サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 歴史
  5. 青土社
  6. 台湾、ポストコロニアルの身体

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

台湾、ポストコロニアルの身体
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 青土社
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7917-5815-3
  • 国内送料無料

紙の本

台湾、ポストコロニアルの身体

著者 丸川 哲史 (著)

複数の言語が折り重なる台湾のメディア状況、亡命作家・邱永漢の記憶の戦略、そして台湾ニューシネマ…植民地支配を刻印された文化の身体を、歴史−地政学的な遠近法から解読し、帝国...

もっと見る

台湾、ポストコロニアルの身体

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

複数の言語が折り重なる台湾のメディア状況、亡命作家・邱永漢の記憶の戦略、そして台湾ニューシネマ…植民地支配を刻印された文化の身体を、歴史−地政学的な遠近法から解読し、帝国的な眼差しの解体を目論む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

丸川 哲史

略歴
〈丸川哲史〉1963年和歌山県生まれ。法政大学大学院人文科学研究科修士課程修了。90年から3年間、台湾・高雄で日本語を教える。現在、一橋大学大学院言語社会研究科博士課程在籍。台湾文化研究専攻。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

平和な日常で安穏と暮らす頭を、ガツンと一撃された。そんな刺激的な1冊だ。

2000/07/24 19:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成田毅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

南の暖かい島、バナナの産地、大陸との軍事的緊張をはらむ経済の国。こんな形容は「台湾」の表層にすぎない。実際、何が起きているのか?
1987年の戒厳令解除後、台湾では個と集団のアイデンティティに大きな変動が見られるという。本省人(1945年以前からの住人)と外省人(1945年以後渡ってきた住人)という構図のみならず、そこで話される複数の言語、さらには「二・二八事件」(外省人による本省人虐殺事件)という忌まわしい過去。抑圧されてきた問題が噴出しているのが、現在の台湾だ。そして、これらの問題をつくった根底には、日本の植民地支配があった。
「植民地の記憶」「帝国の記憶」は、私たち日本人が、他人事として、無意識のうちに括弧に括ってきた、いや、意識的に無視してきたことだ。植民地はいまだに終わっていないことを、切々と語ってくれる名著だ。     (成田毅/フリー・エディター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む