サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

仮面山荘殺人事件(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 495件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1995/03/07
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-185966-8
文庫

紙の本

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

8人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた8人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに1人が殺される。だが...

もっと見る

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

税込 616 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

8人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた8人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに1人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。7人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった……。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店京都BAL店

これでラストか?と思...

ジュンク堂書店京都BAL店さん

これでラストか?と思わせておいて、どんでん返しを仕掛ける古典的な構造が用いられているにも関わらず、そのラストには思わず唸らせられました。
本格推理小説を読み終わって驚くことが出来るのは、読者が作者の仕掛けた伏線に気付かないからだろう。本作も例外ではありません。全く気付きませんでした。コレに気付いた方はかなりのツウですね。
とにかく、東野圭吾の本領が存分に発揮されていることは確かです。「山荘」という一つの場所だけで読者を引っ張ってゆく力、そしてラストの壮大なアクロバット。とにかく読んでみて下さい。

京都BAL店文庫担当

ジュンク堂書店難波店

みんなのレビュー495件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

感動

2008/04/07 01:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「今回はこういう手で来たか」という感じ。気持ち良く最後まで騙されました。
まるで舞台劇のようにストーリーが進行します。
誰が犯人か?いつ終わるのか?とハラハラしつつ、自らも謎解きにチャレンジ。
ラストには良い意味でホッとしました。こういうミステリーがあっても良いんじゃないかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どんでん返し

2020/06/09 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさがき - この投稿者のレビュー一覧を見る

文字通り、大どんでん返し。
ですが、それだけではなく、やはり人物それぞれの性格描写やエピソードの巧妙さが印象に残ります。面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

仮面の在処は最後に

2020/01/22 23:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テトラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

その題名からいわゆる“嵐の山荘”物を連想するが、確かに本書はそのジャンルに類いする物である。
が、しかし館の関係者が外部に出られない状況というのが突然の強盗の襲撃と篭城という非常に特異なシチュエーションであるのが、この作家を他のミステリ作家と一線を画する存在にしている。そんな緊張状態の中での殺人劇という、実にアクロバティックな手法を繰り出す。

強盗襲撃という心的疲労に加え、殺人事件の勃発とさらに関係者の心労は募る。従って次第に人格者であった彼ら・彼女らの精神状態も脆くなり、泥沼のやり取りが繰り広げられる。
まさしく「仮面」を被った者たちの饗宴だ。

しかしそれらは典型的な密室劇のフォーマットに則った展開とも云える。
しかし東野氏はさらに読者の想像の上を行く。最後10ページ弱の中で明かされる大どんでん返しに読者はしばし呆然とするに違いない。

最初私は、“嵐の山荘物”といい、題名といい、あまりに本格ミステリど真ん中の内容にちょっと面食らった。
というのもこの前に発表した『宿命』から人の心の謎に焦点を当てた第2期東野ミステリの幕開けを確信しており、それ故、今回も人間関係の綾と心の謎がメインのミステリになると思ったからだ。
しかし最後の真相に至り、やはり東野氏の興味はそこにあるのだということを再度確信した。

正に「嵐の山荘物東野風変奏曲」とも云えるこの作品。ここは素直に作者の入念な企みに拍手を贈ろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

複雑

2013/07/07 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆみぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

何だか 複雑で 面白い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クローズドサークルもの

2017/04/04 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cocoon - この投稿者のレビュー一覧を見る

犯人を当ててやった!動機も当ててやった!と得意になって読み進めていたら、なんと、、、汗。
全部ひっくり返されてしまった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好きになれないのかもしれない

2015/03/26 09:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなんありなんかなぁといつも東野圭吾作品は思うところがあるけれど、 そのなかでも最たるものがこれではないか。いたく釈然としない私はいつになっても東野圭吾作品は好きになれないのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

題名に力が入らないと…

2004/07/10 16:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

「仮面山荘殺人事件」東野圭吾。老主人の山荘に集まった人々は事故死した娘の関係者だった。娘は結婚式を1週間に控えていた。集まった山荘に銀行強盗をして逃亡している二人組みが侵入する。人質となった人々だが監禁中に殺人事件が起きる。事故死した娘と関係有るのか? 徒労のような推理劇が始まるのだ。
 面白い構成で楽しめるのですが、結構先が読めた読者も多い事と思います。バレてもバレたなりに楽しめるのですが、意外な設定の割には驚きは少ないのですね。つまり虚構の世界では無さそうだけど大いにあり得る設定でして、現実には有りそうだけど無い話なんですね。Mission Impossible なのだ。どの様に展開していくかは仕方によって成否が問われるわけですが、まずは成功なのでしょう。動機が希薄そうに見えますが、結婚前の男女、男でも女でも揺れ動く事はあるようですから、むしろ結婚式直前だからこそとも言えそうです。こういった場合、乃南アサ氏や小池真理子氏だったら逆の復讐劇がありそうですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっともの足りない感じ

2015/08/23 05:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらきら - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾の作品は好きなのですが、これは期待はずれでした。

始めのうちはまだどう展開するかわからなかったのが、中盤では場面の不自然さが目立ち、
登場人物の役割もばれ始めていました。
会話にも行動にも無理があって「つくりもの」の感が否めず、ちょっと残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どうかなあ…

2004/07/02 13:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりー - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾さんの本、これが初めてなんですけど、喜びとがっかりが入り交じった気分になりました。
喜びは「この作家はおもしろい! 読んでみてよかった」ということ。
がっかりは、結末かな〜。
ネタバレになるので、詳しくいえないけど、途中から疑ってた結末で、正直がっかり。
内容もおもしろいし、読みやすいし、怪しいと思ってた結果が当たったなら喜びそうなところだけど、とある外国の作家の結末と似てたから気付いただけなんですよね。
非常におもしろかっただけに、残念度もアップ。
星二つにしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/06 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/30 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/09 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/02 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/12 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/12 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。