サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 女性向けコミック
  4. いつでもお天気気分 7 (花とゆめCOMICS)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

いつでもお天気気分 7 (花とゆめCOMICS)(花とゆめコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/20
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: 花とゆめコミックス
  • サイズ:18cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-19247-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

いつでもお天気気分 7 (花とゆめCOMICS)

著者 羅川 真里茂 (著)

高校最後の学園祭、茶道部は柔道部とタッグを組み、和風コスプレ&キモメン喫茶をすることに!?赤馬、秀、進之介はそれぞれの想いを胸に受験に臨み…迎えた卒業式、赤馬が新たな「暴...

もっと見る

いつでもお天気気分 7 (花とゆめCOMICS)

463(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

いつでもお天気気分(7)

432(税込)

いつでもお天気気分(7)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「いつでもお天気気分 7 (花とゆめCOMICS)」が含まれるセット商品

商品説明

高校最後の学園祭、茶道部は柔道部とタッグを組み、和風コスプレ&キモメン喫茶をすることに!?
赤馬、秀、進之介はそれぞれの想いを胸に受験に臨み…迎えた卒業式、赤馬が新たな「暴れ馬伝説」を打ち立てる──!?
ハイスクール青春グラフィティ、感動のフィナーレ!! 2014年6月刊。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

2014/08/08 19:24

投稿元:ブクログ

完結。ここまで来るのが長かったけど、最後まで彼らの楽しい高校生活を読めて良かった。こんな学校と仲間たちが居たらきっと飽きない。楽しそう!凸凹トリオもそれぞれハッピーエンドだし、3人揃って大学合格、高校卒業おめでとう!きっと大学行っても彼らは変わらず仲が良いままなんでしょう(笑)ラストの赤馬さんが爽快でしたww

2014/06/21 13:06

投稿元:ブクログ

デコボコトリオ、卒業おめでとう。ついに完結してしまった。始まってから20年か。赤馬竜次、最後の最後で新たな暴れ馬伝説を見事に打ち立てた。いやぁ、和風茶屋いいね。まさか能條先輩・麗子・辻井・松田の話が収録されているとは。

2014/06/23 12:48

投稿元:ブクログ

完結。
そういえば第一巻を買ったのは本当にものごっつい前だよなあ~。そして赤馬さんも携帯を持つ時代に。色々な意味で時間の経過を感じます。
一年生茶道部員の今後も気になりますがこれはこれで良い終わり方だな、と思います。ヒデちゃんと栗子ちゃんが可愛くて好きですが進ちゃんも御堂も可愛いし山下君も可愛いし、主人公カップルも好きというあまり嫌いな人の出てこない良い漫画だったな、と思います。完結おめでとうございます。

2014/06/29 00:22

投稿元:ブクログ

 このシリーズは完結までお時間かかりましたね〜。
 ちゃんと終わりを読めないかもとも思いましたが、待ってて良かった。とか書きながら星3つなのは、ちょっと各巻のペースが開きすぎて時代背景とかね。やはり気になってしまった次第です。
 あ、でも最後の赤馬君は可愛かったです!

2014/07/08 18:26

投稿元:ブクログ

よかったぁ。
みんな落ち着くところに落ち着いて、これからも山あり谷ありだろうけど、助けあいながらやっていくんだろうなぁ。
ショートショートでその後がちろっと描かれてるのが、満足度高い。
6巻だったかな?修学旅行回で赤馬さんの恋愛観「男で本能だから云々」はズキューンときた。
赤馬さんはカッコイイのに身近な女性にはヘタレな感じが自分で自覚しているのが余計にかっこ良くて萌える!
血縁のない姉弟の結婚もこれからどうなっていくのかなぁ。法的には難しくても、事実婚でええやないか?なんて不真面目にも思ってしまうけど。
慎之介カップルも可愛らしくてええわぁ~。慎之介がホント素直で男らしくて一番だと思う。ずっと食べてるところも可愛い。和む。
最終巻が出てから、1巻から全部通して読み返したけど面白かったなぁ~。

2014/07/07 23:23

投稿元:ブクログ

卒業まで、長かった…。
落ち着くべきとこで落ち着いた、かな。

スペシャルショートが素晴らしかった。

2014/06/25 23:53

投稿元:ブクログ

ついに卒業なんですね。前回で妹ちゃんとか色々アクの強いキャラが出たと思っていたのに、さみしくなってしまうなあ。
それにしても赤馬さん、彼女にはどうしても弱いですね。大学生になっても三人一緒で楽しんでる姿が見たくなる。
あとショートストーリーで麗子ちゃんと伊藤くんの話にああなんだかもうという感じです。かいがいしいよ、伊藤くん。

2014/09/12 23:29

投稿元:ブクログ

文化祭で茶道部は柔道部と共に和風コスプレ&キモメン喫茶をすることに。
そして赤馬、秀、進之介はそれぞれの思いを胸に受験に臨み、そして迎えた卒業式。赤馬が新たな「暴れ馬伝説」を打ち立てる――!?

最終巻でした。もう感無量。
帯に「20年に渡って描き継がれた」と書かれていて、そうか20年近く追いかけてきたのか、と感慨深く思いました。
途中、次の巻が出るまでに間があいて、既刊を手放してしまった時もあったのですが、続きが出るとやっぱり読み返したくなって、結局全て買い直してしまいました。でも何年経って読み返しても面白いんですよね!

やっぱり赤馬さん、秀ちゃん、進之介の三人組が最後まで大好きで。
なので三人が恋愛を成就させて、ちゃんと進路も決まって、無事卒業出来たラストは本当に良かったです。
赤馬さんどうなることかと思ったけど…(笑)

ちょこちょこ間に脇役たちのその後が見れるのも嬉しく。
麗子さん、なんだかんだで伊藤くんと上手くいってるじゃない! いいじゃない!(笑)
松田くんとかすごい懐かしいな~と思いながら読みました。何度も読み返したので、今もちゃんと覚えてるよ!

文化祭の喫茶店、赤馬さんが期待を裏切らず、似合ってらっしゃった…!(笑)
猪又ちゃんともどうするのかな、と思ってましたけど、ちゃんと上手くいきそうで一安心です。
赤馬さんって俺様っぽいけど、意外にちゃんと相手のこと考えて合わせてくれるんですよね~。惚れた弱みなのかもしれないけど(笑)

終わってしまうのは寂しいですが、大団円だったので満足です。追いかけて続けて良かった。

2014/06/21 22:14

投稿元:ブクログ

祝☆卒業 入学したての頃が懐かしい
祝☆合格 三人とも大学一緒でよかったねー
祝☆親公認! 赤馬さん、がんばれよ~!

2014/06/24 22:21

投稿元:ブクログ

連載開始はもうかなり前の作品です。個人的には赤馬君と猪又さんカップルの話をもう少しやって欲しかったです。

2014/06/30 20:55

投稿元:ブクログ

いや〜しかし20年すか。
そんなに経ったんだ。ビックリ。
羅川さんが息の長い漫画家である事に脱帽です。

2014/07/20 19:22

投稿元:ブクログ

連載当初は年上の先輩だった彼らも、
最終巻を迎える頃にはいつの間にか私の方が彼らよりも年上に。

全巻読み直すと、彼らの成長に胸がジンとくる。
羅川先生の作品は単なる恋物語だけでなく、
家庭の悩みや性別の悩み、思春期ならではの悩みがたくさん盛り込まれていて、そのひとつひとつが胸に残る。
中でも、私は眉村・御堂ペアのお話が大好き。

大好きな羅川作品がまたひとつ終わりを迎え、少し寂しさもあるけれど。
羅川先生、ありがとうございました。
そして問題児たち、卒業おめでとう!

2014/07/27 00:10

投稿元:ブクログ

ついに凸凹トリオが卒業。が、その前に学祭あり、受験あり、と山場がたくさん。
こんな学生生活を送ってみたかった。

2014/06/28 23:10

投稿元:ブクログ

ついに完結です。
自分の本ではないので、昔の話はちょっと忘れてしまった感がありますが…

読んでいて不思議な気持ちになります。
単なる学生生活と恋愛とを混ぜた漫画なのですが、奥が深いです。
恋愛には色々な形があることを改めて気づかされ、悩み、考えさせられます。
さすがに、ほとんどがいい方に解決されているとは思いますが、実際にはそううまくいかないことも多いでしょうね。

いろんな形の恋が描かれていますが、全て応援したくなります。
でもやっぱり、赤馬くんと猪又さんの恋愛が綺麗に描かれて素敵ですね。

この漫画で恋愛って単純だけど複雑で、面白いけど面倒だっていう矛盾を見つけられるかもですね!
面白かったです。

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む