サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 哲学・思想
  5. 新講社
  6. いつか死にゆく人としての小さなケジメ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いつか死にゆく人としての小さなケジメ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 新講社
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-915872-22-X
  • 国内送料無料

紙の本

いつか死にゆく人としての小さなケジメ

著者 斎藤 茂太 (著)

精神科医・モタ先生が、「死」を迎える準備についてやさしく説く。生にケジメをつけて、おおらかに死を受け入れる生き方とは? 納得のいく後半生の送り方とは? 温かいユーモアをも...

もっと見る

いつか死にゆく人としての小さなケジメ

1,543(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

精神科医・モタ先生が、「死」を迎える準備についてやさしく説く。生にケジメをつけて、おおらかに死を受け入れる生き方とは? 納得のいく後半生の送り方とは? 温かいユーモアをもって、おだやかに死を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

斎藤 茂太

略歴
〈斎藤茂太〉1916年東京都生まれ。明治大学文学部、昭和医科大学卒業。慶応義塾大学医学部にて精神医学専攻。現在、精神神経科斎藤病院名誉院長。著書に「精神科の待合室」「安らぎの処方箋」等多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いつかくるとはしりながら、昨日今日とはおもわざりしに

2001/03/18 12:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

「余は今まで禅宗の悟りをいうことを誤解して居った。悟りというのはいかなる場合にも平気で死ぬる事かと思っていたのは間違いで、いかなる場合にも平気で生きることであった」正岡子規

 生きるものは死亡率は100%なのだ。
 だが、誰もが自分は明日死ぬかもしれない、と覚悟しながら生きてはいない。しかし突然死という幕切れが襲ってきたときに、後悔しないだろうか。
 あと三年の命と思って人生を生きよ、と誰かにいわれたことがある。そうでもしなれば、人生を生ききることは出来ないのだろう。
 またこの本はたんに心構えだけでなく、周りが困るようなものは残さないこと、など結構具体的な死の準備にも触れている。
 一度読んでおくといいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む