サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

巫女母と巫女娘と僕 みんなのレビュー

  • 巽飛呂彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

巫女母と巫女娘と僕

巫女母と巫女娘と僕

2010/07/28 23:22

原点回帰したかの王道ストーリーを巫女設定で堪能

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

人によっては「また巫女か」となるかもしれないが、姉妹ではなく母娘ヒロインなのが本作のミソ。しかも、天然おっとり系で慈愛に満ちながら嫉妬もしちゃう36歳の「これぞ巽作品の母」と、同じく「これぞ巽作品のツンデレ」な17歳の意地っ張り娘が登場しての、原点回帰したかの王道ストーリーだから堪らない。好対照ながら魅力的な2人が胸キュン破壊力で16歳の主人公に愛を囁く激甘作品である。

とはいえ、設定としての神社や巫女などは割と重要な役割を担っているし、さらには背景として夢物語まで出てくる凝った作品でもある。それだけに、前半の母の行動には唐突な感じや違和感もあったが、娘が切ない想いを吐露して結ばれ、意外な“本性”を垣間見せる後半からぐっと良くなる。そして、母の可愛らしい一面と娘と同様の“本性”が透けて見えてからさらに盛り上がる仕組み。さらに、これが変化に富んだ、めくるめくご奉仕プレイの連続に繋がる流れが見事である。そして何より母娘の心情と情交の描写にしっかり頁を費やしているのが良い。ツンツンだった娘がデレてからメロメロになるまでの経緯や、不可解だった母の一時的な積極性の理由に、母娘が鉢合わせになった後でいろいろと頑張る主人公までもきっちり描いてドラマを演出している。

ただ、ファン故の贅沢な要望かもしれないが、社殿裏手の土蔵とか愛の儀式めいた本殿での契りとか延々と続くクライマックスとか、随所に用意された情交場面それぞれに少しずついやらしさが足りない気がする。思うに、今回のような清らかな作風ではどーしても良い意味でのお下劣テイストが出せないこともその一因かと。妖艶な熟女が主人公を狙いすまして食べちゃうような展開や、可憐でお茶目だけど真っ直ぐで貪欲に頑張る母(これもまた「巽作品の母」だと思う)もそろそろ読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示