サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 人造人間キカイダー1972 完全版 4

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人造人間キカイダー1972 完全版 4
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/16
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • サイズ:26cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8354-5046-9
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

人造人間キカイダー1972 完全版 4

著者 石ノ森 章太郎 (著)

『週刊少年サンデー』に連載された、巨匠・石ノ森章太郎の代表作「人造人間キカイダー」を、雑誌原寸サイズで刊行。4は第54回〜第85回を収録。全扉絵や解説、島本和彦の描きおろ...

もっと見る

人造人間キカイダー1972 完全版 4

4,860(税込)

ポイント :45pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「人造人間キカイダー1972 完全版 4」が含まれるセット商品

人造人間キカイダー1972 4巻セット

人造人間キカイダー1972 4巻セット

  • 石ノ森章太郎 著
  • 税込価格:19,440180pt
  • 発送可能日:7~21日

商品説明

『週刊少年サンデー』に連載された、巨匠・石ノ森章太郎の代表作「人造人間キカイダー」を、雑誌原寸サイズで刊行。4は第54回〜第85回を収録。全扉絵や解説、島本和彦の描きおろしコミックエッセイなども掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ああ、だから『人造人間キカイダ―』は名作なのだ!

2014/11/09 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

完全版第4巻で、これをもって完結です。
01登場後は話が単純というか、アクションシーンが多くなっていき、終わりに向かっていくわけですが、最終巻では00(ダブルオー)は出てくるわ、ビジンダ―にワルダーだ、アーマゲドンゴッドだと、良く言えばテンポよく、悪く言えば話を飛ばしながら進んでいきます。雑誌連載当時にテレビ番組としても放映していたので、少しでもそちらと連動しているようになっていったのでしょう。また、同時期に同じ『少年サンデー』に連載していた『イナズマン』との差別化というのもあったのかもしれません。
しかし、やはり圧巻は最終回というか、最後のエピソードでしょう。これがあってこそ『キカイダ―』は『キカイダ―』として完結していると言えるのでしょう。またこの最後があるからこそ、誰もが名作と認めるのでしょう。ラスト・ページのト書きは、マンガ史上に残る名句だと思います。
そのことはわかっていたのですが、なぜ名作と言えるのかうまく言葉で言うことができませんでした。そのあたりのことを今回、島本和彦のエッセイマンガで的確に語っていたので、非常にすっきりしました。
そんな付録、解説も含めて、この完全版は読みごたえがあるものでした。
そうそう、私もすっかり忘れていましたが、単行本化の際にラスト・ページの前に1ページ加筆されていたのですね。今回の完全版はもちろんそれで良いのですが、ラストだけは単行本化された時のものの方が良いように思います。どんなもんでしょう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む