サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

緑衣のメトセラ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/05
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771658-0
  • 国内送料無料

紙の本

緑衣のメトセラ

著者 福田和代 (著)

ガンの発生率が高いと噂される高級老人ホーム「メゾンメトセラ」。併設される不破病院では、ガンの最新研究が進められ…。理想と倫理の狭間で翻弄される人々のサイエンス・ミステリー...

もっと見る

緑衣のメトセラ

1,836(税込)

緑衣のメトセラ

1,836 (税込)

緑衣のメトセラ

ポイント :17pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ガンの発生率が高いと噂される高級老人ホーム「メゾンメトセラ」。併設される不破病院では、ガンの最新研究が進められ…。理想と倫理の狭間で翻弄される人々のサイエンス・ミステリー。『小説すばる』連載に加筆・修正。【「TRC MARC」の商品解説】

ガンの発生率が高いと噂される高級老人ホーム。隣接する病院ではガンの最先端研究が進められていたが、特殊な院内感染が発生し──。理想と倫理の狭間で翻弄される人々。怒涛のサイエンス・ミステリー!


【商品解説】

人間は、今もなお、進化の過程にいる――。
理想を、正義を叶えるために、人はどこまで倫理を踏み越えられるのか。
怒涛のサイエンス・ミステリー!

都内にある高級老人ホーム「メゾンメトセラ」。ガンの発生率が高いという噂を幼馴染みの千足(ちたり)から聞き、フリーライターの小暮アキは興味を抱く。併設される不破病院では、ガンの最新研究が進められ、新薬を開発中だった。そんな中、不破病院でアルバイトを始めた千足が、不慮の死を遂げた。特殊なウイルスに院内感染したためだというのだが――。
旧約聖書に登場するアダムの子孫「メトセラ」は、969歳まで生きた。その名を冠する「メゾンメトセラ」には、人類の未来を左右する重大な秘密が隠されていた!【本の内容】

著者紹介

福田和代

略歴
〈福田和代〉1967年神戸市生まれ。神戸大学工学部卒業。2007年「ヴィズ・ゼロ」でデビュー。ほかの著書に「ハイ・アラート」「バベル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2016/09/21 14:36

投稿元:ブクログ

ガンの最新研究が進められている不破病院が舞台のサイエンス・ミステリ。それなりに起伏に富んだストーリー展開は決して悪くはないのですが、今ひとつ説得力に欠けるような気がします。

2016/06/18 13:54

投稿元:ブクログ

旧約聖書に登場するメトセラ、
ノア方舟のノアの祖父、969歳で死んだと記述される。

前半はなかなか快調なペース、興味をそそられる展開であったか、後半はバタバタ、週末へ導くために無理矢理話を展開、ちょっとがっかり、

2016/06/29 14:46

投稿元:ブクログ

設定は面白いし、ストーリー展開のテンポもいいんだけど…なんだかなぁ、な読後感^^; この先どうなるっ⁉と、盛り上げるだけ盛り上げておいてのあのラストじゃあ、美しすぎると思う。少々スレた主人公なら、それらしく最後まできっちりと主人公目線で痛すぎる現実を描いてほしかった。ていうか、葉緑体をもつ人間、てことで『グリーン・レクイエム』を思い出した往年の素子ファンもいるのでは? ☆3.5

2016/05/18 16:45

投稿元:ブクログ

福田和代の作品にしては、今までとちょっと違ったテイストで、面白かったけど、題材が現実離れし過ぎてて、ちょっと微妙。主人公・アキのすれた感じとか、すごく良かったのに、ラストが受け入れられなかった。マールブルグ熱辺りの話までは、すごく好きな感じだったのに・・・

2016/05/03 10:17

投稿元:ブクログ

福田和代さん、初読み!面白い!面白かった!!一応!w
読みやすいし、続きも気になるし、ガンガン読み進められるんだけど~~~!なんか、惜しいっ!なんだろな~、この物足りなさ感・・・ラストもね~、ちょ~っとイマイチだったのよね~、だからどうしろってわけでもないんだけど、もうひとひねり欲しかったかな~~~。

ん~、でも他のも読んでみよっかなw

2016/06/28 21:01

投稿元:ブクログ

まずは主人公に共感できないのと、いくら何でもそこまでできる科学者が一病院でくすぶっている筈がないこと、途中までは話が成立していたが最後の納め方がバタバタ感が強く、結末はいくら何でも唐突だった。

2016/04/13 12:53

投稿元:ブクログ

昔、ハインラインの「愛に時間を」に挑戦して途中で挫折したことを思い出した。

人探しのシークエンスはなるほどと感心。これで1冊書いてくれないかな。

この本はSFなんだと思うけれど主人公の設定はむちゃくちゃリアル。共感してしまった。

2016/07/15 20:07

投稿元:ブクログ

母親の介護をしながら、ルポライターを続ける女性が、幼なじみの不可解な死をきっかけに、母親の入院した病院の秘密に迫る。みたいな内容。
その病院では、光合成を行いエネルギーを自給自足する生物を研究しており、体外受精で葉緑素の遺伝子を組み込んだ女の子もいる。
女の子に魅せられ、また、認知症の母親を高級老人ホームに入れることを条件に、その病院の秘密に協力する事になった主人公の結末は。

2016/05/02 23:21

投稿元:ブクログ

デビュー以来全ての作品を読んできたつもりです。今作はなんか今までの福田和代さんとはちょっと違った雰囲気をもった作品だと思います。結構面白いです。
でもその他各種の「賞」を穫るにはもう後数歩の精進がないと無理です。大所高言すまぬすまぬ。

2017/02/17 14:39

投稿元:ブクログ

これは医学ミステリなのだろうな。
それにしては新しい研究内容が説明不足かな。
いや、葛藤が足りないのか。
読んでいて物足りないのは、そのせいなのだろうか。

2016/04/21 18:33

投稿元:ブクログ

崇高なる冒涜!福田和代さん、神の領域に踏み込みましたね。
何と言うか、とにかく怖かったです。
うぁーっ!と叫んだり、ギャーッ!とのけぞったりするような怖さではなく、ふと振り返ったら自分の真後ろに笑顔のまま白目をむいた人がぴったりとくっついて立っていたような、そんな怖さでした。
そして、まさかのラスト!まさかそうくるとは!!ここで思いっきりのけぞりました、はい。

読み終わった後、しばらくは緑色の洋服は着たくない!と思いました。緑色、トラウマになりそうです。

2016/08/12 09:14

投稿元:ブクログ

ラスト近くまでは、とても面白く興味深く読んでいたのだが、えっ、桂先生、やっぱりそうだったの?
途中のシャワーシーンで何かあるとは思っていたけど。

2016/07/11 22:58

投稿元:ブクログ

最初は地に足のついてる話だったのに、だんだん怪しくなって、最後はちょっとしんどいけど、医学は突き詰めればこうなるのだろうか?私は普通以下で良いなぁ(笑)

2016/04/28 20:13

投稿元:ブクログ

女性フリーライターが、ドンドン二人の医師に取り込まれていくサイエンス・ミステリー。
かなり、とんでもない物語に、引き込まれました。
病院の研究室から創造されたものは、余りにも予想外なものだった。
二人のライター、二人の医師、看護師等のキャラクターがとても分かりやすく描かれていました。

未来の人達なら、この状況を受け止められるのだろうか?
進化した人間の姿を受け入れるか?