サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 淋しいおさかな
  6. 淋しいおさかなのレビュー

電子書籍

淋しいおさかな みんなのレビュー

  • 別役実
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本淋しいおさかな

2006/09/25 22:39

教科書で一生ものの物語に出会うことがある

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 100冊目の書評は、この本を取り上げようと決めていました。ながらく絶版だったので「入手不可能な本をとりあげても……」と迷ったのですが、えいやっと紹介しようとしたら、なんと復刊です。しかも、まさに今月。ちょっと運命感じます。

 人はたくさんの本を読み、たくさんの物語に出会います。
 文章構成とも完璧でそれゆえに好きな話、どこがいいのかわからないのに無性に好きな話、人に薦め宣伝してまわりたくなる話、ひっそり自分だけのものにしておきたい話、何百回も読み返したい話、2度と読みたくないのに忘れられず心に根をはる話。
 食事と同じでタイミングも大切で、あの時あの瞬間に読まなければ特に心に残ることもなかったのに……という一冊もあるでしょう。
 別役実の短編集「淋しいおさかな」の中の一編「ふな屋」は、私にとって特別な一編です。この話、出会ったのは小学校の国語の教科書でした。何年生か覚えていないのですが、おそらく5.6年生。読んだ瞬間に心に喰いこんで、ずっと忘れられない一編でした。
 鮒と話をさせてくれる不思議な職業、ふな屋。昔に比べめっきり客も減り、一人と一匹が食べていくのがやっとの生活をしている老いたふな屋のもとに、ある日、見習い希望の若者がやって来て……
地味な話です。正直なところ、「この話のテーマは?」とか「どこが好きか?」と問われると困ります。全体の雰囲気が、なんとも言えず好みとしか言えません。時流に溺れそうになる古き良きものの姿は、もの悲しくて、でも無理に生き残ろうとはしない、あるがままの姿にほっとします。ふな屋がどれほど廃れようと、一人で食べていくぶんくらいの客は、きっとどこかにいる、老いたふな屋はそう信じているのでした。
 「ふな屋」だけでなく、収録された22編どれも、本当に短い中にぎゅっと美しさや悲しさ、穏やかさが詰まっています。「迷子のサーカス」や「猫貸し屋」など、余韻が素晴らしい。
 最近めっきり速読が身について、時間と競争で本を読むようになってしまいましたが、この一冊はゆっくりと読みたいと思いました。1日1篇、22日かけて読むとか。とてつもなく贅沢な気持ちになれます。読書の至福を感じさせてくれる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示