サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 武蔵野アンダーワールド・セブン 1 多重迷宮

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

武蔵野アンダーワールド・セブン 1 多重迷宮
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/29
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-02735-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

武蔵野アンダーワールド・セブン 1 多重迷宮

著者 長沢 樹 (著)

可憐な美貌を持つ財閥令嬢から依頼された“鱗雲荘”の調査。有力政治家として名を轟かせた彼女の祖父が遺したその建物の地下には、鍾乳洞を利用して建造された巨大なシェルターが存在...

もっと見る

武蔵野アンダーワールド・セブン 1 多重迷宮

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

武蔵野アンダーワールド・セブン―多重迷宮―

1,599(税込)

武蔵野アンダーワールド・セブン―多重迷宮―

ポイント :14pt / 紙の本より237おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

可憐な美貌を持つ財閥令嬢から依頼された“鱗雲荘”の調査。有力政治家として名を轟かせた彼女の祖父が遺したその建物の地下には、鍾乳洞を利用して建造された巨大なシェルターが存在していた。そこで七ツ森神子都をはじめとする地下世界研究会のメンバーが屍蝋化した遺体を発見した瞬間、恐るべき連続殺人の幕が開く…!【「BOOK」データベースの商品解説】

財閥令嬢から依頼された調査。彼女の祖父が遺した建物の地下には、鍾乳洞を利用した巨大シェルターがあった。七ツ森神子都たちが屍蠟化した遺体を発見した瞬間、連続殺人の幕が開く…。『ミステリーズ!』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

『消失グラデーション』の著者が贈る! 太平洋戦争後、北と南に分断され、地下建造物が乱立した日本を舞台にする本格ミステリシリーズスタート!【商品解説】

著者紹介

長沢 樹

略歴
〈長沢樹〉新潟県生まれ。「消失グラデーション」で第31回横溝正史ミステリ大賞〈大賞〉を受賞しデビュー。著書に「上石神井さよならレボリューション」「リップステイン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2016/09/28 16:57

投稿元:ブクログ

それぞれのキャラに得意なことがあって、そういうの好きだなと再確認しました。
特に傭兵系お姉さんが好きだ。
そんな感じでキャラがいいし、話も途中までどうなるんだろうと読んでましたが、真相がなー。
希望や絶望を勝手に決めるな。
どうやら続きが出ているみたいですね。

2016/11/24 16:11

投稿元:ブクログ

「幻痛~」の世界観がちょっと好きだったのでこちらも読んでみました。
やっぱな~長沢さんは苦手かもだな~
頭のいい人が多すぎる(^_^;)

続編が出ているみたいので、読めたら読んでみようかな。

2014/12/09 15:00

投稿元:ブクログ

OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000012850

2014/09/10 21:11

投稿元:ブクログ

財閥令嬢、巨大シェルター、地下世界研究会、そして連続殺人…
ちょっとまてちょっとまて、と必死に追いかけながら読む。
なんと!犯人はお前か!お前だったのか!うーむ、そうきたか…
うーむ。

2015/03/09 14:37

投稿元:ブクログ

長沢さんらしい設定とストーリーだと思いました。キャラクターもそれぞれ面白い。
でも、神子都の設定を理解したのがほぼ終盤だったので途中で読み返したりしました。
森、神子都、ツグミ、光祐、アヴリル、神流という人格が今後どうなっていくのか見物です。

2016/04/09 01:41

投稿元:ブクログ

パラレルワールドを舞台とした西遊記を振りかけたようなストーリー。
まさかの主人公が犯人オチというのは非常に斬新でした。
同時並行で展開している女子大生殺人事件。
犯人は中盤でわかってしまうのだが、語り部が目まぐるしく変わっていき、
時系列も変わっているので真相まで想像つかなかった。
単純に面白かった。

2014/11/02 10:30

投稿元:ブクログ

書評に載ってたので読んでみたが、この手の物はどうも合わないなあ・・・
登場人物が多くて、ややこしい。視線がころころ変わり、1人称だったり3人称だったり、時間も前後するし・・・

で、何が武蔵野なの?

2014/09/18 14:48

投稿元:ブクログ

私はミステリ愛好家というほどではないし推理はできないから、オチも犯人も
「ほえー」
という感じだったが、原理主義的なひとは怒りを感じるのかもしれない。
ただ途中からとてもこれはミステリとは呼べないとわかると思うので気持ち半分で読んだ。

舞台は21世紀の日本だが、パラレルワールドで歴史も文化もまったく違うという設定。
これが非常にわかりにくいし、オチの伏線ではあるがそれ以外への必然性が乏しい。

地下に広がる廃墟の不法探検に参加した者が殺されるという連続殺人事件が起き、それを大学生のグループが解決するという筋。

本筋はとあるお嬢様に依頼を受け、彼女の祖父が秘密裏に保有しているらしい地下廃墟を探索に行くというもの。
しかし数か月にわたって続く連続殺人の事件近辺にもどったりと、月日がいったりきたりして混乱した。
登場人物が多いのに性別、年齢、職業、性格の書き分けができていない。女性も男のような風情。かお嬢様。

章により視点や語り手が変わるのはまあいいが、ひとつの章で一人称と三人称を混ぜるのは本当にやめて欲しい。
三人称でも視点の当て方がどんどん変わるから把握に時間がかかる。
会話も地の文もラノベっぽい、ハードボイルド系、ミステリ系をいったりきたり。だから意図的に口調を変えたのか、単なる筆の狂いか判別できない。しかもこれが謎解きには効いてくるという。
稚拙で集中できない文章と構成だったせいでてっきり若い人(30前半くらいまで)とおもっていたら、40半ばとは。それだけ文章が洗練されていない。

語彙が少なくても、アホみたいな文体でも勢いとストーリー性があれば楽しめるがどっちもないから中途半端。
読者を引きつける仕掛けはマイナスに働くと単に思わせぶりでじらしているだけになってしまう典型例。

大体中盤くらいから連続殺人の犯人に目星はつくのだが、もう一本謎が進行しているのでそれと絡んで解決へと向かう。
叙述トリックは文章の巧みさが命なので、ベースラインが低い作家は厳しい。
あまりにわかりやすい伏線ばかりなので思い起こせばああ、あれがヒントねってのはわかるけど。
登場人物多すぎだし構成も複雑すぎるし、物語世界に没頭することができなかった。

出版社が推してたから読んでみているが、本当にこれがよかったのか不思議。
本文中はおろか人物紹介に誤字もあるってどうなの(校閲の問題もあるけど)。

カスな本は何も感じないけど、もっとどうにかする方法がいくらでもあると思うから解せない。

2014/09/22 22:41

投稿元:ブクログ

この作者の小説は初めて読んだけど、円居挽や似鳥鶏あたりを連想させる、現代的な文体とキャラづけ。

初っ端から主人公格の少女(探偵)と謎の美少女(裸体)がホテルの一室で目を覚ますところから始まる(重要)。
過去に南北戦争があった架空の日本。地下には無数の建造物が眠り、侵入不可能な地域も存在する。
主人公格の少女は、そんな地域からやって来ている。記憶を失っているが、凄腕の暗殺者だったかも知れない上に、周囲の登場人物たちもやたら戦闘能力が高かったり、警察の有力者の息子だったりと、総じてキャラ立ちが激しい。

ミステリとしてどう評価するかは悩むところ。
大ネタ部分は解ったうえで、色々とロジックがあるところは楽しかった。

次回作が出るとして、キャラをどう描くのかが興味の的。

2014/11/11 22:41

投稿元:ブクログ

詳しく書くとネタバレするが、多数の謎と登場人物が一つに収斂する流れは勢いもあり悪くない。
やはり途中から展開が読めてしまうのが残念。えーってもっと驚かせて欲しかったけど。
地下物件や仮想の南北に分断された日本など設定は魅力的でそっち方面をもう少し深堀しても良かったかも。
多重迷宮と謳うだけあり、武蔵野と新潟の地下物件で起きた連続殺人事件を行ったり来たりしながら物語は進んでいく。
んーでもやっぱり登場人物が多すぎて煩雑でキャラが立ってる割に大した活躍もしないで死んでいくのがもったいない気がする。
犯人が強すぎるんだなぁ。殺された人達も犯人に何らかの爪跡をこっそりなり残して、そこから神子都が犯人を見つけ出せたら…。
神子都は神子都で終始テンパってて主人公の割に可哀想だったな~。星三つ。

2015/05/04 15:11

投稿元:ブクログ

長沢樹の、ラノベっぽいミステリ。
シリーズのオープニング用作品なのか、事件もトリックも大したものではなく、キャラクターを描くのに用いられてるようにしか思えない。
まぁ文章やテンポはよいので読みたるみはしないのだけど。
『リップステイン』が良作だったので残念。
次作を読むのは、刊行後の評価をみてからにしよう。
2

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む