サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 和の色のものがたり 季節と暮らす365色

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

和の色のものがたり 季節と暮らす365色
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/31
  • 出版社: 視覚デザイン研究所
  • サイズ:21cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88108-241-6
  • 国内送料無料

紙の本

和の色のものがたり 季節と暮らす365色

著者 早坂 優子 (著)

春の萌黄色、涼やかな浅葱色…。和の色365色とともに、古来より伝わる日本の文化や年中行事、色名の由来について、二十四節気・七十二候などを添えて解説する。CMYK値付きのカ...

もっと見る

和の色のものがたり 季節と暮らす365色

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

春の萌黄色、涼やかな浅葱色…。和の色365色とともに、古来より伝わる日本の文化や年中行事、色名の由来について、二十四節気・七十二候などを添えて解説する。CMYK値付きのカラー見本も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本人で良かった

2015/10/17 10:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:misoka - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人として、和の色をもっと知りたくて購入しました。もともと着物が好きで、
着物の色って季節を表現しているのでとても参考になりました。
図や絵も沢山つかっているので、楽しめます。
文字だけの書籍ではなく、視角から入ってくる情報って記憶に残ります。
何度も読み返している一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

役立つ一冊です。

2015/03/28 17:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hana - この投稿者のレビュー一覧を見る

みおつくし料理帳を始め、江戸の物語にはまって何年か経ちます。物語の中に季節を彩る色が様々な形で描かれているので、気になってその都度インターネット検索してきました。本屋で立ち読みしていた時にこの一冊がたまたま目にとまり、立ち読みして即購入しました。好きな小説を深く読むことにも役立ちました。が、それ以上に、この本には時々の古来の催事や和歌の引用などもあり、色に限らず日本の風物詩を学べました。役立つ一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/05 11:39

投稿元:ブクログ

GWの真っ最中、今日は「こどもの日」ですが、立夏でもあり、春は昨日で終わりました。ということは花粉症の私も、気分を一新して夏を迎えています。5月というのは、朝は少し涼しくて日中も、ばててしまうほど暑くならないので気に入っています。

さてこの本ですが、恒例のGWの部屋の掃除をしていて発掘しました。この本は読んだというよりは、眺めたという感がありますが、ギトギトとした色というより、目に優しい上品な色が多く紹介されています。どの色もキレイですね。

赤系統、青系統、緑系統、黄色系統、茶系統でも様々な色があって、それらが季節ごとにある程度決まった組み合わせがあるのが素晴らしいですね。各季節ごとを装う重ねの色目だけでも、24種類も紹介されています。

夏は私の好きな、緑や青が何種類も登場しています。
この本で私が気に入ったのは、すべての色について、マゼンタ・イエロー・シアン・ブラックの配合割合のデータが載っていることです、これがあれば、ペイントソフトで自分で色をつくれますね。

気に入った色を、データとともに載せておきます。

・深緑:C/M/Y/B=100/0/75/75
・次緑:80/0/100/30
・青竹色:80/0/60/15
・夏虫色:60/0/60/60

・日本では旧暦の明治5年12月3日が、新暦の明治6年1月1日となった(p119)

2017年5月5日作成

2015/11/25 00:15

投稿元:ブクログ

同じ著者のもう一冊が時代ごとに色が紹介されていたのに対し、こちらは季節ごとの並びになっています。自分はこの方がよいです。ほんとに日本人って季節をよく見ていたんだなあと思いますね。
ページごとに同系色がまとめられていて、少ないですが写真もあり、見ているだけで楽しいです。また二十四節気や七十二候の解説もあり、色の歳時記としても楽しめると思います。

デザイン・色彩 ランキング

デザイン・色彩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む