サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

てほどき未亡人兄嫁【独り身】 みんなのレビュー

  • 鷹山倫太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

手ほどき未亡人兄嫁〈独り身〉

紙の本手ほどき未亡人兄嫁〈独り身〉

2017/02/14 20:27

義姉の矜持が選ばせた惜別

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルのような「てほどき」は主人公が慕う義姉ではなくサブヒロインから受ける形なので内容を的確に表現したものではない。むしろ実の弟のように可愛がっていた主人公との許されざる関係を憂えた義姉が最後の一線を越えてもなおその矜持を残した末の行方を描いた作品である。

義姉【梓】29歳
夫(亡兄)の三回忌に前後して実家の母からはお見合いの話が絶えないようだが、義弟たる主人公の秘めた想いを知るにつけ、後々には他の女性達との決して健全とは思えない関係を知るに至り、嫉妬心に駆られながらも主人公の将来を慮る決意をする。序盤では思い余った行動に出た義弟をいなすがごとく手淫を施し、終盤では遂に情を交わして万感の思いを馳せるに至る。

熟女【志津子】39歳
主人公のバイト先であるカフェのオーナー。普段は落ち着きのある佇まいだが官能スイッチが入ると積極的かつ貪欲に求める淫らな一面を見せて主人公の筆下ろし役を果たす。豹変のギャップが意図されたものと推察するが、それがやや唐突に感じるところや昂ってからの淫語の連発が少しばかり品格を落としているようにも感じられる。淫猥さとの天秤と思えば致し方ないところか。

隣人【理沙】23歳
結婚3年目の若妻だが開放的なところがあって、主人公の動向を窺ったり、スキあらば関係を持とうと目論んだりしている。ただ、夫への操は立てているので基本的にキスやセックスはNG。そのためにお尻ばかりの官能描写となっており、しかも中盤で結構な存在感を示しているので読み手としては好みが分かれるところであろう。個人的には流し読みになってしまい少々残念だった。

全体を通じて恋愛と結婚、もしくは愛情と肉欲といったものは別物との示唆が盛り込まれており、いわゆるハーレムエンドではない結末を演出するとなれば、それが切なくなってしまうのも致し方ないところではあるが、梓が未亡人なことから事実婚だったり籍を一度抜くなり、結ばれる方策が他に考えられることから、ここでのリアリティについてはやや無理があったようにも思う。最後に見せた梓の溢れんばかりの想いがそう感じさせるのだが、であれば、夫が生存していて引っ越すことになったとか、別の方向からリアリティを持たせられる可能性もあったように感じた。

物語として見れば少しばかりの疑問は残るものの、淫らさ全開のハイテンションな官能描写は相変わらず。頁をしっかり費やし、連続情交も描くことで多少のことは脇に置いても良いかと思える淫猥度の高さがあった。欲を言えば最後に理沙が自らの決め事を反故にして一線を越えたら(もしやと期待しただけに)モアベターだったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示