サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ヴァンダル画廊街の奇跡

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴァンダル画廊街の奇跡(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/314p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868324-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ヴァンダル画廊街の奇跡 (電撃文庫)

著者 美奈川 護 (著)

人は誰もが、心の中に一枚の絵を持っている—。アート・テロリスト『破壊者』の目的とは!?第16回電撃小説大賞金賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】【電撃小説大賞...

もっと見る

ヴァンダル画廊街の奇跡 (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ヴァンダル画廊街の奇跡

616(税込)

ヴァンダル画廊街の奇跡

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人は誰もが、心の中に一枚の絵を持っている—。アート・テロリスト『破壊者』の目的とは!?第16回電撃小説大賞金賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞金賞(第16回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.3

評価内訳

世界を変える一枚の絵

2010/02/06 22:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 思想の多様化が対立を生み戦争を起こす。ゆえに争いの元となる思想を、そしてそれを表現する芸術を規制すべし。このような理念の下に世界政府が制定したプロパガンダ撤廃令により、過去の偉大な芸術家が生み出した音楽や絵画のほとんどが、人々の目に触れることは無くなった。
 そんな世界において、「芸術に、その自由を!」という言葉と共に、規制対象の絵画の模写を建物をキャンバスに描くアート・テロリストがいる。ヴァンダルと呼ばれる彼らは、誰の心にもある一枚の絵をひとつずつ世界に取り戻していく。

 世界中の各都市と、そこにある美術館に封印されている絵画、そしてそれを大切に思い生きている誰か、そこに秘められた物語をひも解きながら、とある目的を果たすために活動する少女とAI、半サイボーグの活躍を描く短編連作。
 一話一話がしっとりとした雰囲気のやさしい作品でありながら、その裏面では平和に潜む矛盾という命題を突きつけつつ、物語は進んでいく。絵を大切に思う気持ちが感じられる作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/11 16:35

投稿元:ブクログ

2010/03/11:最後は綺麗にまとまってましたが、全体的に掘り下げが少なく物足りなさの残る作品でした。

2010/03/16 06:45

投稿元:ブクログ

んー、まぁまぁ?おもしろいけど、ありがちな。さらっと読めるけど、あまり残らないような。悪くないけど、何か言いたい程ではない。
電撃小説大賞金賞。

2010/03/01 13:41

投稿元:ブクログ

いい話。あまりラノベっぽくない。頑張れば一般文芸でも通じそう。私には絶対書けない世界観の話。ノーモアベット!

2010/04/05 21:20

投稿元:ブクログ

あらすじにとても惹かれた。
内容的にはややこじんまりとまとまりすぎていたのと、オチにやや不満かも。

2010/05/07 20:38

投稿元:ブクログ

物語の特性上、さまざまな地域を知っているのかなと思わされる割には、少し内容が薄い気がします。薄いと言うより、どれもこれもが中途半端な感じがするというか………。
どこかでみたような、と思わされるのが残念でした。

2010/02/25 09:28

投稿元:ブクログ

第16回電撃小説大賞<金賞>の作品です。

20年?くらい前に絵が規制された世界で、建物の外壁などに規制されている絵を大きく描くという、世界に対する反抗をし、政府には<破壊者(ヴァンダル)>と呼ばれている主人公たち。しかし、民衆には歓迎されている。
このような世界観で主人公や政府、民衆の視点で物語が進んでいきます。「しにがみのバラッド。」のような構成です。

絵画が好きな方は、なお楽しめるのかな?と思います。

2011/04/23 23:09

投稿元:ブクログ

ただ絵を描くだけのアートテロリストというのは面白い。
心の中に誰でもひとつの絵を持っているだとか、
印象的な言い回しがあって素敵だった。
印象的なシーンは多いが、
ストーリーのオチが微妙な気がした。

続編ないと思ったら、続編があって驚いた。
ただ続きを読もうとは思わない。

2010/03/15 18:45

投稿元:ブクログ

こちらは第16回電撃小説大賞金賞受賞作です。思わず手に取り読んでみましたが、世界観が綺麗で、各章完結というスタイルも作品にあっている。また、取り扱っているのは有名な絵画であるが、各章のタイトルに絵画名、その裏にはその作品の詳細がかいてあり、絵画がわからない方でも大丈夫なようになっています。内容としてはキャラクターの魅力が今一つだった点が残念ですが、文章は大変良いのそれほどで気になりません。お勧めできる作品だと言えるでしょう。しかし、個人的な意見としては1巻完結だと思っていただけに続巻が出るとのことで少し残念です。続巻には期待ができないと言うのが正直な感想ですが、1巻完結として読むならこの作品は良い作品です。

2010/05/22 18:49

投稿元:ブクログ

第16回電撃小説大賞<金賞>受賞作。

世界的に知られている絵画を題材としているものの、その切り口は絵を知らない読者でも読みやすいように軽め。文学を題材としている「文学少女」とは、モチーフの取り方は似ていてもそれを作品に落とし込む部分ではかなり違うものとなっています。それはビジュアルによって表現される題材である点が影響しているのでしょうか。

他の印象としては、人物描写が粗く、その点について作品に入り込むのは難しいかなと。終盤の流れにしても、読む側に上手くイメージが溶け合っていかないなという感じです。

確かに出版に耐えうるレベルの作品ではありますが、今後シリーズとして読むのであれば全体的にもう少しレベルアップして欲しいところ。

2010/10/06 22:26

投稿元:ブクログ

良い意味でライトノベルらしく無い。
でも、光や色彩の描写のうまさと、優しい話がうまくマッチしてて良かった。

2010/10/28 06:53

投稿元:ブクログ

いくつかの章に分かれていて一章ごとの話の流れは基本的に同じなので、途中読んでいて飽きが来ました。絵画をテーマに置いているため読者に多少の知識が必要な点も人を選びそうです。
テーマとなる絵を知らなくても読めますが、面白さ半減どころじゃないのであらかじめネットなりで絵だけでも見た上で読んだ方がいいと思います。
絵画を規制対象として完全撤廃する、でも他の文化はそれなりに黙認という設定にいまいち理不尽感というか違和感を覚えます。まあこういった設定はリアル鬼ごっことか図書館戦争とかと同じで「それはそういうものとして読む」ことが出来るかどうかが問題なだけで、逆にそこに理屈なぞいらないのかも。いやあるに越したことはないと思うけど。

個人的には、イラストが可愛い系で微妙に作品にそぐわない気がする点が残念。

2010/12/11 14:06

投稿元:ブクログ

絵画が規制された世界で禁断となった過去の名画を街に描くアートテロリスト「ヴァンダル」を巡るお話。

そのライトノベルというより一般文芸作品的語彙使いもあいまって、なんというか、非常に精緻な、でも、静謐な絵画を見せられたような気になった。
悪くはない。でも……

このお話の主人公は少女エナだと思うのだけど、物語の語りは常に彼女でない第三者が主になっている。
その人達の思いが語られるのはまあいいとして、でも、最後まで、エナの心の奥底に直接切り込まなかったのは、もどかしく、それゆえ、なにかもの足らない。
なんというか、外からうかがっているようなもどかしさ、薄いベールを挟んで見ているような物足りなさを感じてしまった。

だから、ラストも感動的でありながら、でも直接的な感官に訴える力が弱くなってしまった様に思う。

少し評価の困る作品だ。

2012/10/14 22:16

投稿元:ブクログ

 人は誰もが、
 心に一枚の絵を持っている――。

 統一された政府により、様々な芸術が規制を受け始めた世界。しかし、そんな世界各地の壁面に封印されたはっずの名画が描き出される事件が起きる。
 『Der Kunst Iher Freiheit!(芸術に、その自由を!)』
 絵とともにそう書き残していく〈アーティスト・テロリスト〉を、人々は敬意を込めて「破壊者(ヴァンダル)」と呼んだ。
 政府を敵に回すという危険まで冒してまで彼らが絵を描く理由とはそして真の目的とは――?

2013/09/17 19:26

投稿元:ブクログ

美奈川護のデビュー作。

メディアワークス文庫に移籍したのはやっぱ正解だったなあと、いや悪いとは云わん(終章はベタだけどけっこう来るものが)がやはり設定に無理がありすぎると思うの。

ちなみにサイボーグと少女とカジノの話はさすがにやり過ぎだろと思ったんだがマルドゥーク・コーポレーションなあたりもしかしてオマージュだったりするん?

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む