サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 子どもはどこで犯罪にあっているか 犯罪空間の実情・要因・対策

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

子どもはどこで犯罪にあっているか 犯罪空間の実情・要因・対策
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:22cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-6433-1
  • 国内送料無料

紙の本

子どもはどこで犯罪にあっているか 犯罪空間の実情・要因・対策

著者 中村 攻 (著)

公園・道路・商店街・駅・駐車場・集合住宅の敷地内など、子どもが被害にあった場所の実地調査に基づき、多数の写真と地図をまじえて、街の中に潜む危険を指摘し、対策を提案する。【...

もっと見る

子どもはどこで犯罪にあっているか 犯罪空間の実情・要因・対策

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

公園・道路・商店街・駅・駐車場・集合住宅の敷地内など、子どもが被害にあった場所の実地調査に基づき、多数の写真と地図をまじえて、街の中に潜む危険を指摘し、対策を提案する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中村 攻

略歴
〈中村攻〉1942年生まれ。現在、千葉大学園芸学部緑地・環境学科教授。地域計画学担当。工学博士。都市計画学会、造園学会、建築学会、農村計画学会会員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

危ない公園、安全な公園

2001/03/04 21:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さるさる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新聞に載るような凶悪犯罪ではなくても、けっこう怖いめに会ったことのある子は、予想していたよりもずっと多い。知らないおじさんに追いかけられたり、体を触られたり。それがどんな場所で発生したのか具体的に調べられ、丁寧に考察されたのがこの本です。
 これを読んだ後、私は近所の公園など子どもの遊び場、道路などをどのくらい犯罪発生の危険性が大きいか考えて見るようになりました。
 都市の子ども達が、のんびり庭先の草花の世話をしている近所のおばあさんや、ベンチでゆっくりひなたぼっこしているおじいさんなんかに、それとなく見守られて遊んでいた状況って、犯罪防止には一番効果があることだったんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

町のなかのどの死角で,子どもは犯罪にあっているかを調査。その対策に住みよい街づくりを具体的に提案する

2000/10/06 15:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杉山 由美子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 千葉と東京の8000人近い小学生に調査したところ,4割が追いかけられたり,脅されたり,わいせつ行為をされていた。しかも,公園,駐車場,道路,商店街,集合住宅,駅など子どもがよく通ったり遊んだりしているところで,昼間,被害にあっていたというおそるべき事実が明らかになった。加害者の7割は大人の男性で,子どもにとって知らない人だった。犯罪と隣あわせに暮らしている子どもたちをどう守ったらいいのか。
 子どもが実際に被害があった場所の実地調査をし,街には死角ともいうべき空間があり,大人の視線が届かないところで,子どもが危険にさらされていることを,ふんだんな写真や地形の図面から示唆している。
 都市計画研究家である著者は,死角的空間のない,子どもにとって安全な街づくりがどうすれば実現できるか具体的に提案している。大人も子どもも閉じこもらずに,空間を気持ちよく共有する街づくりが見えてくる本である。教育関係者や都市計画や建築業にたずさわる人に読んでほしい内容だ。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/07 12:36

投稿元:ブクログ

建築家、都市計画者に「子供の安全」という視点が欠けていたことに警鐘を鳴らし、それをどう埋めるかを説いた本。
公園についての話がほとんどだが、わかりやすく実際の計画の参考になる。

2009/10/05 10:56

投稿元:ブクログ

この本は、今子供たちはどのような場所で犯罪に巻き込まれているんだろうという筆者の考えから書いてある本です。まず、今現代子供たちは自分たちの住んでいる町の中で犯罪に巻き込まれているということが言えると思います。例えば、町の中で簡単に覚せい剤などのような有害薬物が手に入ったりしています。この覚せい剤などのような薬をやらなくするにはまず、自分はやらないという強い決断力が必要です。はっきりいって渋谷や歌舞伎町などのような大都市にいけば薬は簡単にてにはいってしまいます。その勧誘に対して断る勇気が必要だと思います。また、さらにやっかいなのが携帯関連の犯罪に巻き込まれることです。携帯はその便利さゆえ簡単に有害サイトにはいれてしまいます。たとえば、出会い系サイトなどです。これもさっきいったように自分の強い意志が必要ですね。皆さんもためになると思うので、ぜひ、読んでみてください。

都市 ランキング

都市のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む