サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

思想家志願 みんなのレビュー

  • 浅羽通明
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

思想家志願

紙の本思想家志願

2001/09/07 09:41

って、食べれるの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:REV - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、当時あった社会的な事件・事象について、著者の観点から語っているものです。例えば、オウムや自衛隊派遣など。

 これらの事件の中で、知識人と呼ばれる人たちのどうしようもなさとかが見えたり、見えなかったりした。

 思想をよく知っている、知識のある人たちが、どうしようもないことをいう。よく考えれば、困った事である。思想を知っていてもどうしようもないってことだから。

 それに対して、著者は、それは思想・知が広い社会に行き渡らないで、仲間内・蛸壺のなかだけで流通しているから、そんなことになったんだ、と言っている面もある。

 思想・知識・教養があれば、無い人よりも世の中の事を分かっている人間である、と考えてしまうかもしれないが、そうではない。

 思想は、社会の役に立つ、もっと丁寧に書くと、社会の合理性・仕組みではどうしようもないときに、人に力を与え、なにかに動かすことができるかもしれないから、可能性があるのだ。

 全編にわたり、そのような知のあり方を示してくれるものが本書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示