サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

3年7組食物調理科
3年7組食物調理科 3年7組食物調理科

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/28
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217876-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

3年7組食物調理科

著者 須藤 靖貴 (著)

怒るとコワイ小梅先生と、調理に明け暮れる毎日を過ごす高校生30人の、熱くて美味しくてほろ苦いクッキング・ストーリー。高校生の青春小説!【「BOOK」データベースの商品解説...

もっと見る

3年7組食物調理科

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

3年7組食物調理科

1,134(税込)

3年7組食物調理科

ポイント :10pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

怒るとコワイ小梅先生と、調理に明け暮れる毎日を過ごす高校生30人の、熱くて美味しくてほろ苦いクッキング・ストーリー。高校生の青春小説!【「BOOK」データベースの商品解説】

県立新居山総合技術高校食物調理科、通称「ショクチョウ」。3年7組の30人は料理の道を志している。怒るとコワイ小梅先生と、調理に明け暮れる毎日を過ごす高校生たちの、熱くて美味しくてほろ苦いクッキング・ストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

県立新居山総合技術高校の食物調理科では、料理人のたまごたちが、料理に明け暮れる毎日を過ごしている。3年7組の米崎恵志は、身長152センチの小柄な男子。でも負けん気は人一倍だ。
3年の秋を迎えた恵志たち。集団調理で先生方にお弁当を食べてもらう「営業」が目前だ。当日の朝、恵志がいる6班は、食材の発注数を間違えていることに気づき、真っ青に。あせって担任の小梅先生に打ち明けるが、思いもよらないポイントで怒られてしまう。
散々だった営業を終え、次のイベントに向けて気合いを入れる恵志たちのもとに、小梅先生入院の知らせが入る――。【商品解説】

著者紹介

須藤 靖貴

略歴
〈須藤靖貴〉1964年生まれ。東京都出身。駒澤大学文学部卒業。スポーツ誌の編集者などを経て、小説新潮長篇新人賞を受賞し作家デビュー。著書に「俺はどしゃぶり」「セコンドアウト」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

題材は悪くないが、描き方が物足りない。

2015/09/14 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

食物調理を学ぶ専門学校の高校生をテーマに描いている。かなり軽い雰囲気の話。もう少し本格的かと思っていたので残念。主人公が、一人前のこともできないくせにえらそうな語り口で話を運ぶのも、読んでいてあまり快くなかった。
ただ、授業で生徒がアイディアを出し合いながら料理に取り組む場面にはなかなか楽しい部分もあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/20 17:11

投稿元:ブクログ

読み始める前から、わくわくしており、結局一気読み。
でも期待が大きかった分、残念かな。
尻つぼみの印象がぬぐえない。

2016/11/10 10:09

投稿元:ブクログ

卒業すると調理師の免許が取れる高校の食物調理科の3年生の1年間。通称ショクチョウは30名中男子は9名、でも1クラスなので3年間同じメンバー。厳しい先生のもと、卒業に向かっていくショクチョウメンバーを描く。

高校で既に自分達の将来を具体的に考えている高校生たちの姿は、なかなか清々しい。
思っていた以上に良かった。

2016/06/11 15:33

投稿元:ブクログ

【2016/06/11読了】
いつでも100点満点を取ること。
もっともっとうまくできるとねばること。
食べる人の気持ちを大事にすること。
オリジナリティを追求すること。
それを心がけるのがショクチョウのプライド。

高校の食物調理科を舞台に展開される物語。
担任の小梅先生から放たれる言葉は、大人の胸にも突き刺さる。もっともっとうまくできる、と粘れているだろうか。
途中、すでに働いている先輩が出てきて、怒られることの貴重さを語る場面がある。プロの世界じゃ怒ってはもらえない。言われるうちが華、というのは本当だと思う。

ふりがなが多々振ってあり、最初は丁寧だと思ったが、ふりがながを必要とする年齢の人たちにぜひ読んでもらいたいと感じた。

2015/04/05 20:26

投稿元:ブクログ

調理師免許が取れ、飲食業界に就職することになる食物調理科の高校生の群像劇、という程書き込んであるわけではなく、主人公の少年とその周りの数人を描いただけだし、起こる事件もさほど深刻でないためさらっと読める。
どぎついところもなく、みんないい子なので、鬱屈した子にはつまらないし、よく読める子にも物足りない。
あまり賢くないけれど素直な、年齢よりちょっと幼い子にオススメ。
大人にはつまらない。

2014/11/05 14:43

投稿元:ブクログ

高校卒業と同時に調理師免許が取得できる高校の食物調理科、通称ショクチョウ生30人の生徒たちの奮闘。

学内で500円で販売するお弁当作り、
担任の小梅先生のお見舞いにみんなで考えた梅レシピ。
保護者試食会に卒展。

めまぐるしい毎日を生き生きと、怒られたり失敗も反省も多いけれど、料理人になるためにはそれも必要な過程であって、常に頭の中は料理のことでいっぱいな青春。

そういう学校って実在するんだね〜。
あんまり文章的には魅力ないけど。。。
なんか登場人物がまっすぐすぎて不自然だけど。。。
卒展の麻婆豆腐が食べたくなった〜)^o^(

2014/10/29 11:09

投稿元:ブクログ

県立新居山総合技術高校の食物調理科に通う米崎恵志。ショクチョウと呼ばれるこの科には30名の生徒が在籍。料理人の卵たちです。このクラスにはルールが一つあります。それは何を決めるにも30対0にすること。つまり、全員の意見が一致するまでとことん話し合うのです。食に対する熱い気持ちは皆同じ。無事に卒業して調理師免許は取れるのでしょうか?

2015/11/22 17:41

投稿元:ブクログ

県立新居山総合技術高校の食物調理科では、料理人のたまごたちが、料理に明け暮れる毎日を過ごしている。
3年7組の米崎恵志は、身長152センチの小柄な男子。
でも負けん気は人一倍だ。
3年の秋を迎えた恵志たち。
集団調理で先生方にお弁当を食べてもらう「営業」が目前だ。
当日の朝、恵志がいる6班は、食材の発注数を間違えていることに気づき、真っ青に。
あせって担任の小梅先生に打ち明けるが、思いもよらないポイントで怒られてしまう。
散々だった営業を終え、次のイベントに向けて気合いを入れる恵志たちのもとに、小梅先生入院の知らせが入る――。

2014/12/06 15:56

投稿元:ブクログ

そんなにひかれたわけではないけど、読んでみたらとてもよかった。これは、いい。でも、薦められる人いるかなぁ…。

2014/09/07 19:35

投稿元:ブクログ

2014/9/7
高校を卒業すれば、調理師の免許がもらえる食物調理科の調理師の卵のはなし。

多数決は30-0でないと、次に進まない。みんなが納得して進んでいくことって難しい。
この0は、妥協は一切ない。すごいことだと思う。

小梅先生愛の叱咤をされながら、食の深さ、仲間の大切さ、プロとしての意識をけいしたちは教わる。

社会人になっても、ここを卒業したひとたちは、このことがおおきなおおきな糧となっていくこと間違いない。

2015/01/03 15:19

投稿元:ブクログ

軽い青春という感じだけど、登場人物達の料理にかける熱い思いが伝わってきてとてもよい。料理を仕事にしたい若者にとてもおすすめ。

2014/12/04 15:12

投稿元:ブクログ

食を通じて、単に技術や知識を学ぶだけでなく常に相手の気持ちを考えながら、自分で考え工夫し、責任を取ることの大切さ、そして責任を持って働くことのきびしさを成長していく高校生の姿を通して教えてくれる本です。読み終わったら、料理がしてみたくなるかも
【加古川ウェルネスパーク図書館】