サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

先生のつうしんぼ(偕成社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1984.10
  • 出版社: 偕成社
  • レーベル: 偕成社文庫
  • サイズ:19cm/180p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-03-550770-3

紙の本

先生のつうしんぼ (偕成社文庫)

著者 宮川 ひろ (著)

先生のつうしんぼ (偕成社文庫)

税込 648 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

3・4年生に贈る名作 偕成社文庫 20巻セット

  • 税込価格:14,148131pt
  • 発送可能日:購入できません

3・4年生に贈る名作 偕成社文庫 20巻セット

  • 税込価格:14,148131pt
  • 発送可能日:購入できません

3・4年生に贈る名作 偕成社文庫 20巻セット

  • 税込価格:14,148131pt
  • 発送可能日:購入できません

3・4年生に贈る名作 偕成社文庫 20巻セット

  • 税込価格:14,148131pt
  • 発送可能日:購入できません

3・4年生に贈る名作 偕成社文庫 20巻セット

  • 税込価格:14,256132pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

25年も前の古い本に、子供のころの周りの人のひととなりを感じた、懐かしい感じがした!

2009/02/01 08:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 妻が小学生の時に読んだ本書を古本屋で見つけたらしく、子供に読ませたいとして購入してきたもの。どれどれ、と自分も読んでみた。
 給食を残さずに食べる、というのは我々世代であれば、小学生の時には必ず言われていたことであり、好き嫌いのあった方にとっては最も嫌な思い出に通ずるものらしい(妻もそのひとり)。人のものも貰いながら給食を思う存分楽しんでいた自分にとっては、幸いその様な苦い思い出はない。
 本書では、給食を残さず食べるという場面から始まる。実は本書に登場する古谷先生は、にんじんが食べられない。前の学年で厳しくしつけられた生徒達は、ある生徒が古谷先生に給食を残しても良いか尋ねた返事「いいよ」に驚きと違和感を感じる。ある時1人の生徒が思わぬ所でその原因が判明し先生に手紙を渡す。先生の手紙への反応も良く、事実が判明しても先生を責める気にもなれず、その生徒は先生につうしんぼをつけようと決心する。
 本書はこの先、蚕の話や夏休み中の先生の旅の話、生糸を使った織物の話などから、古谷先生のつうしんぼの評価がなされていく。そこにはとなりのクラスの白井という女性の先生や蚕をくれたおばあちゃん、生徒の母親などが生徒に様々な示唆をする。
 生徒から突然手紙をもらったり、蚕を渡されたりした、古谷先生のとても素直な感情や態度はとても好感がもてる。最近人の話を素直に聞けず、「ムカツキ」、「イラツキ」、切れる人が多い中で、25年も昔の本に、当時のひととなりを見た様な感じがした。懐かしくも感じた。
 先生のつうしんぼは???、先生はにんじん嫌いを克服できたのか!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/11/17 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/04 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。