サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

市民のための世界史
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 取扱開始日:2014/04/26
  • 出版社: 大阪大学出版会
  • サイズ:21cm/311p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-87259-469-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

市民のための世界史

著者 大阪大学歴史教育研究会 (編)

単なる高校の補習ではなく、大学レベルの大づかみな世界史理解を追求する大阪大学教養課程の「世界史」テキスト。理解のしかたやそのための理論などをコラムで解説し、補足説明や用語...

もっと見る

市民のための世界史

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

単なる高校の補習ではなく、大学レベルの大づかみな世界史理解を追求する大阪大学教養課程の「世界史」テキスト。理解のしかたやそのための理論などをコラムで解説し、補足説明や用語・概念については脚注を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 序章 なぜ世界史を学ぶのか
    • 1.21世紀の世界で歴史を学ぶ意味
    • 2.世界史の入り口で
  • 第1章 古代文明・古代帝国と地域世界の形成
    • 1.文明の誕生と国家の出現
    • 2.遠距離の移動と交流
    • 3.諸地域世界の成立と古代帝国の栄華
    • 4.古代帝国の解体と紀元後3〜5世紀のユーラシア動乱
  • 第2章 地域世界の再編
    • 1.中央ユーラシアの発展と東アジアの再編

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

阪大の挑戦

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

 必修だから…受験のため…こうした理由で世界史を学ぶと、どうしても大量の年号や用語を「覚える」歴史になりがちである。そして、大学で歴史学を専攻でもしなければ、大半の人は歴史の勉強とは「覚える」ことだと思ったまま社会に出て行くことになる。これでは「過去の出来事を覚えて何の意味があるの?」といわれても仕方がない現実がある。大阪大学歴史教育研究会(歴教研)は、こうした状況を重く見、歴史教育のあり方を再考し、様々な意欲的な取り組みを行っている。大学教養課程の教科書として構想・執筆された『市民のための世界史』はそのひとつの成果である。
 従来の世界史は各国史の寄せ集めになりがちであり、これこそ歴史教育が用語の暗記と羅列に終始してしまう一因である。「つながり」と「ながれ」も地域(ヨーロッパ、イスラーム世界、東アジアなど)内レベルにとどまるものが多い。そして何よりも日本史が世界史から切り離されてしまっており、日本と世界が相互に与え合った影響や歴史的な意味が掴みづらくなっている。こうした現状の歴史教育の欠点と最新の研究を踏まえ、日本を含む東アジア史と西洋史との「つながり」と「ながれ」を把握できるようになることが意識されている。各国史の集合ではなく真の意味で「世界史」を学ぶことを念頭にしている。
 他の世界史教科書と比べれば、暗記しなければならないような用語や年号は圧倒的に少ない。この本が描くのは「覚える歴史」ではなく「考える歴史」である。「なぜ、そうなったのか?」「そうしたことで、どんな影響があったのか?」各節目毎に置かれた問いに対する答えを考えることで、過去の出来事のながれを掴むだけではなく、歴史的な思考力を高めようという試みもなされている。
 歴史の因果関係だけを示して「ながれ」をわかった気にさせてくれる本ではない。そういうものと比べると難易度は高いかもしれない。しかし、知識だけにとどまらない、そこから考える歴史を学びたいというならば、本書は優れた道標となってくれるであろう。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/08 11:31

投稿元:ブクログ

一国史的視点を廃し、ヨーロッパ・中国以外の地域の動向が世界史的に非常に重要であると考える近年の研究成果をふんだんに取り入れた、面白い世界史。「古い世界史」のイメージを壊そうと腐心しているさまが伝わってくる。さらに個人名をできるだけ廃し、「歴史は暗記」というイメージを払拭しようという意図がありありと感じられる。そこには、歴史は特定の偉大な個人の動きで決まるのではないという見方が裏打ちされているといえるだろう。果してこの方向性が、どこまで今後主流になるのか。興味深い。

2014/07/11 11:38

投稿元:ブクログ

「像を結ぶ」「因果関係や背景がわかる」って良いね。

大阪大学出版会のPR
http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-469-0.html

世界史 ランキング

世界史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む