親切だと感じる。
主人公柳瀬と,彼が出会った佐々木の「会話」が面白い。この部分こそ,「原典をよく理解する為だけではなく,世の中を生きていく為の参考」に思える。
尚,本書は上記の様に全体的に素晴らしい視点と内容の本である。しかし,漢字の選択を間違えたり,用語の使用法に疑問点を感じた。これらは版元に連絡したところ,重版の際に訂正する意向だと回答を頂いた。残念だが,その為に評価は1点引かせて頂くが,重版時にはより良い本になると思っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

同音異曲

2013/08/29 22:53

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルは「遠野物語」だが、タイトルが同一な別の話。

都会の生活しか知らない学生が、いきなり自給自足の生活に放り込まれて、電気に頼らない暮らしぶり、昔からの生活の知恵を見直していく、という話。
日本テレビ「鉄腕DASH」のDASH村での生活体験記、と言うとイメージしやすいと思う。

ちょっとした味付けとして、主人公の将来に対する不安感が吐露されていたりする。
(その"不安感"自体は、ありがちなものではあるが・・・)

ちなみに登場する妖怪は数えるほど。
「遠野物語」が、そのままマンガ化された、と期待する人にはガッカリな内容かもしれない。


主人公は大学院で民俗学を学ぶ学生、柳瀬孝之。

教授と、同じ研究室で学ぶ学生達と一緒に研究のために遠野を訪れる。
そして、調査の一環で、町の人に連れられて、かつて霊媒師が住んでいた、という小屋へ。

が、仲間達から少し離れた時、天狗と遭遇。
天狗は柳瀬を吹き飛ばし、17キロほど離れた山の中へ飛ばしてしまう。
(天狗に、どんな意図があったかは最後まで不明。
もしかしたら「ちょっと意地悪」くらいの気持ちだったのかもしれない)

飛ばされた柳瀬を助けたのは、佐々木国士という初老の男。
周囲10キロ以内には人が住んでいない山奥に一人暮らし、という世捨て人、というか変わり者。

柳瀬のケガは足の捻挫だけだが、山奥なので、定期便のバスが近くまで来るのを待った方がいい、というのが佐々木の意見。
が、次の定期便は5日後。

最初は電気の無い生活に戸惑う柳瀬だったが、次第に、その暮らしぶりの良さを見直していくことになる。


佐々木にとって、妖怪は「恐怖」の対象ではなく「自然」の一部。

恵みを与えてくれる事もあれば、牙を剥く事もある。
油断すれば情け容赦なく、つけ込んでくるが、そうでなければ大人しい。

その存在自体は異常なものではなく、ごく普通にあるもの。
都会の人間にとってのカラス、という例えが一番近い、と思う。

柳瀬が、自分が出会った妖怪の話をしても、よくある事のように受け入れる。
あまりに普通に受け入れるので、佐々木自身が異界の住人のようにも思えるほど。
(佐々木が人間ではないのでは、と匂わされるが、その正体は不明確なまま。)

ただ、
「人の恐怖ってのはなぁ、
 たいていは知らないもんに向かうんだよ」
という佐々木の言葉は「異界の住人」というには、あまりに人間的すぎる印象を受ける。

仮に佐々木が「異界の住人」だったとしても、見方を変えると、佐々木にとって、柳瀬こそが「異界の住人」とも言える。
「街の人間」柳瀬と「世捨て人」佐々木、という関係だったとしても、お互い「異界の住人」ではあるが・・・。

知らないものを怖がるのは仕方ないが、それを乗り越える努力はしていたい。

ところで、この「まんがで読破」シリーズは読むとかえって、原典が気になってしまうものが多いので「キケン」なのだが、本書もそのパターンであった。
(これまで読んだ「まんがで読破」シリーズのものとは少々、意味が異なるが・・・)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/29 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/28 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/04 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。