サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 人生を変える80対20の法則

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人生を変える80対20の法則
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 59件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.6
  • 出版社: TBSブリタニカ
  • サイズ:20cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-484-98106-8
  • 国内送料無料

紙の本

人生を変える80対20の法則

著者 リチャード・コッチ (著),仁平 和夫 (訳)

成果の80%は、20%の時間で得られる、利益の80%は20%の顧客がもたらす…仕事はもちろん、人間関係、投資、家庭、レジャーなどにも応用自在な、成功と幸福を呼ぶ思考法を紹...

もっと見る

人生を変える80対20の法則

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

成果の80%は、20%の時間で得られる、利益の80%は20%の顧客がもたらす…仕事はもちろん、人間関係、投資、家庭、レジャーなどにも応用自在な、成功と幸福を呼ぶ思考法を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー59件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

2割で8割が理解できる本です。

2003/03/17 01:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aguni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「原因のわずかな部分が、結果の大きな部分をもたらす」というパレートの法則。俗に言う「80対20の法則」。これだけで一冊の本を書いてしまったらどうなるか、という本である。一体、単行本一冊分の内容があるのだろうか?と疑問に思って買ってしまった。

 著者のリチャード・コッチは企業家、経営コンサルタント。この本は彼がその法則を普及するために書いた本である。彼も言うように、この本は書かれている内容の2割しか熟読されないだろうが、しかしそれで8割の重要なことは読み取れる。

 彼はこの法則をカオス理論とも結び付けている。ここが面白かった。つまりは情報にしろ経済にしろ、結果がまた代入される「フィードバック・ループ」が生じるために、バタフライ効果が発生し、小さなものが増幅されて、結果として大きな影響を与えるというのだ(詳しくはこの分野の名著ジェイムズ・グリック「カオス」などを参照されたし)。本当かしら、とは思うが、不思議と納得してしまう。富の集中の問題も、ヘッジファンドの振る舞いも、バブルの狂奔も、なんとなく理解できるような気がする。

 しかしこの本の真価は、実は仕事術や経営の在り方の見直しに役立つところにあると思う。顧客満足にしても、ファシリティにしても、プロジェクトマネジメントにしても、カイゼンにしても、会議の在り方、組織の在り方にしても、本当に成功したければ、多数の声を聞いていてはダメ、ということだ。少数で最大の「効果」をもたらすのはどの声か、ということを見極めなくてはならない。また、仕事術でいえば、自分や部下のやっている仕事のうちの80%は20%の結果しか生み出していないことに気づけ、と言っているのだ。事業の多様化? 品揃えが豊富? それもいいだろう。しかし調べてみよう。実際に利益をたたき出しているのは20%の商品群かもしれないのだ。

 この本は「何かをしろ」という本ではない。する前に、それをすべきなのか考えろ、あるいは、「するな」という本である。不景気だとか売上が上がらないとかいうことで頭を悩ませている企業の皆さんは、「何が何でも24時間365日頑張れ!」と従業員にハッパをかける前に、ちょっとだけ時間を使ってこの本を読んでみてはいかがだろうか? きっと、今より時間・人・カネの「効率的な」使い方が、見えてくるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本のタイトルは「そこかしこに見られるパレートの法則」とでもするべきです。

2004/06/03 23:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ボブパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み取るべき内容はたった一つで「あらゆる出来事について80対20の様な不均衡があり、いかにして少ない入力で大きな結果を得るかを常に考えなさい」と言うことです。
具体的にどうすればそういう、効率の良い行動が取れるかということは読み取るのは困難だと思われます。
目次を見て期待させられるのですが、不均衡に気づくためのノウハウや、重要な2割を探し出し、注力するための方法は書かれていません。
目次に示された項を読み始めて「いよいよか!」と、こっちが期待していると「ここにも、あそこにも法則が見て取れます」と演繹法でいうところの様々な事象の紹介に戻ってしまいます。いつまでたっても20対80の法則を別の法則に展開したり、具体的にその法則を活用する為のノウハウには辿りつけず二百数十ページが終わります。
僕にとっては、あまり効果の無い80%の読書でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/12 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/19 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/09 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/12 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/15 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/30 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/15 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/08 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/12 03:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/18 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/11 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/29 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/29 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む