サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

永遠の春
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-01342-8
  • 国内送料無料

紙の本

永遠の春

著者 山口 泉 (著)

東京と北欧を舞台に、究極の生殖映画「永遠の春」の製作計画を通じて、現代世界全体のイメージを交響曲的に寓意化した小説。95年『文芸』に掲載された幻の小説を大幅に復元・加筆し...

もっと見る

永遠の春

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京と北欧を舞台に、究極の生殖映画「永遠の春」の製作計画を通じて、現代世界全体のイメージを交響曲的に寓意化した小説。95年『文芸』に掲載された幻の小説を大幅に復元・加筆した完全版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山口 泉

略歴
〈山口泉〉1955年長野県生まれ。77年に第13回太宰治賞優秀賞、89年に第1回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。著書に「ホテル・アウシュヴィッツ」「オーロラ交響曲の冬」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もう幻のような。

2002/06/07 00:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々宝砂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作者山口泉は、『宇宙のみなもとの滝』で第1回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞した人である。他にも『旅する人びとの国』などの傑作をものしているが、それら代表作は絶版になっている。ただ単に売れていないので絶版なのかも知れないが、ひょっとしたらこの人の本は禁書になっているのかも知れない…危険な問題提起に満ちた山口泉の本は、読者にそんな想像を抱かせる。

 この『永遠の春』という物語も、例に漏れず危険な本だ。山口泉は触わっちゃいけないところに触わるのが好きらしい(私も好きだが…)。この本の主要テーマはずばり「生殖」。出生率低下に歯止めをかけるべく、国家プロジェクトとして超越生殖映画「永遠の春」の製作が決定され、その製作に携わる人々の周辺が描かれる…というのが一応の枠組み。だがプロットは一筋縄ではいかない。物語は複雑怪奇な入れ子構造を持たされており、読み解くことは容易ではない。ここまで複雑にする必要があるのかどうか、正直なところやや疑問だ。また一応は完成した物語になっているとはいえ、重いテーマをたくさん詰め込み過ぎている上に、消化不良のモチーフだらけなので、読み終わってスッキリしない。しかし、もやもやしたところが残るにせよ、読後感は悪くない。

 この物語には、作中作として、「地上でいちばん、美しい時間」という小説が挿入されている。大人にはポルノ、青少年には教育映画となるはずの超越生殖映画「永遠の春」の原作ということになっているのだが…国民繁殖力の大祝典の開催と、生殖競技の選手団に入場が大げさに描写されるこの作中作、どう料理してもポルノになるとは思えない。むしろ生殖意欲をなくさせると思う。そういうわけで、この本、性欲を減退させたい人におすすめ(そんな人がいたら、だけど)。もちろん、重いテーマが好きな人、フェミニズムに興味のある人、近未来管理国家の話が好きな人、などにもおすすめ。小説としてはどうもイマイチだという気がするけれど、こういう類のものを書く人は、やはり山口泉の他にいないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む