サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 「ゼネコン」危機からの脱出

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「ゼネコン」危機からの脱出
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 日刊工業新聞社
  • サイズ:20cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-526-04523-3
  • 国内送料無料

紙の本

「ゼネコン」危機からの脱出 (B&Tブックス)

著者 井熊 均 (著)

短絡的なスケープゴート論や単なる弱者切り捨て論に陥ることなく、土建国家構造を改革し、建設業が先進的な付加価値産業として生き残っていく、再生のシナリオを提示する。「建設業」...

もっと見る

「ゼネコン」危機からの脱出 (B&Tブックス)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

短絡的なスケープゴート論や単なる弱者切り捨て論に陥ることなく、土建国家構造を改革し、建設業が先進的な付加価値産業として生き残っていく、再生のシナリオを提示する。「建設業」再生の処方箋。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井熊 均

略歴
〈井熊均〉1958年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。三菱重工業を経て、現在、日本総合研究所創発戦略センター副所長等を務める。著書に「PFI」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

土建国家構造を改革し付加価値産業として生き残る。就業者数700万人,肥大した「建設業」の再生シナリオ

2000/10/06 12:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本的構造の根本は,土建国家構造。ここ数年間で起きている相当の問題は,結局ここに帰着する。21世紀に向かって日本経済を本格的に建て直すためには,もはやこの構造を看過するわけにはいかない。IT(情報通信)が飛躍的な発展を遂げたとしても,足元の構造が変らなけれが力強い日本の姿はない。
 しかし簡単ではない。就業者700万人,巨大化した業界の構造改革に失敗したら,立ち直りはじめた日本経済に致命的な傷を与える可能性がある。
 短絡的なエスケープ論や弱者切り捨て論を排除しながら,独自の視点から建設業の再生シナリオを描く。技術力と確実な工事管理能力などに対する評価は,国際舞台で高く,事業コーディネーターとしての素養にも高いものがある。建設能力と付加価値的な能力を併せ持っている建設会社は,世界にもそれほど多くはない,という。それを生かすためにも,徹底した市場メカニズムを導入するなど建設業においても改革が不可欠との指摘は当然だ。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

建設・土木 ランキング

建設・土木のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む