サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

無縁旅人
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/27
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390038-4
  • 国内送料無料

紙の本

無縁旅人

著者 香納 諒一 (著)

16歳の少女はなぜ死んだのか?家族や地域の絆を失った“無縁社会”で若者たちが抱える孤独と痛みを描く警察小説。【「BOOK」データベースの商品解説】16歳の少女はなぜ死んだ...

もっと見る

無縁旅人

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

16歳の少女はなぜ死んだのか?家族や地域の絆を失った“無縁社会”で若者たちが抱える孤独と痛みを描く警察小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

16歳の少女はなぜ死んだのか? 家族や地域の絆を失った“無縁社会”で若者たちが抱える孤独と痛みとは…。「贄の夜会」の警視庁捜査一課・大河内班の刑事たちが事件の解決に挑む警察小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

香納 諒一

略歴
〈香納諒一〉1963年神奈川県生まれ。「ハミングで二番まで」で第13回小説推理新人賞、「幻の女」で第52回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に「幸」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/17 15:48

投稿元:ブクログ

16歳の少女はなぜ他人の家で死んだのか?。人と人との関係が希薄になった無縁社会がテーマの骨太ミステリは読み応えたっぷり。ただ、事件の真相に迫る刑事が、理詰めではなくひらめきに頼っている点には違和感を覚えました。

2014/06/29 10:58

投稿元:ブクログ

16歳の少女が男の部屋で殺されていた。男はそも娘が誰だか知らないという。彼女と殺人者探しがはじまる。

2014/06/21 16:13

投稿元:ブクログ

 香納諒一という人が書こうとしているのは、いつも常に人間であるように思う。初期作品の登場人物はストーリーは荒っぽいながらも、舞台設定と男対男の駆け引きの中で忘れ難く魅力的な人物を作り出すところがこの作家の最大の魅力であった。

 最近はというと、少しばかりキャラクターたちから個性という部分が少し色落ちしているように思われる。本書は『贄の夜会』のシリーズということで、またサイコ・スリラーかなと思ったので、その意味では当てが外れた。刑事のシリーズというと二作目三作目は必ずしも一作目を引きずらないというものが多いように思われるが、この作者のKSPシリーズなどは、完全にキャラも分署も街も個性に溢れた魅力的なシリーズであるから、人情系はどちら、サイコ系はどちらと住み分けしてゆくのかな、と勝手な予想が先走った。

 その意味ではこちらの作品はシリーズでなくてもいいのかな、というほど警察側の個性が目立たない。その分、事件の殺伐さの中に世界が囚われてしまったイメージで、ぼくはこの一冊を読み続けることになった。

 ネットカフェで寝泊りする孤独な少女が、見知らぬ男の部屋で孤独に死んだ。彼女は消えた弟の生存を信じて行方を追っていたらしい節がある。シンプルなメインストーリーはそれだけである。しかしそこにいくつもの雑音のような事件が同時に生まれ、事件をわかりにくくする。まるで刑事たちを牽制するかのように、違った種類の悪党たちが、彼らを血も涙も無き犯罪で呼び寄せる。まるで、ブラックホールのような吸引力を持った欲望と絶望にまみれてゆく都市居住者たちの、業に彩られたモザイク模様みたいに。

 ネットカフェ難民を救おうというNPO法人、欲にまみれた企業家たち、金の匂いがすれば暴力を厭わない悪鬼のような若者たち、金の匂いを追い求めるプロフェッショナルたち。そんな呪いのトーテムポールのような欲望の森を、一人の少女が歩いてゆく。その眼には消えた弟の後ろ姿が。

 主軸の物語を、牽制する物語が消してしまっているあたりがどうももったいない。もしかしたら一刑事と少女をもっと強く結びつける運命の糸の描写で一貫させたほうが、悲しみはより悲しく、世界にぽっかり空いた穴の大きさもどす黒さも明確に心に伝わってたかもしれない。最近テクニックで書くようになったベテラン作家には、敢えて無骨なキャラクター造形への回帰を望みたい。そこがこの作家のキモである、と信じているぼくとしては、多分ずっと永遠に。

2014/09/06 01:20

投稿元:ブクログ

「贄の夜会」の大河内刑事が再登場。とは言うものの、ほとんど前作に触れることはなく、充分、単独で読める。むしろ、続編として期待して読むと肩透かしを喰らうかも。
今作は前作のようなサイコ感やハードボイルド感はほとんどないが、ネットカフェ難民の実態を絡め、骨太な社会派ミステリとして興味深く読めた。事件の初端は至って地味だけれど、スルスルとページを捲らせる文章力はさすが。最後の二転三転も、本当の真相を知りたくて、捲る手が止まらなかった。ハードボイルド感たっぷりの警察小説も良いけど、こういうのも好き。

2014/11/25 23:38

投稿元:ブクログ

16歳の少女はなぜ死んだのか?
家族や地域の絆を失った無縁社会で若者たちが抱える孤独と痛みを描く警察小説

2014/05/22 15:25

投稿元:ブクログ

全体的には悲しい話。そんな結末だったとは。
辻原はボランティアに勤しむくらいだから
優しいんだろうな。悪い人ではないんだけれど、
そんないい人さがウソっぽく胡散臭く感じられて・・・
そんな風に見るなんて、私もひねくれてるなぁ。

岩崎母、息子を愛してるというより自分の
思うとおりにさせたいという感じ。
いつまでも子供扱いなんだね。
子離れが出来ていない母って、何だか痛々しいなぁ。
私も気を付けよっと。

2014/07/08 21:52

投稿元:ブクログ

「無縁社会」をテーマにした推理ものです。

それなりに面白くはあるけれど、最初の段階で、大方読めてしまう。
それでもどこに着地点を持って来るのかを楽しみにして読み進めたけれど、まあ、可もなく不可もなし、って感じでした。ザンネン。

2014/08/22 09:31

投稿元:ブクログ

無縁社会という最近の言葉。旅人というずっと前からある言葉をタイトルにかけ合せた。前半の読み応えに比べ、後半の展開がもたついたので☆は3つ。

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

【家族や地域の絆を失った無縁社会に警鐘を鳴らす問題作】養護施設から逃げ出した十六歳の少女・舞子は、なぜ死なねばならなかったのか? 若者たちが抱える孤独と痛みを描く警察小説の白眉。

2015/03/03 09:28

投稿元:ブクログ

3月-1。3.5点。
贄の夜会の刑事、再び。ていうかシリーズだったのか。
メンバーが同じだけで、関連は無い。
ネットカフェ難民の少女が、ある男の部屋で変死。
男は部屋を貸しただけという。
寂しい話。最後に話が二転三転、結構面白い。
重いテーマの話。

2017/04/19 09:29

投稿元:ブクログ

捜査一課シリーズ2作目。
16歳の少女が遺体で発見された。
彼女が発見されたのは、ネットで知り合ったさほど親しくもない男の部屋だった。
部屋主は少女から逃げるように部屋を出て、着替えを取りに戻る以外は部屋に近づいてもいなかったという。
大河内刑事たちは、施設を逃げ出してからの少女の足取りを追う。

「ネット難民」。
この言葉を初めて聞いたのはどれくらい前だろう。
帰る場所もなく、頼れる人もいない。
億をこえる人間が日本には住んでいるのに、舞子はひとりぼっちだった。
だからこそ、細い糸のようにか細く頼りないものにでもすがりつこうとした。
弱さと強さ。
孤独な魂は強く生きようとしていた・・・。
ただ、寄る辺ない少女は優しくあたたかいものを身近に感じていたかった。
人は誰でも自分が大切だ。
傷つけられまいと、自分自身を守ろうとする。
やがて自分よりも大切な存在が出来ることもある。
そんな存在に出会えることはきっと幸せなことなのだろう。
どこまでいっても、自分だけが大事で、自分を傷つける者は許せなくて、悪いのはいつも自分ではない他の誰か。
自分の思い通りにならなければ満足しない。
周囲のすべてが、自分が思い描くように動かなければ気がすまない。
なんて可哀想な人なんだろう。
本当の幸せに気づくこともなく、一生を終えていくなんて哀れだ。

たった16年で終わってしまった少女の人生。
彼女は何のために生まれ、何のために生きてきたのか。
唯一の光だった者は無情にも命を落とし、少女自身も理不尽に命を奪われていた。
痛いほどに哀しい人たちが織りなす物語。
社会に切り捨てられた人たちの物語である。