サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハイ‐ライズ(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010377-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ハイ‐ライズ (ハヤカワ文庫 SF)

著者 J・G・バラード (著),村上 博基 (訳)

ハイ‐ライズ (ハヤカワ文庫 SF)

524(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

荒廃と頽廃

2001/11/26 02:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品を読んだのは、もう10年以上も前になる。しかし最近、この作品を思い起こさせられることに時々出会うようになった。Web掲示板などのネットのコミュニティの荒廃と崩壊のプロセスが、この作品を彷彿とさせるのである。
 この物語の舞台は、衣食住に必要な設備をすべて備えた、いわば垂直の都市ある40階建ての超高層住宅。裕福な上層階の住人と、中流の下層階の住人の間にくすぶっていた争いの火種が、さまざまな出来事を通してエスカレートしてゆく。次第にマンション内は荒れ果て、落書きとゴミの山に埋もれてゆき、ついにはプールに死体が浮かぶ事態に至る。そしてそこに至っても、誰も外部に助けを求めようとしないのだ。何事もなく平和な都市を周囲に見ながら、みずから閉塞したままマンション内の文明が崩壊してゆくのである。
 この作品は、『コンクリートの島』、映画化された『クラッシュ』とともに、テクノロジー三部作と呼ばれることもある。バラードが70年代に書いた、科学技術が生み出した閉塞状態に置かれた人々を描き出した作品である。
 SF者同士のおしゃべりの中で、ゴミの山に埋もれて荒廃したマンション内の様子だけをこの作品から取り出して、「私の部屋、ハイライズ状態なの」などとやりとりすることなどがあった。それは、この作品に描かれていることの中で、日常と関わりのある点はそれくらいしかなかったということなのだと思う。しかし日常生活にネットワークが入り込んでくるようになって、ネット内でのコミュニティの崩壊に、この作品の翳を見ることが多くなったわけである。次第に荒廃してゆくコミュニティ、エスカレートしてゆく悪意の現れ、ゴミ投稿が増加し、いやがらせが始まる。そして奇怪なことに、誰も外部(管理者等)に助けを求めようとしなかったりするのである。そういう状況を目にするたびに、この作品を思い出して背筋が寒くなる思いをする。
 Web掲示板などの崩壊を目にして、「どうしてこうなっちゃうんだろう?」と嘆いたことのある人にぜひ読んでほしい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/27 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/31 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/12 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/27 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/24 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/07 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/24 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む