サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

新編日本の怪談(角川ソフィア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新編日本の怪談 (角川ソフィア文庫)

著者 ラフカディオ・ハーン (著),池田 雅之 (編訳)

新編日本の怪談 (角川ソフィア文庫)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

小豆磨ぎ橋 10−11
水飴を買う女 12−13
子捨ての話 14−15

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/02/23 17:35

投稿元:ブクログ

子どもにも向けて書かれていると背表紙に書かれていたが、
結構怖くて読み応えがありました。
なんとなく知っていた怪談も、改めて読むことが出来てよかったです。
古きよき日本の一面も分かりました。

2008/11/29 18:23

投稿元:ブクログ

「菊花の契り」が読みたくて買った一冊。
菊花の契り・・・この言葉でなんとなくニュアンスが分かる人とは友だちになれるかもしれない。(なりたくないと言われるかもしれない。)
それはそれは楽しみにして読んだんですが、この本の「菊花の契り」は裏切りませんでした。
うっはー!!
な感じでした。(どんな感じ)
ほかの話も面白かったです。

ちなみに、その後ほかの本で読んだら、もおおおおお怒るほどつまんなくなってて!
なんじゃこりゃー!!
と思いました。
角川ソフィアがいいよ。角川のほうはダメだった!←言ったったー。
上田秋成の菊花の契りも読みました。
文章がしつこくってダメだった。

菊花の契りはほかに、「守られた約束」とか、「約束」とかいうタイトルをつけられることが多いそうです。

2012/11/20 00:06

投稿元:ブクログ

訳者にとって微妙に解釈が異なってくるのはやっぱり面白いです。今回は2冊を読み比べしながら。こちらは小さい子にも楽しめるよう、朗読にも配慮された一冊。怪談・奇談のみ42編をあつめて。あります。読み返してみるとファンタジーな気もする話も…。あとがきがちょっと好きじゃなかったので(何となく訳者さんの主観を押し付けられた印象で)モノガタリ世界が壊されてしまった感想。あ、これは私の主観ですが。

2012/03/13 22:09

投稿元:ブクログ

日本をここまで愛してくれてありがとう。ハーンさん。
また日本文化の中にあるアニミズムを知ることができました。

2013/04/06 15:11

投稿元:ブクログ

小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの作品を、池田雅之氏が編訳したもの。
訳は低学年の子どもでも読めるよう平易な文章で書かれているが、稚拙さはなく洗練されていて読みやすい。

「雪女」、「耳無し芳一」、「むじな(のっぺらぼう)」など有名な話や昔読んだ話ばかりが収録されていて、懐かしみながら読みました。

一番心に残った話が――「和解」
夫の身勝手さにより離縁を言い渡されたにも拘らず、恨み言を一つも漏らさず、むしろ自分が至らなかったせいだと、夫を許す妻の優しさに感銘を受ける。
相手を真摯に思いやる夫婦愛に胸を打たれるが、実は妻が死んでいたなんて……。
読み終わった後に、題名の「和解」という言葉の意味が、ずっしりと心に圧し掛かってきます。

類似した話に『今昔物語』の「人妻死後会旧夫語」、上田秋成の『雨月物語』「浅茅が宿」があります。
その中で、悲しいけれど美しい話に仕上がっている「和解」が一番好きです。