サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

徳間書店(リュウコミックス)コミック最大40%OFFクーポン(~12/10)

電子書籍

レバレッジ人脈術 みんなのレビュー

  • 本田直之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本レバレッジ人脈術

2008/07/07 00:10

人が人を呼ぶ人脈術

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「レバレッジ」シリーズ。
 人脈という言葉には抵抗がある。打算的なイメージがあるからだ。本書はその人脈の概念を変えてくれる一冊。
 人脈づくりは最強の投資、それは長期投資であり、早く始めたほうが成果は大きくなる、と著者は言う。投資だからリスクもある。人を見る目がなければ騙されることもある。自己責任なのだ(出会いのリスク)。大事なのは「誰を知っているか」ではなく、「誰に知られているか」ということ。人に頼りにされるぐらいでちょうどいい、という。キーワードは貢献(コントリビューション)。「いかにして相手の役に立つか」、「頼むより頼まれる人物になる」ことを意識すべきだ。相手から何かを得ようというのが見え見えでは良い関係は築けない。ギブ・アンド・テイクなんて論外だという。
 著者の考える人脈とは、情報交換したり、人を紹介したり、刺激し合ったりして、一緒に成長していけるようなマインドの高い仲間をイメージしている。互いにリスペクトできる部分を持ち合える関係だ。本書ではそうした新しい概念の人脈づくりや維持のための方法についてヒントを与えてくれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レバレッジ人脈術

2017/09/13 09:38

「貢献」という感覚で人と付き合う

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はらお - この投稿者のレビュー一覧を見る

ギブアンドテイクでなくギブアンドギブでもなくコントリビューション「貢献」という感覚で人と付き合う。目的、共通点がある集まりに参加して自分が相手に何を貢献できるか提示して人脈を広げていく。なるほどね〜。僕にとって納得できる内容が随所に書かれており、考え方を変えるには良い本でした。ちょっとずつ実行して自分の環境を発展させていきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。