サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

発達障害の豊かな世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:19cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-56155-9
  • 国内送料無料

紙の本

発達障害の豊かな世界

著者 杉山 登志郎 (著)

発達障害の治療とはどのように行われるのか、イメージすることは難しい。しかし、一度その世界に入り、子どもたちの体験世界に触れると、想像以上に豊かな臨床に驚かされる。発達障害...

もっと見る

発達障害の豊かな世界

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

発達障害の治療とはどのように行われるのか、イメージすることは難しい。しかし、一度その世界に入り、子どもたちの体験世界に触れると、想像以上に豊かな臨床に驚かされる。発達障害の臨床の世界を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

杉山 登志郎

略歴
〈杉山登志郎〉1951年静岡市生まれ。久留米大学医学部卒業。名古屋大学医学部精神科助手等を経て、現在、静岡大学教育学部教授。日本小児精神神経学会常務理事等を務める。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/04/22 12:32

投稿元:ブクログ

発達障害について。
事例がたくさん載っていて
面白かったです。

発達障害 は
なんとなく 興味があって
するする馴染めるまで
いろんな本を
とにかくたくさん
読んでみようと思ってて

その中の一冊 かな

2011/08/19 15:51

投稿元:ブクログ

児童精神科医の第一人者である著者が、彼が触れてきた発達障害児・知的障害児の実例をもとに、治療や療育のあり方について、著者の思いがまとめられた本書。

一般向けではあるものの専門的な内容も含まれ、ある程度発達障害について知識がないとちょっと難しいかもしれないが、そのような内容であるにもかかわらず非常に読みやすく、かつ大変わかりやすい。

ここで実践されている対処方法や療育、治療の進め方などは、実際にそのような障害をもつ人とかかわりあう人(親、教育者、障害者を雇用する事業主など)には、非常に参考になると思う。
また、そういう子どもたちの親にとっても、単に悲観するだけでなく、一筋の光のような、希望のようなものも感じられる、障害をもつ子どもたちへの著者の愛情あふれる良書であった。

2008/08/12 12:03

投稿元:ブクログ

最初ややとっつきが悪い…専門家向けに書かれたものなので難しい部分もあるけれど、読み進むにつれ、症例や実際の臨床経験を豊富にちりばめ、筆者の熱い思いが溢れた内容に、深く引き込まれる。そこに描かれている子供たちに共感し、上手く行くことを祈り、成功を共に喜べる。共同研究者により書かれた部分も熱心さが伝わってきた。グランディンさん来日のくだりなど読んでいてクスッとするほど表現豊かで面白い。文章も本当に上手な方だと思う。

2009/07/01 09:55

投稿元:ブクログ

難しい専門書のように見えますが、実際には至って読みやすいです。
様々な発達障害について、臨床例を含む実例を元にわかりやすく解説・考察されています。
まさに「豊かな世界」と言うべきでしょう。
私は特に「XYY症候群」という染色体異常の少年についての記録が深く心に残りました。

2010/02/24 12:09

投稿元:ブクログ

こちらは一般向けといえちょっと難しくなり中級くらい。教育者など多くの症例に対処すべき人向け。一般には、「発達障害の子どもたち」(講談社現代新書)のほうで十分で、個別のケースの本に行ったほうがよさそう。

2013/12/19 09:14

投稿元:ブクログ

発達障害についてそこそこ勉強しているつもりであったが、知識が整理されており新たな発見も多かった。
その理由は、豊富な臨床経験を有する筆者が、発達障害の人びとにとってのベストを求めるという真摯な行動が、説得力を持ち迫ってくるから。
何があるべきで、何が問題で、その根本の理由を仮設検証で明らかにするという基本動作も、理想を語る精神や信念とともにある必要を改めて思い知った。
何度でも読み返すべき。

子どもの病気 ランキング

子どもの病気のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む