サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

編みものばあさん
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1997.11
  • 出版社: 径書房
  • サイズ:20cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-7705-0161-7
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

編みものばあさん

著者 ウーリー・オルレブ (作),オーラ・エイタン (絵),もたい なつう (訳)

ちいさな町に編みぼうを入れたかばんをもったおばあさんがやって来た。住む家の見つからないおばあさんは、ベッドからテーブル、家まで毛糸で編みだした。そして最後に笑って遊ぶ二人...

もっと見る

編みものばあさん

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ちいさな町に編みぼうを入れたかばんをもったおばあさんがやって来た。住む家の見つからないおばあさんは、ベッドからテーブル、家まで毛糸で編みだした。そして最後に笑って遊ぶ二人の子どもを編んで学校に連れて行くと…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ウーリー・オルレブ

略歴
〈オーラ・エイタン〉イスラエル生まれ。ビザレル美術アカデミー卒業。同校で絵を教えるかたわら、子ども向けの絵本を数多く発表する。作品に「でてこいミルク!」「おひさまがしずむよるがくる」。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

どうしてみんないっしょに暮らせないの?

2001/02/16 13:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:渡辺順子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作者のオルレブ氏は、ポーランドのワルシャワにユダヤ人の子として生まれた。第二次世界大戦がはじまると、父親は軍医としてソ連軍の捕虜となり、母親はドイツ軍に銃殺されている。作者はアンネ・フランクも亡くなったベルゲン・ベルゼン強制収容所に収容され、そこで十四歳のときに終戦をむかえた。

ある町に一人のおばあさんがやってきて、毛糸でスリッパや家、さらにふたりの子どもまで編み、毛糸でできた子どもたちと楽しい生活を送っていた。生き生きと飛び跳ね、いたずらもする子どもたち。しかし、そんな子どもたちを学校や社会はけして受け入れようとはしなかった。「毛糸の子どもだ たいへんだ! 編んだ子どもは おことわり!」と。

そこで、おばあさんは毛糸であんだヘリコプターに乗って、国の都に住む大臣に会いに行く。しかし、ここでも「この国に編んだ子どもはおことわり」と拒絶されてしまうのだった。おばあさんは結局、毛糸で編み出したすべてをほどき、町を去っていく。

一見、毛糸で生活のすべてのものを編みだして暮らすという、その発想の豊かさに気をとられがちであるが、いつの時代にあっても、自分たちとは異なるものを排除しようとする大衆心理や異文化への無理解を、わかりやすい絵と文で表現している絵本。

これは、ユダヤ人として迫害された作者の経験とけっして無関係ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む