サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

KISSと革命 2(リーフノベルズ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: リーフ出版
  • レーベル: リーフノベルズ
  • サイズ:19cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-434-00154-X
新書

紙の本

KISSと革命 2 (リーフノベルズ)

著者 黒川 あづさ (著)

旭が、妻の死後、彼女の連れ子だった佳順と恋人になって2年。佳順はモデルとしてパリへ行くことになった。そんな折、旭はずっと忘れられなかった朱門に再会、「諦められなかった」と...

もっと見る

KISSと革命 2 (リーフノベルズ)

918(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

旭が、妻の死後、彼女の連れ子だった佳順と恋人になって2年。佳順はモデルとしてパリへ行くことになった。そんな折、旭はずっと忘れられなかった朱門に再会、「諦められなかった」と告白されてしまう。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まさかの逆転劇が…。

2001/06/17 23:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyagi aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1冊目の『KISSと革命』、とっても面白かったです。しかし続編ではおそろしいどんでん返しが…(笑)
 一冊目でなんとか義理の息子とハッピーエンドにたどり着いたはずの旭(主人公)ですが、息子が海外に出掛けている10日だか一月だかの間にあれよあれよと昔の男とよりを戻し、自分の気持ちに素直に生きるために息子には正直に打ち明けなければとか考え出す始末。いやしかし、正直になる以前にこれは「浮気しちゃダメだよ」と言い残して出て行った18歳に対してあんまりな仕打ちなのでは…?
 それに息子の方も仕事仲間にちょっと「おまえのパパはほんとにおまえが好きなのか?」なんて突っ込まれただけで弱気になって、電話した先の旭の態度がおかしかったというだけで別れる心配をしてる。それどころかその話を持ちかけた仕事仲間のことが気になり出してるし。2年前のがむしゃらでひたむきだったあなたはどこに行ってしまったの?な気分です。
 と。読み進むにつれて雰囲気がおかしいとは思っていたのですが、結局彼らはばらばらの道を行くことになり、にも関わらず旭は義理の息子との関係もはっきりしないうちからあまり後ろめたさもない様子で朱門とやりたい放題で、それはちょっと違うと思ってしまいました。だいたい彼らはラブラブでもう葛藤とかそんなモノとは無縁だし、佳住ももう完全に悟ってしまって旭に対する執着心も何もない状態だから、勝負にもならないといいましょうか。
 何にしても、私は旭と佳住が、全く二人で向き合わないまま彼らの恋愛は終わりに向かって行った、というのが納得行かないです。彼らが再会した時にはもう全部が終っていたというのが切ないというよりおかしい。でも3巻で再びどんでん返しが……なんてことはないんだろうなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ボーイズラブ小説 ランキング

ボーイズラブ小説のランキングをご紹介します一覧を見る