サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 認知行動療法とブリーフセラピーの接点

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

認知行動療法とブリーフセラピーの接点
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2014/04/07
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:21cm/237p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-535-98392-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

認知行動療法とブリーフセラピーの接点

著者 津川 秀夫 (編著),大野 裕史 (編著)

認知行動療法とブリーフセラピーそれぞれの基本姿勢を踏まえながら、両者の共通点や相違点を概観。さらに、認知行動療法2事例とブリーフセラピー3事例を紹介し、各事例に対する実践...

もっと見る

認知行動療法とブリーフセラピーの接点

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

認知行動療法とブリーフセラピーそれぞれの基本姿勢を踏まえながら、両者の共通点や相違点を概観。さらに、認知行動療法2事例とブリーフセラピー3事例を紹介し、各事例に対する実践家同士のコメントのやりとりを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • Ⅰ 理論
    • 1.CBTのものの見方
    • 2.ブリーフセラピーのものの見方
    • 3.ブリーフセラピーのエビデンス
    • 4.CBTとブリーフセラピーの類似点・相違点
  • Ⅱ CBTとブリーフセラピーの接点
    • 1.「セラピーに大切なことの多くはブリーフから学んだ」つもりのCBTセラピスト
    • 2.ブリーフはスキナリアンにもフィットする
    • 3.ずるいほどに催眠的ACT
    • 4.ブリーフ的CBTまたはCBT的ブリーフ

著者紹介

津川 秀夫

略歴
吉備国際大学心理学部心理学科准教授。臨床心理士。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/22 09:34

投稿元:ブクログ

フロイトを称するに、最後の合理主義者と
いうのがあるが、最後どころか、科学と経済がますます先鋭化させた合理主義の象徴のようなアメリカ的心理学はパワーを増す一方に見える。
森先生がおっしゃるように、現場ではブリーフしかないんだ、というのは真理ではなくても実感である。というところがちょっと怖いし寂しいような気がするが、こんなやぼ天を唱えている自分こそ、近代の化石的存在に過ぎないのかもしれない。

2015/03/04 20:28

投稿元:ブクログ

図書館へいった際に心理棚にて発見。
大学のときに、ブリーフセラピーと認知行動療法の勉強したなーと思い、懐かしくなって借りる。

年度始めくらいに出された本なんですね。先生。なんとこんな形で再会するとは全く思いもよりませんでしたよ。
しかも二人も共著で存じ上げている先生いるし(笑)

アクセプタンス&コミットメント、気になってはいたけども、あれだけ専門用語をバリバリに出しているとちょっと抵抗があるなー
事例を読んだだけでは、十分理解出来なかった。

自分のベースにあるのはブリーフセラピーの中でも特にソリューションと、第2次世代の認知行動療法で、分析系とはちょっと違うんだなーと思った。
いや、好きだけど、よくわからないというのが正確。

でも、ベースになるものもよくわからないままに使ってる部分もあるなーと反省。どっちも好きだけど、役立つのなら何でもいいんでないかなというのが持論なので、もう少し理論によせた面接をしてもいいかなーと思いました。

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む