サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒロシマ 増補版 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/30
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:20cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-588-31630-2
  • 国内送料無料

紙の本

ヒロシマ 増補版 新装版

著者 ジョン・ハーシー (著),石川 欣一 (訳),谷本 清 (訳),明田川 融 (訳)

1946年の取材による6人の被爆者の体験と見聞、さらに、1985年の再訪により著した原爆症との闘い、市民としての生活・仕事・活動。「その瞬間」を負って生きた体験者たちの軌...

もっと見る

ヒロシマ 増補版 新装版

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1946年の取材による6人の被爆者の体験と見聞、さらに、1985年の再訪により著した原爆症との闘い、市民としての生活・仕事・活動。「その瞬間」を負って生きた体験者たちの軌跡を記した原爆被害記録。【「TRC MARC」の商品解説】

「20世紀アメリカ・ジャーナリズムの業績トップ100」の第1位に選ばれた、ピュリッツァ賞作家ハーシーによる史上初の原爆被害記録。1946年の取材による1~4章は、6人の被爆者の体験と見聞をリアルに描いて世界に原爆の惨禍を知らしめ、原水爆禁止・核廃絶の運動に影響を及ぼした。85年の再訪で成った5章「ヒロシマ その後」では、原爆症との闘い、市民としての生活・仕事・活動など、稀有な体験者たちの戦後史をヒューマンな筆致で跡づける。【商品解説】

目次

  • 1 音なき閃光(せんこう)
  • 2 火災
  • 3 詳細は目下調査中
  • 4 黍(きび)と夏白菊
  • 5 ヒロシマ その後
  •  1 中村初代

著者紹介

ジョン・ハーシー

略歴
〈ジョン・ハーシー〉1914〜93年。中国生まれ。ジャーナリスト。イェール大学で20年間教鞭をとり、その後、アメリカ著作家連盟会長、アメリカ芸術文学学校校長を歴任。ピュリッツァ賞、谷本清平和賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

米国人記者によるヒロシマの記録

ジュンク堂書店那覇店さん

共訳者(先のお二方は故人)に、1963年生まれの明田川さんを加えての増補版です。
ジョン・ハーシーは米国人ジャーナリスト。
本書はヒロシマの生存者6人を追い、「そのとき」「それから」を同時進行で描くルポルタージュ作品です。
被爆者本人ではなく、米国人記者から見たヒロシマ・原爆。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ヒロシマ

2015/09/30 18:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.s - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後70年。原爆がヒロシマに落とされてから、ヒロシマは変わった。
ヒロシマと原爆、そして平和。これは永遠のテーマであり、切実な世界への願いである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/14 21:55

投稿元:ブクログ

 この時期には、毎年一冊は戦争関係の本を読もうと心がけています。本書はピュリッツァ賞作家ジョン・ハーシー氏による史上初の原爆被害記録だということで手に取ってみました。原爆投下から間もないころ1946年の取材による本編は、本書の訳者である谷本清牧師を含む6名の被爆体験が描かれています。
 ここに描かれている惨状にも関わらず、今なお核兵器廃絶への前途は遼遠です。今を生きる人間の使命として、「ヒロシマ」「ナガサキ」の記憶は伝えられ続けなくてはなりません。自らその直接の体験がなくてもです。その第一歩として、まずは広島平和記念資料館(原爆資料館)(http://www.pcf.city.hiroshima.jp/)を訪れ、そこに残された写真・生活道具・石・・・、なんでもいいのでそれらの前に立ち止まってしっかりそれらと対峙して欲しいと思います。
 今年歴史的な出来事がありました。10分でも訪れたという意味はとても大きい、でもそこに残されたもののメッセージを受けとめるには10分はあまりに短過ぎます。

2016/07/31 22:36

投稿元:ブクログ

被爆者の「実相」に迫ることができる一冊。
本書は投下された原子爆弾の破壊力であったり、人体に与えた影響はもとより、被爆者たちが歩んだ戦後の人生を刻銘に記すことで、原子爆弾が人の人生に与えた影響を、非人道的兵器であることの証明を示してくれている。

8月6日が来るたびに世界は前進しているのか、後退しているのかを考えてみる。今年の8月6日はどうなんだろうか。

2014/05/14 13:06

投稿元:ブクログ

「20世紀アメリカ・ジャーナリズムの業績トップ100」の第1位

法政大学出版局のPR
http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-31630-2.html

戦争体験記 ランキング

戦争体験記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む