サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

半自叙伝
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/19
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02257-4
  • 国内送料無料

紙の本

半自叙伝

著者 古井 由吉 (著)

時代になにを読み、自身の創作をどう深めてきたのか老年と幼年、魂の往復から滲む深遠なる思索。現代日本最高峰の作家が語る、その半生。【「BOOK」データベースの商品解説】現代...

もっと見る

半自叙伝

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時代になにを読み、自身の創作をどう深めてきたのか老年と幼年、魂の往復から滲む深遠なる思索。現代日本最高峰の作家が語る、その半生。【「BOOK」データベースの商品解説】

現代日本最高峰の作家は、時代になにを読み、自身の創作をどう深めてきたのか。戦災下の幼年時からの半生を語った、古井由吉の自伝。創作ノートも収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

古井 由吉

略歴
〈古井由吉〉1937年東京都生まれ。「杳子」で第64回芥川龍之介賞、「槿」で19回谷崎潤一郎賞、「仮往生伝試文」で第41回読売文学賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2014/05/17 21:06

投稿元:ブクログ

前半の「半自叙伝」は「自撰作品」の月報、後半の「創作ノート」は「古井由吉作品」の巻末に書かれたもの。
「自撰作品」を読まずに帰ってきてしまった。地元の図書館にはナイ…ちなみに安部公房全集もナイ。嗚呼。

2014/04/01 00:33

投稿元:ブクログ

古井由吉のあの身体感覚を細密に言語化した文章はどこから出てくるのだろうと、『沓子』以来、気になっていた。それは、作者自身登山を好み、よく体を動かすからだろうと踏んでいたが、本書を読んでまた、頸椎や眼など体をよく壊したからだろうとも気づいた。じっと、一所に無理から留まることで見えて来ることがある。
幼い頃に空襲から逃げ惑った記憶と、後年の入院。この、いわば動と静の、両極端の経験を、時を隔てているとはいえひとりの人間がすることには、どこか狂気を招き寄せるようなところがある。しかしこの経験は、作者のみならず多くの同年代の人々がしているはず。長命であるはずの身内が次から次へと亡くなってゆくうちに、ひょっとして作者は、自分ひとりは何とか死に傾くところを堪えて、死者を代弁せねばという使命感すら感じはじめたのではないか。

2017/04/05 17:36

投稿元:ブクログ

古井氏のそのものずばりの自叙伝.半は要らないのでは?その時々の世相と共に作品の成り立ちや病気のことや家族との何やかやが,スッキリした簡潔な文章で述べられていて,その時々の感じたことどもも含めてしみじみとさせられました.

2014/05/21 19:58

投稿元:ブクログ

古井由吉さんについては競馬のエッセーと「円陣を組む女たち」という短編集、「楽天記」という長編を買って読んだぐらいです。

ドイツ語の先生から作家へ転身したとありずいぶん高尚な人なのだろうと思って作品を読むときは余計に身構えていました。この本を読んで古井由吉さんの作品をもっと気軽に読めるようになったと思います。それだけでも収穫になりましたね。(にゃ)

2016/09/07 16:22

投稿元:ブクログ

古井由吉氏「半自叙伝」、2014.3発行です。半自叙伝と創作ノートから成ってます。半自叙伝は先日読んだ「人生の色気」(2009.11)とほぼ重なっています。著者のこの本の重点は後者に置かれたものと思います。著者の創作に関する日記、思い出が縷々記されてますが、私の心にはあまり響かなかったです。相性がよくない作家さんだと感じます。これでお別れにしたいと思います。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む