サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Sotaさんのレビュー一覧

Sotaさんのレビュー一覧

投稿者:Sota

2,220 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

紙の本美しいこと 上

2015/02/03 17:09

泣けます!

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

BL小説を初めて読みましたが、
最初にこんな感動的な作品に触れてしまうと、
他も同レベルを期待してしまいますが、
これは、きっと群を抜いているんだと思います。
木原さんは、あまり難しい表現を使わずに、
読みやすい文体ですが、
それでいて、引き込まれるので、
本当に素晴らしい作家さんだと思います。
恋愛主体の小説で、これだけ感動したのは、
初めてかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

7巻!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヨネダさんは、一つ一つのセリフがとても深くて、考えさせられます。
登場人物のちょっとした表情の書き分けも、とてもうまくて、しっかりと見ないと、見逃してしまいます。
ストーリーはシリアスなのに、笑いの要素もちゃんとあって、BLということで、濡れ場を入れないといけない、という約束事もある中でも、無理に入れた、という感じにもならず、ストーリーの流れに、ちゃんと即しているところも、素晴らしい。
本当に傑作です!
いつまでも、続いて欲しい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍心を半分残したままでいる(3)

2018/10/14 08:41

3巻!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これは、間違いなく、砂原さんの代表作になるでしょうね。
1巻から、夢中で読みました。
こんなに心に響いて、余韻が残るストーリーは、久しぶりです。
ラストも良かったと思います。
コラムの最後の一文が、とても印象的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ2

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

残りページが少なくなるにつれて、嫌な予感が増して、本編が終わって、やっぱり、、と、肩を落とし、後書きを読んで、分かってたけど次巻に続くかよ!と、一人、突っ込んでしまいました、、
ただ、後書きにあったように、クラウスの名誉は、少し挽回しましたね。
でも、やっぱりルルが不憫!
個人的には、ナディンがお気に入りです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美味しそう!

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

漫画でも読んでて、作ってみたいな、と思ってた料理があったので、カラーで、しっかりとレシピも載ってるので、とても重宝します。
早速、素麺を作ってみましたが、美味しく作れました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍ジェラテリアスーパーノヴァ

2017/02/21 23:14

余韻が残ります

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ドラマCDを聞いて、印象深かったので、漫画の方も読んでみました。音声では伝わりにくい仕草や動作などが、垣間見えて、漫画の方も、良かったです。里谷が、気持ちを打ち明けるシーンは泣けます。あと、ラストの互いにテーブルを挟んで向かい合って座ってるシーンも好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍美しいこと 【講談社版】

2015/08/31 15:32

感動します

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お勧め本だったので、何気なく読んでみたら、見事にハマってしまいました。
木原さんのファンになるきっかけになった本です。
BL自体、読んだことが無かったのですが、偏見を持っていたことを後悔しました。
ただ、BLは玉石混交だと聞くので、この人以外はあまり読まないですが・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

初読み作家さん

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人気作ということで、読んでみました。
最初は、少しだれた感じのストーリーで、ファンタジーテイストのコメディかな?と思いきや、どんどんシリアスな感じになってきて、ラストは、余韻の残る、印象的な終わり方でした。
凄く良く出来た作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シリーズ3

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まさか3冊目が出るとは、嬉しい驚きです。
個人的に、平良に共感出来るのは、かつての自分もそういう考え方をしてた頃があったからなのか、多かれ少なかれ、誰でも平良と同じ部分を、持っているからなのか?
清居の乙女キャラも、微笑ましいです。
チャリティーイベントでのエピソードは、涙してしまいました、、、
そして、平良の写真を見た野口の心中は、如何程だったのか、、、?
今後、2人がいかに成長していくのか、楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シリーズ番外編3

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

番外編3と書いているので、でっきり、皆川と深の話かと思ったら、まさかの新カップルでびっくり!この二人、カップルにする必要性はあったのかな?と、少々疑問です。奥も含めての3人の友情ストーリーの方がしっくりきたかも?BLじゃなくなっちゃいますが。
奥の話は辛かった、、、それだけに、再会の場面は、号泣でした。奥に一番思い入れを持って読んでいただけに。
国江田さんの脱退届けと、じじいレンジャー達の掛け合いは、爆笑でした。終始、辛い話の中で、良いアクセントになってましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本心を半分残したままでいる 3

2018/09/24 01:16

3巻!ネタバレです。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やっと読めました。
1、2巻で、内容を確認しながら、ゆっくり読み進めました。
ページ数が残り少なくなってくると、寂しさが募ってきて、このまま、読み終わるのが残念で仕方なかった。
ハラハラするシーンが出て来ると、その都度、バッドエンドか?って、気が気じゃなくなるし。
でも、読み終わると、満足な読後感でした。
ラスト1行で、持っていかれた感じ。
真文も、衛も、本音を言い合えて、良かったです。
衛の母に対してのトラウマも、真文に本心を伝えるたことで、癒えたことが分かったし。
間違いなく、砂原さんの最高傑作ですね!
久遠のスピンオフを通して、メイン二人のその後も読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本心を半分残したままでいる 2

2018/08/28 23:21

2巻!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻での伏線が、しっかりと回収された、過去編でした。
1巻で衛が、どうしてコーヒーショップのオーナーなのか、どうしてこだわりのブレンドコーヒーを出してるのか、カナリアを飼うのは何故か、2巻で全て理由が分かって、切なくて、切なくて、、、
葛西さんのイラストも、このストーリーにとても合ってますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍心を半分残したままでいる(1)

2018/08/27 00:13

第1巻!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

続きモノです。最初から、引き込まれました。
少し、「言ノ葉」シリーズを彷彿させる雰囲気があります。砂原さんの代表作になりそうな予感。記憶喪失で、本人だけでなく、周りも不幸にしてしまうストーリー展開に、ページをめくる手が止まりませんでした。
書き下ろしの佐藤くん小話は、砂原さんお得意の、コメディっぽい仕上がりで、本編のシリアスさを緩和してくれます。
そして、後書きには、爆笑させてもらいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本すべてはこの夜に

2016/11/10 20:20

新装版

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ノベルズは持っていますが、新たに、「春に降る雪」が収録されたのは、とっても嬉しいです。
「春風」が書き下ろしとのことですが、こちらも、良かったです。ここでも、武井のセリフが胸を打ちます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本約束

2016/07/08 21:11

感動です!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作家さんの作品を読むのは、「水に眠る恋」に続いて、2作目ですが、これは、前作以上に、大泣きでした。
有也が、幸せそうな二ノ宮を見て、「幸せじゃななければよかったのに」と思ってしまうところや、二ノ宮が居なくなった後、石田が有也を気にかけてくれたところなど、号泣でした。
全体を通しては、有也が辛い時、胸のあたりを手でおさえる、というしぐさが、涙を誘いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2,220 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。