サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. キックさんのレビュー一覧

キックさんのレビュー一覧

投稿者:キック

705 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

下町ロケット

紙の本下町ロケット

2014/01/13 16:27

池井戸潤、絶対の代表作!

27人中、27人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

さすがに直木賞受賞作品です。掛け値なしに面白い小説でした。
 内容は、中小企業(とは言っても年商100億円ぐらいの優良企業)が、銀行からの理不尽な融資打ち切りや一流企業からの数々の無理難題等に、プライドを持って立ち向かい、見事に勝利していく爽快感溢れるストーリーです。最初はバラバラだった会社が、こうした出来事を通して、徐々に一体となっていく筋立ては、まさに池井戸氏の真骨頂だと思いました。
 また、主人公以外にも魅力的な人物が描かれています。銀行出身で外様と思われていたトノやホワイトナイト的存在の神谷弁護士、敵対する会社の中で唯一の理解者財前部長等々。私は、生真面目で線が細いと思われたトノの気骨溢れる行動や発言に結構感動しました。
 とにかく夢があって、感動シーンも多く、2日で一気読みしたのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

韓国人による恥韓論

紙の本韓国人による恥韓論

2014/06/01 16:54

反日教~知らなければ何も始まらない

29人中、25人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「嫌韓本」の類は読むと疲れるだろうと思い、意図的に避けてきました。ところが、本書は韓国人が匿名とは言え、自分の社会生命を賭け、韓国の現状と日本への警鐘(アドバイス)を書き記した本と知り、読んでみました。
 韓国では、老人の二人に一人は貧困で自殺率も高く、一方青年雇用率は40%を切っているとのこと。豊かな人はごく一部という矛盾だらけの社会の中で、唯一のはけ口(=心の拠り所)が「反日」。「韓国では、反日でないものは国賊扱いされ、見つかれば社会的に抹殺される(7ページ)」。そして「相手が日本なら、何をしてもいい(166ページ)」。さらに「東日本大震災の夜、喜びの叫びを何度も耳にした(59ページ)」とのことです。極めて歪んだ精神構造で、想像以上に常軌を逸した国だと理解できました。
 不都合な事態は、こじつけてでも全て日本の責任とし、反日だけを心の支えとするのが「反日教」とのこと。その教育を受けてきた韓国の若者が、社会の中枢となった時に、一体何が起こるのでしょうか。私たちは、このような理解しがたい国が隣にあることを、呪うしかないのでしょうか。

 ほんの数日前のことです、あるテレビニュースの番組で、著名な解説者が「韓国人は全てが反日のようにネットでは流布しているが、事実ではない。日本人は冷静にならないといけない」と、さも日本人が悪いかのように発言していました。自分の社会生命を賭けてまで真実を届けようとしている本と、薄っぺらい自虐的な日本人解説者のコメントと、どちらが信頼できるかは明らかですね。韓国の反日構造を知るためには必読の書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ルーズヴェルト・ゲーム

紙の本ルーズヴェルト・ゲーム

2014/03/19 20:26

7対0からの逆転劇

25人中、23人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待望の文庫化。即行で買って、一気読みしました。
 どん底からの大逆転劇。しかも勧善懲悪的な爽快感溢れる結末です。池井戸作品のお約束のパターンですが、これほど痛快なものはありません。通勤電車の中で、涙が出そうになり困ってしまいました。
 内容は、リーマンショックに端を発する景気悪化で業績が落ち込んだ中堅規模の電子部品メーカーが、ライバル企業の陰謀を打ち砕く復活劇と、廃部危機に陥った社会人野球部の奮闘劇の2本立てストーリーが、同時並行に互いに絡みながら進んでいきます。これも池井戸氏お得意の展開。巧みなストーリー構成に脱帽です。
 さらに、本作でも魅力的な登場人物が登場します。野球部監督の大道、野球部長の三上、マネージャーの古賀、職人気質の神山部長、創業者の青島会長、大番頭の笹井専務等々。なかでも笹井専務には良い意味で裏切られました。脇役達に比べると、主役(?)の細川社長の影が薄いように感じますが、本書はこの細川社長の成長物語にも仕上がっています。
 とにかく、池井戸作品は期待を裏切りません。お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

待ったなしの課題

14人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少子高齢化が招く驚愕の近未来。
 社会福祉や社会インフラはもとより、ありとあらゆるものが先細りとなり、国力は減退し、国土は他国に侵略され、日本人は絶滅危惧種になるという惨憺たる末路でした。少子化対策や高齢者対策等が現状程度で推移するという前提つきながら、確度は高いと思います。
 次世代のためにも国家のあり方を抜本的に見直す必要があり、それは待ったなしの課題だと理解できましたが、足下のことしか考えない政治家や、保育園の建設さえも反対するような高齢者たちをどうすれば変えられるでしょうか。

 ところで、以前、農業関連の仕事をしていたのですが、20年前には既に、農業従事者の後継者不足と高齢化問題は「待ったなしの課題」と言われていました。ところが、掛け声だけで、抜本的な対策が打たれることはなく、農業のジリ貧状態は深刻化の一途です。日本人は「待ったなし」をそのまま先送りする国民性のようです。
 そして、今や日本全体を高齢化が直撃。「待ったなし」を先送りすると、日本民族がジリ貧になることは農業が実証しています。本書を読んで、オリンピックに3兆円もかけている場合ではないと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈みゆく大国アメリカ

紙の本沈みゆく大国アメリカ

2014/12/03 20:14

オバマの陰謀(オバマケアの真実)

13人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「オバマケア」って、米国版の国民皆保険制度と思っていました。ところが、日本の皆保険とは似ても似つかない制度だったとは・・・本書を読んで驚きました。
 オバマは少数の大企業の利益のために、甘言を弄し、言葉巧みに米国民を騙していきます。制度施行後に騙されたことに気が付いても、後の祭りです。その中味はオバマケア以前の民間の保険よりも格段に悪くなっていて、まともな医療を受けられるのは、一握りの富裕層のみ。保険証を握りしめながら、盲腸炎で亡くなった女性の話は、あまりにも可哀想でした(112ページ)。
 「フロンティア精神」の遺伝子がないオバマにとって、米国が国家として沈没・解体されることは、大したことではないのでしょう。だからオバマは、米国民のためではなく、大会社の利益誘導のために働きます(献金欲しさからでしょうか?)。「オバマケアは中流消滅への最後のトドメ」とのこと(105ページ)。米国民にとって史上最悪の大統領に間違いありません。
 ただ、他人事ではありません。米国企業の次のターゲットは日本とのこと(165ページ)。安倍の新自由主義(アベノミクス)は、オバマ戦略の延長線上にあるように映ります。中でも医療改革は、成長戦略の一つと位置づけられ、TPPに反対する医療業界は農協と同様に成長戦略の抵抗勢力(=国民の敵)だと政府等に喧伝されています。このままでは、日本人も米国人と同じ轍を踏むのではないでしょうか。世界が羨む「日本の国民皆保険制度」を守るために、政治の動きには細心の注意が必要です。
 本作も渾身のレポートでした。堤氏の著作に外れはありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歯はみがいてはいけない

紙の本歯はみがいてはいけない

2016/10/07 20:54

目から鱗の歯みがき術

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

目から鱗の歯みがき術。なにも「歯をみがくな」と言っているわけではなく、「間違った歯みがき習慣を改めよ」という本です。
 具体的には、起きたらすぐに「歯みがき」、デンタルフロスを使う、鏡で口の中を確認して「歯みがき」、歯ブラシは、一ヶ月以内に新しいものに交換、いつでもどこでもデンタルフロスが使えるように常備、定期的に歯科医院で歯垢と歯石をとる。私が通院している歯科医院からも、ほぼ同じことを言われていて、納得の内容でした。
 加えて、良い歯科医院を見分けるポイントも示されていますので、本書は万人にお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

国境のない生き方 私をつくった本と旅

ヤマザキマリ氏は規格外の人物でした

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「遠望ニッポン見聞録」を読んで感銘を受け、本書も読んでみました。本書は、ヤマザキ氏の自伝で、人生の節目に出会った人々や本のことを中心に語っています。

 ヤマザキ氏を含む我々の世代は、「新人類」と呼ばれ、「自分が傷つくことは避けようと行動する」と言われた世代です。「無気力」「自分勝手」「マニュアル人間」とも揶揄されました。また、戦後の貧しい時代に食べることさえ苦労した親たちから、「有名大学を卒業して、大企業に就職することがゴールだ」と言われ、安全で安定した生き方を目指し、コツコツと勉強した世代でもあります。だから、その子供たちである「サトリ世代」に対しては、もっと安全な生き方をするように育てているのでしょう。そんな同世代であるヤマザキ氏の、「新人類」ではない波乱万丈・破天荒な人生に、私は驚愕しました。
 「国境のない生き方」というのは、月並みな言葉では「自分の殻を破りましょう」ということだと思います。自分の殻に閉じこもると、その先にある広大な世界や自分の未来(可能性)が見えなくなるものです。だからこそ、今から人生を切り開いていく若い方には、本書を一読し、自分の未来について考える機会にしてもらいたいと思いました。
 また、母親のヤマザキ氏への影響力は半端ないものがあります。幼少期の親の教育(=躾)がいかに子供の人生を左右するかということが理解できますので、真似はできないと思いますが、子育て世代の方にも本書を一読することを勧めます。

 社会人になりたての頃、「若い時の苦労は買ってでもせよ」と、旧世代の方たちに私も散々説教されました。当時は「誰が好んで苦労なんか買うかよ!」と無視(反抗)したものです。しかし、今となってみると、確かに真理であったと、読後、素直に思いました。
 一方で、人生をやり直すとしても、ヤマザキ氏の真似は絶対にできませんし、結局、冒険はせず、安全で安定した平凡な道を探すような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

韓国人による沈韓論

紙の本韓国人による沈韓論

2014/09/07 15:44

セウォル号沈没事故から読み解く韓国の反日構造

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シンシアリーさんによる韓国論の第2弾です。即買いしました。
 本書では、セウォル号沈没事故と反日を対比させ、現在の韓国人の思考・行動を浮き彫りにしようという内容でした。
 『韓国で言う「謝罪」とは弱者を決める手段であり、謝罪させることで無条件で自分のせいではなくなることになり、同時に「相手が自分より下になる」』とのことです(228ページ)。また、韓国人は『自分が所属している集団だけを「ウリ(私たち)」とし、それ以外を「ナム(他人)」としながら、事あるごとに「ウリだけ団結」します(138ページ)』。つまり韓国民を団結させ、分裂を防ぐ最強の「ナム」は日本であり、反日は最強の国策となっています。
 『慰安婦問題で国家として「謝罪」した日本は、永遠に韓国の「下」であるわけだから、韓国に隷属するまで、謝罪と賠償しろ・・・もはや「謝罪しても無駄だ(許さない)」という流れになっていて、朴大統領の「千年恨む」はその延長線上の発言(224ページ)』。つまり、日本へは永遠に謝罪と賠償を求めるということです。ところで、平身低頭でペコペコする都知事の姿こそ、韓国人にとって「正しい日本人の姿」だったでしょうね。
 この同じ構造が、今回のセウォル号沈没事故の「被害者だから何をやってもいい」という態度に表れている。つまり『大統領が謝罪したから、犠牲者家族は大統領より「上」になり、「被害者」という名の、無敵の権力者が生まれた(246ページ)』という分析です。
 「反日」=「憎しみ」、「憎む」=「愛国」という構図の中で、この思考・行動パターンは「反日」に止まらず、社会生活の中に広く浸透してきており、このままでは「沈韓」するだろうという予言の書でした。

 とにかく、韓国人による韓国論ですので、説得力があります。シンシアリーさんは奇跡的に「反日教」に洗脳されなかったからこそ、自国を客観的に見ることができるのでしょう。自国に居ながら、自国を完膚なきまでに批判するわけですから、その覚悟と勇気には感服します。引き続き、韓国のナマの情報を発信してほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本人はなぜ日本のことを知らないのか

トホホな歴史教育

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「日本は連合国から占領を受けて以来、日本に誇りを持てるような教育が禁止され、今に至る(28ページ)」。また 「アーノルド・トインビーは『12、3歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる』(37ページ)と述べている」とのことです。
 中国や韓国の「反日教育」は有名ですが、まさか自分の国が「忘日教育」をしてきたとは、唖然としました。確かに学生の頃、建国の歴史(日本神話)は全く教えられませんでした。未だに連合国の占領政策に縛られているとは驚きです。

 かく言う私も神話の時代に興味を持ったのは、1年くらい前からです。梅原猛氏の「天皇家のふるさと日向をゆく」等を読んで、日本人であれば日本神話を知るべきと思いました。日本神話は、日本人がどこから来たのかを考える契機となります。建国の歴史を知ることは、まさに日本を知ることです。
 「日本を、取り戻す」ためにも、日本の歴史を学び直す意義は大いにあると確信しました。

 本書は2部構成になっています。第1部は「日本はいつできたのか」と題して、歴史学と考古学の両面から、日本の国の成り立ちについて解説されています。また第2部は、中学校の歴史の教科書をイメージし、人類の起源から律令国家が完成するまでを書き下ろしています。
 とにかく、建国の歴史を知る入門書として、一人でも多くの日本人に読んでもらいたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夜を乗り越える

紙の本夜を乗り越える

2016/06/10 20:56

又吉氏渾身の読書論

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「なぜ本を読むのか?」をテーマにした又吉氏渾身の読書論です。又吉氏の本に対する真面目な熱い思いに、感動しました。
 内容は、第1章は文学との出会い(高校卒業までの読書体験)、第2章は高卒後(上京)から「火花」執筆まで、第3章は本の魅力、第4章は太宰治論、第5章は近代文学(芥川龍之介、夏目漱石、谷崎潤一郎、三島由紀夫、織田作之助、上林暁)の読み方、第6章は現代文学(遠藤周作、古井由吉、町田康、西加奈子、中村文則)の読み方でした。
 一部抜粋すると、「自分の感覚の確認ができる」「今までなかった視点が自分の中に増え、物事の本質に近づくことができる」「他人の人生や判断を知る」「本をおもしろく読めないのは自分の責任だ」「本を読むことは無駄足じゃないし、遠回りでもない」「本の中に無駄な文章はひとつもない」「僕は小説に救われてきました」。
 本を自分の血肉とする究極の読書術です。とにかく熱い真面目な読書論で、本への熱い思いが溢れています。純文学を読み始める中高生には是非読んでもらいたい良書でした。 ただ「本をおもしろく読めないのは自分の責任だ」には参りました。私は、純文学を大学受験のために読んでいたようなところがあって、大学入学後、遠藤周作・夏目漱石・武者小路実篤以外の純文学は読んでいません。恥ずかしい限りです。又吉氏のように、深く読める自信はありませんが、純文学に再挑戦しようかなと思いました。・・・と言いつつも、本屋に行ったら、やっぱり大衆小説を手に取ってしまいそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

韓国人による震韓論

紙の本韓国人による震韓論

2015/09/23 20:16

日本、強くあれ!

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シンシアリーさんによる韓国論の第4弾です。
 シンシアリーさんの本シリーズを読めば、韓国の反日動向が良く分かります。新聞やテレビというフィルターを通すと、真の韓国の姿が隠れますので、私は本シリーズを必ず読むことにしています。本書では、2月のシャーマン発言から8月の安倍談話までの、反日を巡る韓国のドタバタ劇を通して、 「日本にもっと気軽に変わってほしい(7ページ)」とのメッセージを送っています。

 「明治時代に産業がどうなったかなど、元から韓国に眼中にありません。大事なのは、日本への攻撃のネタが増えたことです(201ページ)。」韓国にとって「関係改善」とは、相手を騙してでも、自分が有利になる材料を獲得することとのことです(第五章)。安倍の政策で唯一評価できるのは、中国・韓国への強い姿勢ですが、「明治産業遺産の世界遺産登録」は完全な失敗でした。韓国を利するくらいなら、世界遺産登録しなくても良かったのではないでしょうか。
 「今の子どもたちが大人になって、その中から外交部の長官や次官も出てくるでしょう。韓国の反日が今より弱くなる可能性は、ほとんどありません(212ページ)。」今や韓国は「国全体が反日人間量産施設」と化しているようです(203ページ~)。シンシアリーさんのような反日教に洗脳されていない韓国人がゼロになった時に、一体何が起きるでしょうか。

 とにかくニュース番組のキャスターたちは、本書を読んで、少しは勉強してもらいたいものです。そして安易に「韓国との関係改善が必要だ」なんて言わないでほしいと思います。なぜなら、韓国は我々の価値観では推し量ることができない反日妄想国なんですから。
 シンシアリーさんは、最後に「日本、強くあれ!(271ページ)」と日本へ熱いエールを送ってくれました。シンシアリーさんには、引き続き、韓国のナマの情報を発信してほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不祥事 新装版

紙の本不祥事 新装版

2013/09/06 20:39

女性版「半沢直樹」の物語

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

銀行の仕事を熟知している池井戸氏ならではの短編集です。8つの話で構成され、それぞれが緩く繋がっています。
 内容は、銀行の窓口を舞台として、勃発する数々の不祥事に挑む女性行員(ヒロイン)の物語です。半沢直樹シリーズと比べると話のスケールは小さくなりますが、悪事を暴き悪人をやっつける痛快ストーリーは、まさに女性版半沢直樹です。

 銀行はカネを扱う職場ですから、時代が変わっても不祥事は絶えません。すなわち偶発的な事務ミスもあれば、それこそ犯罪に繋がる事件に事欠きません。本書は小説ではありますが、たいへんリアルな感じがして、そこがまた面白いと思いました。
 とにかく、半沢直樹シリーズに優るとも劣らない仕上がりで、期待を裏切らないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オレたち花のバブル組

紙の本オレたち花のバブル組

2013/08/28 19:24

基本は性善説。しかし、やられたら、倍返し

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前作も面白かったですが、本作はそれを凌ぐほどの快作です。
 二つの話が同時並行に走り、意外な形で最後に合流します。また、読者をハラハラさせる仕掛けがいくつもセットされていて退屈させません。加えて、本作ではサブ主人公(近藤)が半沢に匹敵するような大活躍をする等々、巧みなストーリー構成に感服。一気に読み終わりました。こんなに面白い小説があったとは、知りませんでした。TVドラマに感謝です。
 なお、TVドラマではやや劇画チックな演出をしているため、滑稽で思わず吹き出すようなシーン(例えば金融庁の検査官を店頭にて頭取以下が出迎えるなんて、ありえません)が散見されますが、小説ではよりリアルに展開していきます。銀行を舞台に、こんなに面白い小説を書く池井戸氏の次回作に、ますます期待します。

 私個人としては、仲が良かった同期が畑違いの部署に異動させられたため、心身症となり、今ではある部署に塩漬けとなっています。彼にも、近藤のように復活する日が来れば良いがと、祈らざるを得ませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

〈株〉貧困大国アメリカ

紙の本〈株〉貧困大国アメリカ

2013/08/20 14:08

大資本に牛耳られる米国

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読後の感想は、衝撃の一言です。 自由の象徴であるアメリカの真の姿(=裏の顔)が描かれています。この裏の顔は、日本で報道されることはありませんので、初めて知る話ばかりで、とにかく驚きました。
 
 内容は、第1章から第3章は遺伝子組み換え食品等の「食ビジネス」、第4章は「公共サービス」、第5章は「政治とマスコミ」の裏事情のルポとなっています。
 株主利益のためなら、何でも買い漁る大資本の実態が浮彫りとなっていて、国家がその大資本(=多国籍企業)に牛耳られていく姿は、まさに恐怖です。そこには国民の安心・安全等は全く視野に入っていません。視野にあるのは、大資本の利益のみです。
 「50州からなる合衆国は、究極の地域主権」(206ページ)であり、『レーガン政権以降、一貫して「自由市場」を掲げてきたアメリカ。皮肉なことに、規制を緩めつづけた先に行き着いたのは、少数の大企業による市場の独占だった(72ページ)。』とのこと。「橋下市長」が言うところの道州制(地方分権)は、バラ色ではないことが良くわかりました。

 ただし、本書に書かれている事柄が、どこまでが真実かを確認できる手段はありません。普段から新聞報道等を注意深く観察し、裏を読み取るくらいの洞察力でフォローするしかありません。
 そう言えばアメリカでは、「財政の崖」問題が今秋にも再燃する可能性があるとのこと。この論争の陰に隠れて、「真の問題から目をそらさせる(239ページ)」ような動きが、果たしてあるのでしょうか・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

東京防災

電子書籍東京防災

2016/05/17 20:52

東京都民必読の本

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

熊本大地震をきっかけに読みました。
 第1章は地震発生から避難行動や生活再建までに起こりうる危機と行動、第2章は災害への備え(物の備え、室内の備え、室外の備え、コミュニケーションの備え)、第3章はその他の災害(大雨・暴風、集中豪雨、土砂災害、落雷、竜巻、火山噴火、テロ・武力攻撃、感染症)と対策、第4章は災害発生時に役立つ知恵や工夫(心肺蘇生法、止血、骨折・捻挫・切り傷・やけどの応急手当、消化器の使い方、新聞紙の活用方法等)、第5章は災害知識(地震、津波、台風、大雨、さまざまな気象情報、過去の大規模災害、生活再建支援制度の手続、日常生活の支援制度、緊急時の応急措置、災害ボランティア等)という内容で、災害関連事項を網羅。随所に絵図や表を使った理解しやすい紙面構成となっています。章末毎のおさらいクイズも効果的です。
 まずは第4章の「家族でやろう防災アクション(228ページ)」を参考に、家族の連絡方法・集合場所・地域の危険度の確認や防災に必要な物のチェック等を行おうと思いました。良書なので、私のように配布後も放置したままの方には一読を勧めます。良書なので、読まないと勿体ないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

705 件中 1 件~ 15 件を表示