サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 音楽を愛でるサル なぜヒトだけが愉しめるのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

音楽を愛でるサル なぜヒトだけが愉しめるのか(中公新書)
音楽を愛でるサル なぜヒトだけが愉しめるのか(中公新書) 音楽を愛でるサル なぜヒトだけが愉しめるのか(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/23
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102277-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

音楽を愛でるサル なぜヒトだけが愉しめるのか (中公新書)

著者 正高 信男 (著)

人類出現とともに社会的なコミュニケーションのツールとして誕生した音楽が、言語と分化し、ウォークマンやiPodなど個人で愉しむものに変わるまで。音楽の起源と歴史、機能から、...

もっと見る

音楽を愛でるサル なぜヒトだけが愉しめるのか (中公新書)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人類出現とともに社会的なコミュニケーションのツールとして誕生した音楽が、言語と分化し、ウォークマンやiPodなど個人で愉しむものに変わるまで。音楽の起源と歴史、機能から、人類の進化の謎を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

正高 信男

略歴
〈正高信男〉1954年大阪生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。京都大学霊長類研究所教授。学術博士。専攻は心理学。著書に「0歳児がことばを獲得するとき」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/19 21:34

投稿元:ブクログ

正直なところ、良くわからない話しだった。でも人は不協和音で構成される音楽を、精神を解放するために求めているというのは納得。コーヒーやビールを始めて飲んだ時もそうだったけれど、幼い時にはそういう音楽は受け付けられなかったもんね。あと関係ないけれど、タイの観光地ロッブリーで、カニクイザルが道行く女性の髪の毛を抜き取りデンタルフロスとして使うというのは驚き。是非見てみたいものです。

2014/09/28 19:32

投稿元:ブクログ

音楽を楽しむなどの感性をもつ霊長類はヒトだけらしい。
音楽を用いた様々な実験結果が書かれていて、興味深く読んだ。

2014/12/18 08:17

投稿元:ブクログ

サルは音楽を全く理解していない!しかし、ペア・デュエットの中国のテナガザル、歯磨を真似るタイのカニクイザル、宮崎の芋を洗うニホンザル、ライオンの群れ同士の闘いで数的有利を認識する!などの例から、音楽だけ、何故異なるのか類推する。人間はいつから音楽を?プラトンがすでに音楽について「リズムと調べは何にもまして魂の内奥へと深くしみこみ、力強く魂をつかむ。・・・しかし気力を溶かし去って、柔弱な戦士を仕上げる」と論じているとはこの本の主張を示唆している。また、カントが判断力批判で音楽を論じている!のは興味深いところ。ブッシュマン(ナミビア)とイヌイット(グリーンランド)のヘビへの恐怖心の違いの分析しているところは人間の深層心理の分析で、この霊長類、心理学の学者らしい。「九九は算数ではなく、音楽!」との主張は実に面白い。五七五調もそうだが、なぜそれを人間は快く感じるのか。この分析が楽しいところ。

2014/09/24 01:16

投稿元:ブクログ

オペラ座のサルの話もおもしろいし、女性の髪の毛を抜いてデンタルフロスをするというサルの話もおもしろい。けれど、やはり人間の実験の方に興味がわく。不協和音の音楽はアルコールと同じ働きをするという。なるほど、と思うのだけれど、その不協和音の音楽がどういうものを指しているのか、具体的な記述が少なかったように思う。こちらで想像するしかない。どんな音楽がアルコール的なはたらきをするのかは、個人差もあれば、文化差もあるようにおもう。しかし、アルコールの力というのは強い。それがないと本音が言えないというのも困ったものだが、それがあったから結婚できたというのも事実のような気がする。ライブのあとなどの気持ちが高ぶっているときにも、告白とかできるのかもしれない。クラシックのコンサートのあとではうまくいかないのだろうか。飲み屋でモーツアルトというのはやっぱり似合わないのだろうな。それから、ヘビと花の写真には納得。

2016/02/01 21:15

投稿元:ブクログ

日常的に使う言葉が音楽表現のなれの果て、という表現が印象的だった。音楽のもつ効能や作用についてというよりは、そもそも音楽とはなんであるのかを問い、筆者なりに解説している本。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む