サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

女の日時計(講談社文庫)
女の日時計(講談社文庫) 女の日時計(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277805-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

女の日時計 (講談社文庫)

著者 田辺 聖子 (著)

裕福な夙川の造り酒屋に嫁ぎ、穏やかで優しい夫と何不自由ない新婚生活を送る沙美子。気難しい姑と、我が侭な義理の妹との日々は、窮屈ではあったが、充実しているはずだった。あの青...

もっと見る

女の日時計 (講談社文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

裕福な夙川の造り酒屋に嫁ぎ、穏やかで優しい夫と何不自由ない新婚生活を送る沙美子。気難しい姑と、我が侭な義理の妹との日々は、窮屈ではあったが、充実しているはずだった。あの青年が現れるまでは―。きらびやかな筆致で綴られた、狂おしいほどの秘めたる恋の行方。田辺文学の最高峰が鮮やかに復刊。【「BOOK」データベースの商品解説】

裕福な夙川の造り酒屋に嫁ぎ、穏やかで優しい夫と何不自由ない新婚生活を送る沙美子。気難しい姑と、我が侭な義理の妹との日々は、窮屈ではあったが、充実しているはずだった。あの青年が現れるまでは−。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/02 23:44

投稿元:ブクログ

私もこの状況だったらこの選択するだろうな。と思った。存在の耐えられない軽さ、なんだけど、重みがあるほど地に足のついた幸せを感じる、って。

2014/06/26 14:15

投稿元:ブクログ

いいところの奥さまが、少し物足りない思いをしているところ現れた、義妹の見合い相手。
いろいろあったものの、踏み出せない・・・そんなところが現実っぽい。

2016/05/01 15:15

投稿元:ブクログ

白砂青松の酒造りの街。
六甲山から流れる清水の夙川河畔に咲く桜。夙川舞花と呼ばれるこの桜、今年も変わらず咲いています。

作り酒蔵の若夫人、沙美子を取囲む姑、小姑、女友だち。

女女女女女…

女だからこそ持つ母性、嫉妬や羨望で溢れる現実。

傷つき悩みながらも、日々適度な温度に保たれているので、美しく上等となり一年もの時間をかけ本物となっていく。

男は本物の酒を求めるように
女は本物の愛を求める。

そして今年の春もこの女たちは、淡いピンクに頬を染めながらもまた白い頬に白粉のせて、来年の愛を求めていくのでしょう、夙川舞花のように……


どんなにほかのことで苦労があるにせよ、女の幸福も不幸も男という大きな翼の下ではぐくまれるか否かだけにかかっている。

うんうん。

読み終えて、私はこの物語に登場する女性の誰でも共感してしまう… 昭和44年~の作品というのに。

結論は愛!

本来なら昼ドラ的にどろどろしそうな話さえも四季折々の自然や関西ならではの表現を取り入れながら書かれる聖子さんはやっぱり好きだなぁー。