サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2023/01/24
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-001759-0
一般書

赤い霧

著者 ポール・アルテ , 平岡 敦

“フランスのディクスン・カー”と評され、日本でも二年連続ベスト1に輝いた著者が、十九世紀末の英国を舞台に、十年前の密室殺人とロンドンの連続娼婦殺人事件を融合させた冒険小説...

もっと見る

赤い霧

税込 1,210 11pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.4MB
Android EPUB 3.4MB
Win EPUB 3.4MB
Mac EPUB 3.4MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

“フランスのディクスン・カー”と評され、日本でも二年連続ベスト1に輝いた著者が、十九世紀末の英国を舞台に、十年前の密室殺人とロンドンの連続娼婦殺人事件を融合させた冒険小説大賞受賞作。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

フランス風機知が書かせた枠構造の娯楽小説のようであり、「信頼できない語り手」の告白スタイルを取り狂者の論理にマジで迫ったようでもあり……。

2005/06/22 19:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サービスの良い面白い小説だなと思った。
 全体の3分の2強を占める第一部では、英国の田園地帯での密室殺人のからくりが解かれていく。実際に犯罪が起こっているのだから「不可能犯罪」っていう言葉はまぎらわしいよね…と瑣末な表現に舌打ちしながらも読み進めていく。地域の名士が殺された9年前の密室事件は迷宮入りとなっている。だが、この土地の出身者たるシドニー・マイルズが、謎を解きたいのだと乗り込んでくる。
 乗り込んできたと同時に、宿屋の娘コーラに大いにそそられる。恋愛が進展していきながら、絵や図を差し挟んで事件の概要が明らかになっていく。語り手たるシドニー・マイルズの取材のため事件関係者が一堂に会すると、どうもそのメンバーのなかに犯人がいる風で「この人が怪しい」「いや、こちらの人物だって、そこそこ」と思わせられるが、姿なき殺人者はなかなかしっぽを出さない。
 笑いがいささかこみ上げてくるようでもあるトリックが遂には解き明かされ、そこに至るまでに新たに酷い殺人事件が複数起こったりする。姿なき殺人者が、9年ののち証拠隠匿のために動き始めるのである。「へえ、それが犯人」という落着を与えられいったんは得心するものの、どうも一筋縄ではいかないのがこの作品の最大の特徴。「実はこちらが真の犯人」という流れが出てくる。
 最大の特徴に関する絶大なる自信は、好ましい筆致で作家あとがきに宣言されている。ミステリ小説は「謎」と「血」という言葉で定義できるので、英国人ならぬフランス人ポール・アルテはこれらを称揚する創作を試みたというのだ。
——“謎”について、わたしは全篇にそれをちりばめ、読者の理性がどこにも確固たるよりどころを持ち得ないようにしました。(254P)
というわけで、裏を返せばこれは「論理的思考を働かせて読もうというのはムダだよ」という挑戦状の意味に取れる。ムキになってトリックの不自然を指摘したり、ディクソン・カーとの優劣を問うものではないということにもなろうか。
 密室殺人の部では、犯人のどんでん返しに加え、シドニー・マイルズなる語り手の正体についても「これと思っていたらあっち」という意外性が用意されている。
 ポケミスというのは紳士が背広のふところに収めるのであれば、また淑女が小さなポーチに収めるのであれば、この第一部の密室物で完結としてちょうど良い重量だ。サービス的にも結構網羅されていたし…と思う頃合い、密室の奥に実はもうひとつの密室があったという具合に第二部が開幕する。もうひとつの密室は、1880年代のロンドン下町であり、そこには現実に存在したが伝説化している犯罪者が跋扈し、探偵物語史上あまりにも有名な2人組もページをよぎる。
 密室殺人のトリックを解き明かしていくのが好きという趣味の人には、あるいはこの全体の3分の1弱のページは不要の長物だろう。しかし、この第二部をもってして、ミステリは第一部を枠のなかに収める構造を持つ小説として、その本来的性格を露わにする。それは、世界の文学潮流のなか、1988年という時期に、本格ミステリの土壌なきフランスで誕生した本作の野心の発露でもある。それを支えるのが、第一部では信念と愛の人であったシドニー・マイルズの語り。これはマグラア『スパイダー』の紹介文でも触れた「信頼できない語り手」の技法で、アルテが何を描きたかったかということに結びついていく。
 血と肉片が飛び散るキモい空間も出てくるが、横溝正史のようにおどろおどろしく怖くない。「信頼できなさ」の元凶を、過去の重層的な打撃に求めた点が意外に本気なのよね、この人。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

密室殺人、連続殺人、娼婦連続殺人

2005/10/18 18:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新聞記者のシドニー・マイルズが、なにやらありげな、
英国の片田舎を訪れるところから、話は、始まります。
9年前の密室殺人、その捜査の過程で起きる、謎の連続殺人
を、描いていきます。

 密室といっても、田舎の人を集めての
手品披露の会の途中の事件なので、
カーテン一枚なんですね、、しかも、部屋のすぐ外には、
子供が遊んでいた、謎の矢が、、。

 本書は、一部二部構成になっており、
釈然としないまま一部は、終わります。
 その後、切り裂きジャックでお馴染みのロンドンの娼婦連続殺人事件
へと、展開していきます。
本書の怖いところは、矢張り第二部にあり、
兎に角、連続して惨殺される、娼婦の多さに
犯人といっしょにこちらの感覚も麻痺していく
怖さがあります。

 このポール・アルテは欧米では、希となった、
トリックと謎解きにメインを置いた、本格派だとか、
で、解説には、芦辺拓さんがアルテさんへの書簡という形で、
書いています。
ネットの書き込みには、ポール・アルテの紹介で、
フランスの芦辺拓と、あったとか、、、。
その関係というわけでは、ありませんが、
どことなく、二人の作風が似ている気もします。

 密室のトリックは兎も角、本書は濃厚に伏線を匂わせていますので
皆さん大丈夫では、!?。
 併し、この密室のトリックは、解けるかなぁ??
皆さんに挑戦状ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/24 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/06 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/10 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/10 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/27 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/15 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/22 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。