サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の内幕(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.10
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-597949-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

日本の内幕 (徳間文庫 ノンフィクション選集)

著者 梶山 季之 (著)

日本の内幕 (徳間文庫 ノンフィクション選集)

540(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

ノンフィクション選集1/日本の内幕

594 (税込)

ノンフィクション選集1/日本の内幕

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

何でも暴く

2010/12/03 22:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは梶山季之のノンフィクション=ルポルタージュ集だが、トップ屋時代ではなく、既に流行作家として多忙を極めていた昭和40年に連載したもので、その鋭さは衰えていないどころか、喰い付き具合を増しているようにさえ思える。
題材はまず「S・ドラゴン作戦」この少し前に暴露されたという「三矢研究」は第2次朝鮮戦争を想定したシナリオだったそうだが、これは米中または米朝戦争が行われた場合に自衛隊が米軍とどのような協同歩調をとるかという研究なのだそうだ。これへの梶山の批判は二つある。一つは、日本が米軍の後方支援基地となることで、日本への核攻撃の危険性があるということ。しかしそれは安保条約で基地を貞享している以上は避けられない話。もう一つは実は自衛隊は補給が十分でないということ。装備だけ立派な張り子の虎というのは、帝国時代の日本軍を思わせるが、現在ではそれが解消されているのかは知らない。そして暗に語られるのが、こういう機密が簡単に漏洩する防衛庁の体質であって、なんとこれは40年後の現時点でも明らかに解消されていない。
続いて昭和40年に調印された日韓基本関係条約の裏にある「韓国海苔」輸入に連なる利権について。さらに政界人脈や、経済援助の利権やら、出るわ出るわきな臭い話のオンパレード。むろん条約締結に異論のあるわけでもないわけだが、つまりやるならちゃんとやれということである。
赤坂やら銀座やらの、当時の政治家御用達店のレポートは、表では語られない派閥、人脈から、それぞれの趣味、嗜好まで現れてきて面白い。
医学会の学閥の移り変わり、これは東大、それから慶大、九大と一極集中から次第に拡散していっているわけで、やはり学閥ってあるんだなあと思いつつ、明治以来で少しずつ変わってきている実情は、弊害も残っているにせよ、意外と(?)関係者は誠実なんじゃないかという気もする。
七大新興宗教の経済力というのは面白い。外野からはうさん臭いと思われている部分が、当事者にとってはそれが誇らしい実力の現れであるというギャップ。そしてやはり驚くべきその資産。
競輪・競馬界の内部でのお金の流れ。
そして官僚の予算無駄遣いの実態。無味な外郭団体の山。ううむ、2010年にこういうのを読むのも感慨無量。
国有財産払い下げの実態。この当時はまだ旧軍使用地などがかなり残っていて、まあ、なんぼでもあるのでかなり適当にやってたということらしい。
これは珍しい社会党内の派閥の解説。なんつうか、セクト、イデオロギーの対立なんで、のっぴきならない。
梶山ノンフィクションには、なぜか40年後に読んでもまったく古びないという不思議さがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する