サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暴風ガールズファイト(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-3752-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)

著者 佐々原 史緒 (著)

マリア様が見守る聖ヴェリタス女学院。高等部に進学した麻生広海は、親友との別れによる喪失感と何ら変わり映えのしない高校生活を前にすでに鬱屈していた。ところが!そんな広海の前...

もっと見る

暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マリア様が見守る聖ヴェリタス女学院。高等部に進学した麻生広海は、親友との別れによる喪失感と何ら変わり映えのしない高校生活を前にすでに鬱屈していた。ところが!そんな広海の前に吹き荒れる五十嵐千果というちびっこい嵐!巻き込まれるがままなぜか高校ラクロス日本一を目指して立ち上がることに!…っつーかラクロスって何よ?ウチにそんな部あったっけ??汗と涙とド根性!空前絶後の美少女スポ根グラフィティ、待望の試合開始。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

変人揃いの女子ラクロス部が巻き起こす激しい旋風! スポーツ青春小説の新たなる傑作シリーズ開幕!

2013/11/20 08:02

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぎわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

森絵都の『DIVE!』、佐藤多佳子の『一瞬の風になれ』など、中高生が主人公のスポーツ小説には良作が近年いくつかある。それぞれのスポーツに対して一途にひたむきに取り組む選手たちの美しい姿を描き、丹念な取材に裏打ちされた説得力ある競技や試合の描写を見せ、しかしかつてのスポ根物語(より正確には《「その手の物語」に対する一般的なイメージ》か)ほど視野狭窄を起こしているわけでなく、スポーツ以外の日常的な部分などにも丁寧に目を配っている。漫画で言えばひぐちアサの『おおきく振りかぶって』も同じ流れに属しているように見える。
 そして、本書が第一巻である『暴風ガールズファイト』シリーズも、それら先行作品に引けを取らない輝きを放っていると思うのだ。

 物語は、聖ヴェリタス女学院――幼稚園から高等部までを抱える女子校――の高等部入学式の朝からスタートする。一年生・麻生広海のクラスに現れて入学初日からいきなり騒動を起こした外部入学組の五十嵐千果。ラクロスの盛んなアメリカからの帰国子女である彼女は、ラクロス部に入って日本一になると公言。人数の少なさゆえにすでに同好会へ降格されていたラクロス部の現状に驚きつつも、再度の部昇格を目指してメンバー集めに奔走し出す。自ら「嵐を呼ぶ女」と自称する千果が発生させる強烈な嵐。それに呼び寄せられるように集う、学院内の変わり者やはぐれ者。身近にいた広海も、ラクロス自体に知識も興味も関心もなかったのに、いつしか巻き込まれていく。
 小さな体に破天荒なまでのバイタリティを秘めて突っ走る千果の印象がとにかく強いストーリーだが、語り手にして主人公の広海も実にいいキャラだ。そつのない優等生として毎年のように級長を務めているが、中学卒業間際のある出来事を機に、穏やかだが怠惰な学園生活に微妙な鬱屈を抱えていた彼女。そんな彼女が千果に振り回される中、新たな(あるいは本当の)自分をさらけ出し、次の一歩を踏み出せるようになっていく。情熱で突進する千果に対し、広海は知略(謀略)を担当して、好対照のコンビ。地の文における広海の鋭く的確な突っ込みの数々も、見逃せない作品の魅力となっている。
 他の登場人物も、負けず嫌いのお嬢様やオタクな関西人など、典型的だが類型的ではない多彩なキャラクター。わけても同好会に元々属していた上級生の大西と黒田はこの一巻で力を入れて描写され、マイナースポーツを愛してしまった切なさとか、目標と現実の落差への苦悩とか、空回りする優しさとか、様々なものが二人を通して描かれる。
 また、スポーツシーンの描写も見事。日本ではマイナーでルールを知っている読者も少ないラクロスの面白さを、素人の広海の視点から描くことで、わかりやすく的確に伝えている。

 ライトノベルを読まない読者の場合、レーベルやイラスト混じりの造本に偏見を抱いてしまう恐れもあるかもしれないが、そんなつまらない先入観は抜きに、ただ素直に読んでもらえればと思う。
 ライトノベルのスポーツ小説と言えば二〇〇六年末に全九巻で見事なフィナーレを迎えた海原零の『銀盤カレイドスコープ』が思い浮かぶ。そちらは文句のつけようもない完璧な締めくくりによって名作として完結したが、『暴風ガールズファイト』も同様に作者が納得の行く形で完結できるまで続いて欲しいと、切に、切に、願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラクロスをやろう、と思えるまで

2009/05/30 23:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お嬢様たちが通う聖ヴェリタス女学院に高校から入学してきた帰国子女、五十嵐千果。その嵐のごとき常識外の行動に翻弄されつつも、魅力を認めて集まってくる仲間たち。女子中高生による、日本一を目指すラクロス部の創部物語です。

 同好会に落ちぶれたラクロス部しかない学校に、何故かハイスキルの少女が入学して来て周りを巻き込みつつラクロス部を盛り上げていく、と言うありがちなストーリーなのだが、舞台を女子高にした効果か、ガチガチのスポ根ものよりも心理描写に重点が置かれている。みんな頑張りました、と言う以前に、これまではやらなかったのに何故これからは頑張れるのか、と言う様な、きっかけ部分を丁寧に描いているのだ。
 おかげでその分、創部までの道のりが長く、スポ根ものの中心にあるべきライバルとの対決の様な部分まで辿り着かないという欠点はあるかもしれないが、素直に応援したくなる物語ではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/14 16:57

投稿元:ブクログ

 出てくる人物の数は多いのに全然被っておらず個性が出ており、所々の小ネタや主人公である広海のツッコミ、語りもおもしろい。 
メンバーのラクロスにかける思いがひしひしと伝わり、さわやかな読後感だった。 
しかし、ラクロスを見たことない人にとっては、シュートの仕方などの動作がわかりにくい。会話文の密集地域など、どれが誰のセリフなのかわかりづらかったのも難点。 
だが、それでも物語にぐいぐい引き込まれる。青春小説としては秀逸。たったの2巻で終わるのが実にもったいない!

2011/02/07 13:06

投稿元:ブクログ

ラクロスー!!
なんか普通に文庫本やのにまんがを読んでる気分になるのはなぜだろう。
まぁそんな感じです。
タイトルのようにテンションの高い本です。
楽しく読みましょう。

1巻はメンバー集めがメイン。
マイナースポーツ万歳!
ラクロスを広めてゆこーぜぇ↑笑

2013/10/28 03:49

投稿元:ブクログ

既刊2冊。個性的なメンバーが揃ってゆく過程とお嬢様学校にあるまじき熱い試合がとても面白いです。
続巻が待たれますが、難しいようです。
宮前、カレンが良いね。

2010/10/30 10:37

投稿元:ブクログ

佐々原さん作品はいつも、打ち切りを警戒してか展開早め。でもキャラが立っててメンバーみんな愛おしいし、恋愛要素なしのスポ根でそれだけで楽しいからものすごい。主人公たちの内包する熱量が高すぎて、こっちまで温度が伝わってくる。

2012/11/24 17:10

投稿元:ブクログ

マリア様が見守る聖ヴェリタス女学院。高等部に進学した麻生広海は、親友との別れによる喪失感と何ら変わり映えのしない高校生活を前にすでに鬱屈していた。ところが!そんな広海の前に吹き荒れる五十嵐千果というちびっこい嵐!巻き込まれるがままなぜか高校ラクロス日本一を目指して立ち上がることに!…っつーかラクロスって何よ?ウチにそんな部あったっけ??汗と涙とド根性!空前絶後の美少女スポ根グラフィティ、待望の試合開始。

2011/06/26 10:47

投稿元:ブクログ

お嬢様学校に転入した帰国子女が、ラクロス部を結成する話。なかなかに熱かった。
絵師さんは、カラーより白黒の方が得意なのかな。

2011/03/06 10:40

投稿元:ブクログ

キリスト系女学院が舞台なため、百合と思わせつつ、実は真っ向勝負のスポ根ものだったり。
作品テーマとしてはマイナーなラクロスを扱い、登場人物も多彩かつ個性が抜群。

「このライトノベルがすごい!」では同じファミ通文庫でかつメディアミックス化された「学校の階段」や「狂乱家族日記」よりも上位に食い込んだ良作。
にも関わらず部数は捌けなかったのか2巻で打ち切り状態。

でも逆に考えて! 売れて無いのに上位だったんだ!
そりゃあ内容が面白わけだよね!
2巻止まりとはいえある程度切りの好い終わり方ですし、是非読んでみる事をオススメ。

いつか3感が出る事を祈って。

2011/09/15 00:06

投稿元:ブクログ

明るく元気なスポーツラノベ。 努力は大事、でもライバルだって頑張っているんだからおとぎ話のように何もかもは思い通りにはいかないことを教えてくれる。

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む