サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

修正:コミック ポイント最大50倍(0603-30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた
外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/02/26
  • 販売開始日:2016/02/26
  • 出版社: 悟空出版
  • ISBN:978-4-908117-13-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた

著者 ヘンリー・S・ストークス

中国と韓国による「反日プロパガンダ」は世界中を席巻し、今や「南京大虐殺」も「慰安婦」もあったことにされている。だが、来日して50年、日本の歴史を学び、戦後日本を見つめ続け...

もっと見る

外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた

778 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた

972(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.3MB 無制限
Android EPUB 10.3MB 無制限
Win EPUB 10.3MB 無制限
Mac EPUB 10.3MB 無制限
【48時間限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月28日(水)~2017年6月29日(木)23:59

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国と韓国による「反日プロパガンダ」は世界中を席巻し、今や「南京大虐殺」も「慰安婦」もあったことにされている。だが、来日して50年、日本の歴史を学び、戦後日本を見つめ続けてきた英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏は「いずれも謂れなきプロパガンダだ」と告発する。「中国と韓国は、米国が自らの戦争犯罪を隠蔽するために仕組んだ東京裁判で日本に押しつけた“戦勝国史観”の尻馬に乗り、自国民の目をそらして権力を維持するために詐偽(さぎ)を世界に発し、日本を貶めている」と言い切り、「日本人は今こそその真実に目覚め、戦勝国史観の呪縛を解いて真の独立国となるべきだ」と訴える。

目次

  • はじめに
  • 序 章 日本人よ、真実の歴史で反撃せよ!
  • 第一章 アメリカが開けた「パンドラの箱」
  • 第二章 慰安婦は「性奴隷ではない」
  • 第三章 まやかしの「南京大虐殺」
  • 第四章 東京裁判は文明の抹殺
  • 第五章 日本人は血を流してアジアの独立を助けた
  • 終 章 日本が進むべき道
  • おわりに

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

オススメ

2016/03/14 18:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニック - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても論旨が明快で読みやすかったです。また、著者は海外のジャーナリストで、こういった日本人以外の方に南京大虐殺や慰安婦の組織的な強制連行がなかったとはっきり書かれると、否定論に懐疑的な人に対しても強い説得力をもつように思えます。彼のベストセラーとなった前著「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」にも南京大虐殺は無かったと明言されていますが、これがのちに翻訳の誤りで原著者のストークス氏は認知していないという報道がなされました。
【毎日】2014/5/9朝刊27面「ベストセラー翻訳者 南京事件 虐殺否定を無断加筆」
【産経】2014/5/9 MSN産経ニュース「南京虐殺否定を翻訳者が無断加筆 ベストセラーの著者が修正要求」
【共同】2014/5/8「南京虐殺否定を無断加筆 ベストセラーの翻訳者」、2014/5/9「『ゆがめられた歴史正す』 無断加筆の藤田氏ら」
【東京】2014/5/9夕刊2面「『南京大虐殺はなかった』 翻訳者 無断で加筆 英国記者が修正要求」
【琉球新報】2014/5/9朝刊1面「南京大虐殺否定を無断加筆 元米国紙記者の著者 翻訳者が認める」、朝刊2面「社説:無断加筆 もはや『捏造』に等しい」
しかし、後日の産経新聞のインタビューなどでこの件は誤報・虚報であると否定しました。この本でも、ストークス氏は再度、南京大虐殺はなかったと主張しており、以前の翻訳者の翻訳ミスという報道は誤報だと書いていらっしゃいます。
そういった誤報事件をふまえた著者の主張を知るのにも良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/16 08:58

投稿元:ブクログ

泣けてきた。。アメリカの嘘を良いことに乗っかって詐欺を働く中国韓国。と、日本を貶めるのに必死な謎の日本人達。。国際連盟で唯一人種差別を撤廃しようと。訴えたのが日本だ。嘘も100回言えばホントになってしまう怖さ。マスコミの怖さを感じた。実際に日本人が行った事を。教科書にも書いて欲しいと。切に願った。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む