サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

正義 上(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
新書

紙の本

正義 上 (Hayakawa pocket mystery books)

著者 P・D・ジェイムズ (著),青木 久惠 (訳)

弁護士ヴェニーシャ・オールドリッジは、伯母殺しで起訴された青年アッシュの弁護に立ち、見事無罪を勝ちとった。だが勝利の美酒に酔う間もなく、彼女は自室で無残な刺殺体となって発...

もっと見る

正義 上 (Hayakawa pocket mystery books)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弁護士ヴェニーシャ・オールドリッジは、伯母殺しで起訴された青年アッシュの弁護に立ち、見事無罪を勝ちとった。だが勝利の美酒に酔う間もなく、彼女は自室で無残な刺殺体となって発見される…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

P・D・ジェイムズ

略歴
〈ジェイムズ〉1920年イギリス生まれ。病院、内務省勤務などを経て62年作家としてデビュー。著書に「ある殺意」「死の味」「原罪」「黒い塔」「人類の子供たち」「女の顔を覆え」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人が人を裁くことは可能なのか

2002/07/25 02:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケルレン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 法曹学院に所属する、有能で野心家の女性弁護士ヴェニーシャは、伯母殺しで起訴された青年アッシュの弁護をして、無罪を勝ち取る。ヴェニーシャは公判中からアッシュに不信感を持っていたが、彼が自分の娘オクタヴィアに近づいたことで不安を感じる。二人を引き離そうと躍起になっていた最中、ヴェニーシャは所属する法曹学院の自室で刺殺体となって発見された。ダルグリッシュ警視長らの捜査により、学寮長のポストを巡って対立していた同僚弁護士や下院議院の愛人など、動機を持つ人間が少なくなかったことがわかる。しかし、いずれもアリバイがあり、法律のプロを相手にした捜査は思うように進まず、やがて新たな殺人が起こる。
 容姿も能力も優れた母親に、魅力に乏しい娘。オクタヴィアはそれを充分に自覚し、自分を嫌って野心を優先する母親に反感を持ち、危険な魅力を湛えたアッシュの愛にすがろうとする。しかし、オクタヴィアが辛い状況にあるにもかかわらず、容赦のない描写のため、ちっとも同情心は沸いてこない。そして、作者はP・D・ジェイムズである。やはり母は娘を愛していたのだ、という甘く単純な展開になろうはずがない。
 この母娘の関係を軸に、様々な状況を自分なりに正当化しようと行動する人間たちが描かれ、司法による裁きの限界を浮かび上がらせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/09 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/24 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む