サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

王のしるし
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:1987
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:23cm/393p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-00-110830-5
  • 国内送料無料

王のしるし

2,916(税込)

ポイント :27pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本物の王とは

2002/10/08 12:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yan - この投稿者のレビュー一覧を見る

奴隷で、剣闘士のフィドルスは、
闘技場で友人を殺して自由の身になります。
行く先の目的がわからないで町で暴れている彼をとらえたものは
「ダルリアッド族の王の替え玉」になるということでした。
ローマがブリテンを支配していた絶頂期のころ、
北辺のスコットランドには
太陽の神を信仰するダルリアッド族と
大地の母を信仰するカレドニア族とがいて
互いに争い、交わりを持っていました。
ダルリアッドの王の位を簒奪したのがカレドニアの女王リアサンでした。
前の王の息子マイダーの「王のしるし」の額の刺青を傷つけ、
盲目にし、追放したのです。
七年ごとに王が交代するという大地の母の信仰を
押し付けられていたダルリアッド族は
マイダーに瓜二つのフィドルスを替え玉にして、
武装蜂起を企てたのでした。
この話の要点は、にせものの王であるフィドルスが
戦いを重ねていく間に、真の王に変わっていく心の葛藤だと思います。
マイダーのいとこのコノリーとの友情、
気のすすまなかったマーナ(リアサンの娘)との結婚、
そのあとに芽生えた愛、リアサンへの憎しみが
氏族の憎しみと同じだと感じたこと……

小さい黒人(エピダイ族)の族長が
黄金チドリの羽根をもう一度見ることがあれば
そのときは真の王になっているだろうという
魔法の言葉をフィドルスに言います。
フィドルスがローマ軍の人質にされ、
「人質のままか、王の解放で氏族の兵士を1000人よこすか」
という選択を迫られて、氏族のために自らの死を選んだ時
まさに黄金チドリの羽が見えたのです。

「太陽の光線が目を射た。その金色のめくるめく光は、
フィドルスの額に印された
馬族の王のしるしにあいさつを送っているように思われた」。
フィドルスが、ローマの砦の上から身を躍らせて死んだそのときに
ダルリアッド族は救われ、フィドルスは王になったのです。
母を追われ憎しみを抱いていたマーナがフィドルスを王と認め
心を許してゆく場面が私は好きです。
彼女もマイダーのいとこに当たるのですが
フィドルスをにせものとどこかで感じながら、
王として人として彼を受け入れていく
彼女の強さが好きです。
髪を漂白し、アクセサリーで飾り立てたいとこのコノリーの印象は
軟弱に思えましたが、彼がフィドルスと交わした誓いに感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/20 07:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む