サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. つくりたいんは世界一のエンジンじゃろぅが! 機能エンジニアリングのすすめ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

つくりたいんは世界一のエンジンじゃろぅが! 機能エンジニアリングのすすめ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/27
  • 出版社: 日刊工業新聞社
  • サイズ:19cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-526-07302-1
  • 国内送料無料

紙の本

つくりたいんは世界一のエンジンじゃろぅが! 機能エンジニアリングのすすめ (B&Tブックス)

著者 羽山 信宏 (著)

新しい時代のモノづくりは機能で考える! マツダで開発エンジニアとして長年開発に携わった著者が、自身が考えた手法「機能エンジニアリング」と、そこから生み出した概念「源機能」...

もっと見る

つくりたいんは世界一のエンジンじゃろぅが! 機能エンジニアリングのすすめ (B&Tブックス)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新しい時代のモノづくりは機能で考える! マツダで開発エンジニアとして長年開発に携わった著者が、自身が考えた手法「機能エンジニアリング」と、そこから生み出した概念「源機能」を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

羽山 信宏

略歴
〈羽山信宏〉広島生まれ。広島大学卒業。元マツダ(株)パワートレイン開発本部長。株式会社ISIDエンジニアリング特別顧問。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/15 23:46

投稿元:ブクログ

マツダの元パワートレーン開発責任者が、いまや多くの自動車会社に影響を与えたスカイアクティブ・エンジン開発の思想について語った一冊。

従来の"性能"を追求する設計ではなく、エンジンの根源的な"機能"に着目して設計を進めるという点がユニーク。

その根源的な"機能"を「源機能」と呼び、それを軸にして進める開発を「機能エンジニアリング」と呼んでいる。

スカイアクティブにおける源機能とは、熱効率。ガソリンの化学エネルギーを、運動エネルギーに変換する効率のこと。現在のガソリンエンジンではその熱効率は30%
程度。

その熱効率を40%にするという目標(本書ではステートメント)を掲げ、エンジニアの目指すべき北極星を明らかにしたことが、マネジメントの妙かと感じる。

この熱効率を達成するために、これに関わる因子を洗い出し、個々の因子の相互関係を定量的に明らかにするまでエンジン本体の試作は行わないという開発の手法が、非常にチャレンジング。

通常の開発では、まずはある程度の設計思想が固まったら、試作エンジンを作って、スクラップ・アンド・ビルドを繰り返し、問題点を浮き彫りにしながらその解決をはかるのが一般的かと思う。

根本的な機能の因子を見極めながら設計を進めることは、それが真っ当なやり方と思いつつも、失敗したときのリスクが高いと考えて躊躇してしまう。

それを実現するためには、開発リーダーの決断力が非常に重要だろう。

一エンジニアとして、開発の進め方について多いに刺激を受けた一冊であった。

機械・機械製品 ランキング

機械・機械製品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む