サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

楽しい昆虫料理
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: ビジネス社
  • サイズ:19cm/245,10p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8284-1440-9
  • 国内送料無料

紙の本

楽しい昆虫料理

著者 内山 昭一 (著)

和・洋・中からエスニック、デザートまで、究極のタンパク源・虫を使った昆虫料理レシピを紹介。代表的な昆虫食材を種類別に分け、調理法、入手のしかた、とれる季節、保存法などを簡...

もっと見る

楽しい昆虫料理

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

和・洋・中からエスニック、デザートまで、究極のタンパク源・虫を使った昆虫料理レシピを紹介。代表的な昆虫食材を種類別に分け、調理法、入手のしかた、とれる季節、保存法などを簡潔にまとめた「食材メモ」も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/06/27 12:40

投稿元:ブクログ

書店の料理本コーナーで野菜料理の本を探していて、なぜかたどり着いてしまった本。以前から昆虫食には興味があったけれど、ここまで実用的な本を見たのは初めてで、和食、洋風料理、中華、韓国料理、エスニックからスイーツまで載っていて至れり尽くせりの一冊だった。見ているだけで胸もお腹も一杯になった。個人的には子持ちカマキリの南蛮漬けがツボだった。

2009/11/22 07:13

投稿元:ブクログ

これは強烈。
基本的に昆虫類をどうやって美味しく食べるか、というテーマを真面目に扱っているのだが、どこかユーモラス。
レシピと一緒に添えてあるコメントが、なかなか秀逸でまじめに書いているようでいて、どことなく笑いを誘う。筆者とファーブル昆虫館の館長との対談も、何だか可笑しいのだが”昆虫食”というものの可能性について少し考えさせられる。
でも、あの虫の原型を留めたままの料理の数々...。さすがにあれを食べるのは無理だな。

2012/08/25 13:53

投稿元:ブクログ

飛んで火に入る夏の虫・・・
(虫嫌いの方、ごめんなさいっっ)

『昆虫食入門』を読もうかどうしようかとリサーチしていたら引っかかった本です。同じ著者です。
そのものずばりレシピ本です。巻頭にカラーで料理写真が延々と続きますので、虫嫌いの方は見かけても手に取らない方が無難かと思われます。
和洋中、デザートまで網羅した約80のレシピ収録。
揚げると脚の形が千変万化して楽しい、とか、虫入り蒸しパンをかわいくラッピングして、とか、すっとぼけつつ挑戦的な料理紹介のひと言が、なかなかの味わいです。
この他、食材の入手法、昆虫の栄養価が高いことを示す成分分析表、著者と奥本大三郎(日本昆虫協会会長・フランス文学者)の対談、国内外の昆虫食文化の紹介など、相当濃い~内容です。この部分はこの部分で勉強になるので、写真に目をつぶって文章部分だけ読むのもありかなと思います。

しみじみ熟読したのですが、何でかな、やっぱりどの写真を見ても「おいしそう~」とはならないんですよね。中には粉末状のものをクッキーやうどんに練り込んで、というのもあって、そういうのならまぁ食べられるかもなぁとは思うのですが。やはりこの外見がカベなのかなぁ・・・?

食は文化。食べ慣れていないから食べられないのであって、慣れれば食べられる、と著者は言います。これは大事なポイントだと思います。また、昆虫食の利点というのもいくつも挙げていて、曰く、栄養価が高い、昆虫を飼育する際に人間の食料と競合せずに育てられる、省スペースで飼育できる等。一つ一つごもっとも、なのですが、広がらないのはやはり、何か原因があるのではないかなぁ・・・?
思うに、ちょっとここに出てくる料理は、昆虫食に馴染みのない人がいきなり挑戦するにはハードル高いです。もう少し、脚を取るとか刻むとかすりつぶすとか、昆虫らしさを削いだところからいかないと無理じゃないかなぁ。意識下にすり込まれた「嫌悪感」を克服するのは相当大変だと思うのです。本書のは姿そのままみたいのが多く、それはそれで著者のポリシーなのかなぁとは思うのですが、ちょっと挑発的すぎて初心者にはキビしいと思います。

各昆虫の味に関する話は興味深く読みました。タガメはフルーティで、実際にアジアではよく食され、ソースの香り付け等にも使われているそうです。蟻は酸っぱいらしい(ギ酸のせい・・・?)。カブトムシの幼虫は腐葉土臭がしてまずいけれども、成虫はおいしいのだとか。餌による風味の違いは大きいようです。
有毒な虫をまとめた項もあり、著者が真摯に昆虫食と向き合っていることが感じられます。
巻末には食材としてお薦めの39の虫の紹介あり。
個人的にはこういった原材料の各論の方が興味が持てたかなと思います。

著者は長野出身だそうで、幼少時、祖父がカイコサナギを食べるのをよく見ていたそうです。米食だけでは不足しがちなタンパク源として、ごく自然に利用されてきたのでしょう。長野を初めとする内陸地域では古くから昆虫食が行われてきた歴史があり、カイコの繭から絹を取り、サナギの身は食物としていただくという、合理的な流れができて���たのだろうと思います。
イネの害虫であるイナゴをタンパク源として食べるというのも同様に合理的ですね。

自分は昆虫を食べられるか、読みながら相当真面目に考えました。結論は、回りが食べていれば食べられる気がする、という何ともヘタレなものだったのですが。
今まで食べる機会がなかったのですが、蜂の子とかイナゴとか、昔から食べられているものなら、食べられそうな気がするなぁ。
著者は定期的に試食会も行っているそうです。ちょっと遠いし、行く予定はないのですが、これに行くと決めることは、食べると決めるのと同義だなと思います(^^;)。


*えっと、図書館の開架図書を借りてきたのですが。
この本、分類番号が596なんですけど、これは「食品・料理」の番号なんですね。で、当然と言えば当然なのですが、料理本の棚にこの本があって、「わ、ほんとにここにあるよ」とちょっとオドロキました。2,3冊おいた隣に「昆布」の本があったりして、いやもう何が何だか(@_@)。今まで、ふつーの料理本だと思って手にとって魂消た人はいなかったのかなぁ・・・?

*うちの柴犬は、セミ大好きで、散歩時のおやつとなります(ムスメには「食べさせちゃダメ」と怒られるのですが(^^;))。世界には食べている地域もあり、やはり結構おいしい模様。

2012/09/28 17:01

投稿元:ブクログ

セミ寿司、タガメ素麺、コオロギカレー、ナメクジ、クモ…。食べ物に好き嫌いが無いのが自慢だったけど…無理っす!

2012/03/21 10:00

投稿元:ブクログ

食とは人の営みと深い関係にあるものでして、知るからには興味本位でのぞくだけではなくできるだけ理解したいものであります…とかそんな屁理屈のぶっ飛ぶような創意工夫の献立の嵐でございますwww著者の方の気合のほどは甚だしく、如何に昆虫を美しく、楽しく、そしておいしく調理するか、いえ、内容はほとんど、本当にレシピ本です。材料が昆虫という以外はww
さしものワタクシも最初のカラー写真には叫びましたがwしかしその著者の楽しい紹介の文章を読んでると不思議となんだかだんだん賞味してみたい、試してみたい気持ちになるのであります。え??ホント?ほんとにおいしいの??と。
イナゴはおいしいですけどねえ…ハチノコは食べてみたいと思いますけどねえ…そうか、ジョロウグモっておいしいのか…きになるがさすがにとってきて調理する度胸はまだ自分にはありませんがwwでも食虫の捉え方というものが代わると思います。コラムや対談もとっても面白い。

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む