サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 999−妖女たち−

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

999−妖女たち−(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-58401-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

999−妖女たち− (創元推理文庫)

著者 アル・サラントニオ (編),白石 朗 (ほか訳)

999−妖女たち− (創元推理文庫)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

モスクワのモルグにおける死せるアメリクァ人 キム・ニューマン 著 23-62
コントラカールの廃墟 ジョイス・キャロル・オーツ 著 63-158
フクロウと子猫ちゃん トマス・M・ディッシュ 著 159-186

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2006/09/13 20:59

投稿元:ブクログ

ホラー・アンソロジーは巷に溢れかえっているが、その中でもこれは粒揃いでおすすめの一冊。ゴシック・ホラーな「コントラカールの廃墟」、シュウォッブの短編を思い出させる少年少女の恋物語「ロープ・モンスター」など女の子にもオススメ。特に「二人でずっといられるように私たち以外の全てを壊しちゃいましょう」なロープ・モンスターは乙女向きだと思う。ジェリーが女の子であったなら(女の子同士の物語だったなら)どんな結末になっていただろうか、考えずにおれない。

2016/03/13 09:20

投稿元:ブクログ

ホラー小説のアンソロジーだが、読んだのは、スティーヴン・キングの「道路ウイルスは北にむかう」のみ。

車を題材にしたホラーは結構あるが、これもそんな一遍。

キングのホラーは、映像化すると、あまりにも現実離れしていて滑稽感さえ漂うこともあり、結構リスクのある作業だが、キング自身の文章力は大したもので、その現実離れ感さえあまり感じないほどゾクゾクさせられることが多くて、素晴らしいものが多い。

でも、この小説はそれほど怖くもなく、大したことはなかった。

2012/10/03 14:17

投稿元:ブクログ

読後、「この話のどこがどう怖いのか誰か説明してくれないか?」と問いたくなる作品も散見されましたので、星は2つです。

怖いポイントが解りやすかったのを評価する作品:
モスクワのモルグにおける死せるアメリクァ人(ニューマン,キム)
フクロウと子猫ちゃん(ディッシュ,トマス・M.)
道路ウイルスは北にむかう(キング,スティーヴン)

怖いというより『ええ話』だった作品:
妖女たち(ヴァン・ラストベーダー,エリック)

怖いというより黒い内容に『ニヤリ』とした作品:
『新十二宮クラブ』議事録とヘンリー・ワトスン・フェアファクスの日記よりの抜粋(ウィリアムスン,チェット)

手垢がついたネタのぱっとしない文章だと思った作品:
ロープ・モンスター(サラントニオ,アル)
・近親愛(タブー)という、よくある舞台装置。文体が趣味に合わなかった。

コントラカールの廃墟(オーツ,ジョイス・キャロル)
・何もかもに結末を示せ、説明をつけろ、とは言わないようにしたいのです。が、それでも消化不良きわまりないオチでした。
寂寥感あふれる風景の描写は素晴らしい。これでクロス・ヒルの町の日常や、過去の子供達の生活っぷりと上手く対比できていたら、
『リアルな描写だけにより怖いドラマ』
として、盛り上がったと思います。

どこが「怖い、ぞっとする、不気味」なのか?良くわからなかった作品:
増殖(クライン,T.E.D.)
遍歴(パワーズ,ティム)
劇場(リトル,ベントリー)
もう一度読み返して、
「おそらくここを想像してぞっとして欲しいのだろうな」
と思うポイントを探せば見つかる作品。原語で読めばまた別の感慨が沸くのかもしれない。

別格:
形見と宝/ある愛の歌(ゲイマン,ニール)
ゲイマンは『サンドマン』原作時代からのファン。短編集『こわれやすいもの』にて、この話は読了していたため、評価は公平になれません。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む