サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

くあっどぴゅあ(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.6
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-726609-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)

著者 木本 雅彦 (著)

理系学園都市、鳴間洲市の高校に入学した俺は高校デビューを目論んでいた。ロボット競技「サイドキック」に挫折して自棄になっていたんだ。そんな時、ひょんなことから変わり者の美少...

もっと見る

くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

理系学園都市、鳴間洲市の高校に入学した俺は高校デビューを目論んでいた。ロボット競技「サイドキック」に挫折して自棄になっていたんだ。そんな時、ひょんなことから変わり者の美少女、静華と勝負することに。「勝てばチームメイトに。負ければ童貞を奪われる」って、どんだけ俺得!?しかしこの対戦を機に俺は情熱を取り戻し、何とか集めた性格も専攻も不整合な4人チームでNo.1を目指す日々が始まった!ピュアでディープな青春理系ノベル、起動。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

不器用な生き方

2010/07/13 18:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 全国から優秀な学生を集めた学園都市の高校に入学した鮎見勇は、中学時代にサイドキックというロボット競技の大会で敗北し、心機一転、高校デビューを目指す。しかし、その高校で出会った知能科学の天才桐生静華と賭けをすることになり、結果として、サイドキックのチームを結成することになる。
 ある大会で優秀な技術を見せつけられたメカニックの平賀寿を仲間に引き入れ、マネージャー役の関谷雪音と共に大会を目指すことになるのだが、それぞれが個性的で方向性が違うメンバーはなかなか息が合わず、チームワークなど夢のまた夢の状態だ。果たして彼らは一つになれるのか。

 1位を目指して努力したけれど4位にしかなれず、普通の人が努力しても天才には届かない、という負け犬根性に染まった勇が、静華に発破をかけられてもう一度、1位を目指そうと立ち上がるのだが、色々と気を散らす要因がありすぎて、まっすぐ立ちあがることができなかったりする。…なんか心に突き刺さるものがあって、泣けそう。
 ロボット競技ものだけれど、作り上げるまでの過程を描くことがメインになっているので、大会自体は比較的あっさりしたもの。男女4人集まれば恋愛物語が生まれるものだけれど、これまでの内容から想像がつくように、こちらもシンプルな結論は生まれない。

 ロボットでも恋でも迷走し、必ずしもハッピーな展開ではないけれど、普通の人の上を目指す努力が天才を捕まえることが出来るか、切なる想いを感じつつ、楽しみではある。
 でも、せめて物語でくらいは都合のよい展開を見たいとも思うなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/09 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む